盆ラマ(盆栽風鉄道ジオラマ)の「となりの人間国宝さん」に会ってきました!

小さな盆栽風に鉄道模型をあしらったジオラマが今人気だそうです。
関西テレビの「よ~いドン!」で「となりの人間国宝さん」に認定された川上哲生さんが考案したものです。
盆ラマと名づけた極小のジオラマに、円形の鉄道模型用線路を敷いて電車を走らせ、周りに箱庭風の木々や岩を配置して、アート作品に仕上げてあります。小さなものはZゲージ、もうちょっと大きいものはNゲージの線路が使われています。
OTSUKYONのジオラマは制作に何ヶ月もかかりましたが、これなら1日あればできそうですね(笑)。
リビングの書棚にこっそりと置けば、素晴らしいアクセントになりますし、その電車が動きますので、お客様はびっくり!でしょうね。
写真を撮って来ましたので、ご覧ください。
21日まで京都大丸1階で実演しています。
画像

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2012年12月20日 23:09
こんな可愛い模型もあったんですね
(^O^)

皆さんから教わりながらもコツコツ勉強してゆきますね

観覧楽しみにしてます(^O^)

この記事へのトラックバック