OTSUKYONのスローライフ♪と鉄道日記☆彡

アクセスカウンタ

zoom RSS 大往生の母を看取り、、自身の終活に想いをはせる、、

<<   作成日時 : 2017/03/04 17:18   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 106 / トラックバック 0 / コメント 20

2ヶ月以上ブログのアップを休止していました、、、、、。

タイトルのごとく、1月3日夜に母を看取りました、、1ヶ月あまりの闘病、13日間の入院、、
あっけなく、、これが大往生なんだろう、、私の印象では、「しんどい、、何を食べても美味しくない、、早くお迎えが来て欲しい、、」そんな訴えを聞く私は、すでに手の施しようもない病状が診て取れました、、。

そういえば、ここ数ヶ月ほどは元気がなく、一日中ベッドで過ごす日々でしたが、、
近場の小さな病院で投薬してもらうだけで、大きな病院に連れて行ったこともなく、、
「もう85歳なんだから、、仕方ないんじゃない、、」と、そんなことしか言えない私は、医療人失格ですね、、、、。

昨年12月下旬に北区にある総合病院に入院しました、、
画像

池に面する風光明媚な環境にある病院のロビーにて、、
画像

家内や子どもたちと休憩しながら、母の想い出やいろいろな出来事を話し、、良いことばかりではない、、
いつその日が訪れるのか?、、後は母の生命力のみです、、、、、。

私が病院に勤めていたときに、上司の放射線科治療部長のM先生が、、
末期癌の患者様を看取るときによく話されていたことを思い出しました、、
「人は大潮のときに生まれ、、大潮のときに死ぬことが多い、、」と、、、、、。

12月〜1月の月齢は、、
画像

画像

12月29日が新月で大潮は1月1日まで、、ふと、頭をよぎるのは、、
もしもその間に臨終を迎えると、、ちょっと大変なことになるなと、、、。

12月31日の夜、、
画像

西の空には、月齢1.8の三日月と金星が、寂しそうに弱い光を映していました、、。

1月1日元旦、私と家内、長男夫婦、長女夫婦、、そろって母を見舞いました、、
すでに意識はなく、、酸素吸入の音に心電図のR波の音が重なり、かろうじて生命を維持しているだけ、、
画像

血圧の低下を心拍の速さで補っているような、、サーチュレーションは若干低くなっていますが正常範囲、、。

1日の17時過ぎ、、外に出て空を見上げては、、
画像

三日月と金星が近づいています、、地球への引力は増すのでしょうね、、。

2日も一日母のベッドサイドで、iPhoneで好きだった演歌を一緒に聴きながら過ごし、、
画像

看護師さんからは、「そろそろ危ないですね、、、」と、、眠れない夜が明けるのを待って、、
3日朝、病院に向かいました、、
画像

あれだけ頑張ってきた心拍に乱れが生じ、期外収縮が頻発、血圧もサーチュレーションも低くなっています、、
虫の知らせって言うのでしょうか、、
今日は久しぶりに早く帰って食事を済ませておこうと、、、、、。

そして、、

夜7時ごろに病院から電話があり、、いよいよ危ないと、、
大急ぎで家内と駆け付けると、、看護師さんが母の胸を押しながら、、「自発呼吸はありません、、」、、
心電図モニターは心室細動、、ふたりで母の手を取って話しかけるも、呼吸はもどらず、、
この先の看取りの主役は家族、、
最後の大切な別れの時間を邪魔しないように、、
看護師さんは退席しました、、。

10分ほどでしょうか、、
ふたりで涙を流しながら、私は大きな病気に気づかなかった不実の息子を詫びました、、
そして、当直医の死亡宣告を受けて、、清拭が済むのを待って、、
病院から呼んでもらった寝台車で葬儀社の霊安室へと向かいました、、。

その後の日程は、、皆さんご存知の、、大変な強行軍、、
通夜、告別式、初七日、一週間ごとの法要、、
満中陰忌明け四十九日の法要が済み、、
届け出書類の多さに閉口し、、遺品の整理に忙殺され、、
残るは遺産相続の協議のみ、、
悲しみを癒す時間は与えられません、、、、、。

そんな中で、気持ちを沈めるために読んだ本は、、
画像

故 永六輔さんの「大往生」と鎌田實さんの「大・大往生」、、
有名な詩人・作詞家のことばと、多くの看取りを紹介した医師のことば、、
ようやく癒されたOTSUKYON、、でした、、、。

