5月石山寺にて新緑を撮影、画像のトーン補正をしてお気に入りの1枚になりました!

愛用のオリンパスpenを持って新緑の石山寺に行ってきました。

富士山の写真のコーナーでも書きましたが、私はファンタジックフォーカスが大好きです。

「石山寺の暗い伽藍を背景に、見事な新緑を明るく写したい!」と、F5.6固定で-0.3EV補正にて撮影しました。

私はRAW画像も必ず残すことにしていますので、自宅で見比べて見ました。もう少し背景を暗くしたいので、トーン補正をかけて見ました。トーン補正は階調曲線を操作して、明るさを変更できます。-0.3EV補正では足りなかったバックの黒が少し強調され、お気に入りの1枚になりました。

画像オリジナルRAW画像

画像










ファンタジックフォーカス画像

画像









ファンタジックフォーカス、トーン補正なし

画像






トーン補正、下凸のガンマに設定

画像をクリックして等倍で見てください。





階調曲線の違いと補正なしありの画像をご覧ください。

私は「背景の黒がしまって新緑が鮮やかになった」と思います。

最近のデジタルカメラは何でもできちゃいます

アナログ一眼レフの時代から写真をやっている私には、写す瞬間の緊張感が懐かしく感じます。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 功徳千日分、神妙に合掌 石山寺で法要

    Excerpt: 大津市の石山寺で9日、千日会法要が営まれた。8月9日は本尊の観音菩薩の年1回の縁日とされ、参拝すると千日分の功徳があると伝えられる。1千個の提灯が境内につるされた中、近くの保育園児も参拝に訪れ、神妙な.. Weblog: ローカルニュースの旅 racked: 2012-08-10 20:30