人が死ぬということは、残された家族に大変なエネルギーを要求します、、
人は裸で生まれてきて、裸で旅立ちます、、
大勢の人びとの援助を受けながら、生老病死のサイクルをひたすら進みます、、
大金を稼ごうが、どんな栄誉職に上り詰めようが、、
死は平等に訪れます、、
その最後のひと仕事が、死に行く姿を家族に見せることです、、
残された家族の犠牲を最小限にするためにも、、終活、エンディングノート、遺言書、、
こういったものを生前に残しておくことの大切さを学びました、、。

「親思う心に勝る親心」、、

絶えず我が身よりも息子のことを気遣ってくれた母、、
わずかですが遺産を残してくれた母、、
浄土真宗の教えは即成仏、、浄土で仏になった母、、
またどこかで生まれ変わって生を受けているのでしょうか、、
そんな母の想い出を忘れないことが、私の課題であり、、
私の子どもたちに堂々と死に行く姿を見せてあげることが最後の仕事となるでしょう、、。

今日のブログはちょっと暗い内容でしたが、悪しからず、お許しください。

そろそろ明るい内容のブログを認めていく気持ちのゆとりができたようです、、
次回のブログを乞うご期待!

ありがとうございました、、


<写真はすべてiPhone 6Sにて撮影>



大往生 [ 永六輔 ]
楽天ブックス
岩波新書 永六輔 岩波書店発行年月:1994年03月22日 ページ数:199p サイズ:新書 ISB


楽天市場 by 大往生 [ 永六輔 ] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル





大・大往生 [ 鎌田實 ]
楽天ブックス
鎌田實 小学館発行年月:2013年06月28日 ページ数:253p サイズ:単行本 ISBN:978


楽天市場 by 大・大往生 [ 鎌田實 ] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 106
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(20件)

内 容 ニックネーム/日時
OTSUKYON様
ご無沙汰しております
そして、お母様のご冥福をお祈り申し上げます

潮の満ち引きはよく耳にします
OTSUKYON様に看取られ
お母様も安心して旅立たれたと思います
ゆの
2017/03/04 20:43
哀悼の意を表し、謹んでお悔やみ申し上げます。

自分も少しずつですが、身辺整理を今年から始めました。
病気・事故と何時如何なる事があるかもしれませんから。
keitaro
2017/03/05 00:14
OTSUKYONさん、ご無沙汰しています。
大変な辛い年明けでしたね。お悔みを申し上げます。
まだ母が健在な私には、どうこう言える立場ではありませんが、いずれ訪れるその日を少しでも悔いなく迎えられるよう、日ごろから孝行することが肝心かと思いました。
気持ちの整理には時間が必要かと思いますが、OTSUKYONさんのペースでこのブログを続けられればよろしいかと思います。
次回を楽しみにしています。

のりぃ
2017/03/05 00:32
お母さまを送られて〜今は少しは落ち着かれたのですね。
ボチボチですよ!
言われるとおり、人は誰もが逝きます。
たまたまお母さまの寿命が、この時だったのです。
気づかなかった?なんてご自分を責めないでくださいね。
お母さまは 立派な息子さんを残された!
息子さんも 立派!さらに お子さんに命が繋がれています。素晴らしい家族だと思いますよ!
又 OTSUKYONさんのブログを楽しみにしています。
ハイジママ
2017/03/05 08:34
今日は。
お母様のご冥福をお祈り申し上げます。
今現在、寂しさと、忙しさで大変でしょうが頑張って下さい。
We-Keaw
2017/03/05 12:38
こんにちは、、コメントありがとうございます。
大晦日から元旦はどきどきでしたが、何とか3日までもってくれたという感じです。
その分、時間を気にせずベッドサイドで最後の時を迎える準備ができました。
ゆのさんへOTSUKYON
2017/03/05 14:18
こんにちは、、いつもコメントありがとうございます。
そうですか、身辺整理を始められたのですね、、還暦を過ぎればぼちぼち終活を考えた方がよさそうですね。
母は公正証書を残してくれましたので、相続に関しては泥沼の状態は回避できそうです。
ぐずぐずしていると、つい怠けてしまいそうになりますので、今から始めないと駄目ですね。
keitaroさんへOTSUKYON
2017/03/05 14:25
こんにちは、、ご無沙汰しておりました(涙
そうなんですよ、、親孝行したいときには親はなし、、、私のように後悔しないように頑張ってください。
次は私が見送られる番だと思うと、いろいろ考えることは多いですが、できるだけ時間をこしらえて、ブログをアップして行こうと考えています。
よろしくお願いいたします。
のりぃさんへOTSUKYON
2017/03/05 14:30
ママさん、こんにちは、、いつも励ましのお言葉をかけてくださり、大変うれしく思います。
親をおもんぱかる気持ちが足りなかったのでしょうね、、よく母が言ってました、、「あんたも私の年になると分かるけど、思い通りにならないので悲しくなると、、、」、親の恩は次第送り、もっと母の健康状態に目を向けるべきでした。
でも、ピンピンころり、、家族に迷惑をかけないように逝ってくれた母には、本当に感謝ですね。
今度は私の番です、、潔い死に様を家族に見せれるようにしたいものです。
ハイジママさんへOTSUKYON
2017/03/05 14:42
こんにちは、、大変ご無沙汰です。
人生にはいろんなことがあります、、人が死ぬということは、こんなにも大変なことなのか、人はひとりでは生きてゆけないのだと、思い知らされました。
この経験を活かして、頑張ってまいります。
ありがとうございました。
We-KeawさんへOTSUKYON
2017/03/05 14:47
それは大変でした。
でも一度は通らなければならないこと、今は少し落ち着かれたようでよかったです。
お母さまのご冥福をお祈りします。
はるる
2017/03/05 20:26
ご冥福をお祈りいたします。
覚悟はしていたといえ肉親を亡くした時の寂しさは計り知れない物がございますが、どうぞ明るい明日に向かって生活なさってください!故人の想いは残された方の心の中に生き続けて行くことでしょう、悲しい事も楽しい事も一まとめにして人生なのでしょうね。
ちざきこういち
2017/03/06 12:04
OTSUKYONさんお元気ですか?
しばらくは色々な想いが巡ってくると思いますが
日々を楽しく笑顔で過ごせる事願ってます。
ブログって元気の材料になるかもしれませんね。
(私はなったような気がします
デナーダ
2017/03/08 12:34
こんばんは、コメントありがとうございます。
そうですね、みんな通る道ですね、、もう親孝行はできませんが、頑張って行きます。
はるるさんへOTSUKYON
2017/03/11 22:18
こんばんは、励ましのお言葉ありがとうございます。
2ヶ月あまり経過して、ようやく想い出の一部になりつつあります。
後は私の人生をしっかりメイキングして行きます。
ちざきこういちさんへOTSUKYON
2017/03/11 22:30
こんばんは、お気持ちありがたく心に刻みました。
デナーダさんのように、立ち直りのキッカケになればと考えています。
ありがとうございます。
デナーダ さんへOTSUKYON
2017/03/11 22:33
私も、去年の9月に母を亡くしました。
4年間闘病していましたが、最後は力尽きるように息をひきとりました。
亡くなった直後は気持ちの整理がつきませんでしたが、だんだんと落ち着いてきた気がします。
誰でも悔いがないようにすることはできないと思います。
OTSUKYONさんがお母様を思う気持ちは、きっと伝わっていると思います。
家ニスタ
2017/03/15 21:47
こんばんは、励ましのお言葉、痛み入ります、、。
家ニスタさんの去年のブログを思い出していました、、。
みんなが通る道ですね、、そのうち自分が送られる番が来るのですね、、。
様々な後片付けに忙殺される毎日でしたが、ようやく平生を取り戻したように感じます、、。
ありがとうございました、、。
家ニスタさんへOTSUKYON
2017/03/21 23:36
こんいちわ。
始めまして偶然にお邪魔することができました。
私も昨年末。兄を看取りました。お写真にあるようにこのグラフが乱れたり尾を引くようになったりしつつ最後はただの横に伸びる直線になりあの世に行きました。
敢えてナイスの気持ち玉を1個だけ付けさせて頂きました。このような死の迎え方が出来たことはある意味良かったようにも思えるからです。数日は私たちには分からない苦しみや悲しみを語ることは出来なかったかも知れませんが少なくとも生き行く者に不安を与えないようにしてくれていたのかも知れません。本当に苦しんでいる場合はグラフが激しく乱れ一変に直線になるのではないでしょうか。
それを考えると安らかに召されたのではとも思います。
少なくともそのように私は思います。
どうぞお寂しいいとは思いますがこれからはご自身のお身体に十分お気遣い頂きこれからを楽しんでくださいね。
お気持ちが違っていればご容赦くださいね。
ゆらり人
2017/03/31 10:30
ゆらり人さん、こんにちは、、コメントありがとうございます。
おっしゃる通り、私も同感です、、モニターのグラフはその時々の患者の意思を表現しているのでしょうね、、。
もう治療することは叶わない末期症状ですが、必死で命を紡いでいる証しなんでしょうね、、。
1ヶ月あまりの療養でしたが、おそらく安らかに旅立ったと考えています、、。
あえてナイスの気持ち玉、、大変嬉しいです、、ありがとうございました(感謝
ゆらり人さんへOTSUKYON
2017/03/31 14:57

コメントする help

ニックネーム
本 文
大往生の母を看取り、、自身の終活に想いをはせる、、 OTSUKYONのスローライフ♪と鉄道日記☆彡/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる