京都祇園でバーボンウィスキー・ブラントンと牡蠣料理、堪能しました!

12年ぶりに病院時代に一緒に働いていたお医者さんと、京都祇園でプチ贅沢をさせて頂きました。
お互いに年は食っていますが、まだまだ若いと確信しました。「祇園・割烹 おかだ」で牡蠣料理を堪能し、ほろ酔いで先生の行きつけのクラブに行きました。綺麗なホステスさん達が迎えてくれました(涎)。
そこで、久しぶりに美味しいバーボンウィスキーが飲めました。クラブに行くのは5年ぶり?かな~、病院時代は良く行きましたが、企業人に転職してからは忙しくて、馴染みの店もつぶれてしまいました(涙)。
ケンタッキーダービーの馬が疾走しているフィギュアがキャップに付いている、ブラントン(Blanton)です。昔これを集めかけたことがありました(懐)が、途中で頓挫、、、、
画像

ボトルも綺麗な形をしています。キャップの馬は8種類あるそうです。ここからは調べた情報ですが、キャップに「B」「L」「A」「N」「T」「O」「N2」「S」と書かれていて、BLANTONSと並べるとケンタッキーダービーのサラブレットが疾走している連続写真のようになるそうです。なぜケンタッキーダービーかと言うと、バーボンの発祥の地がケンタッキーだからだそうです。
画像

ボトルには、ケンタッキーストレートバーボンウイスキー、アルコール分46.5%。水割りでチビチビいただきましたが、まろやかで香りもよく、素晴らしいですね(嬉)。
ホステスさんが顎に手を当てて、ここが痛いの~と言います、素早くiPhoneで漫画カメラを写しました(笑)。
このソフト、面白いですね、皆にバカ受けし、楽しいひと時を過ごしました。
画像

体が半分写っているのが、旧交を温めた先生です。
最後に、祇園・おかだの生牡蠣と造りの盛り合わせ、美味しかったです。
画像

画像

ノロウィルスが流行っている時期だけに、ちょっと不安でしたが、お腹の調子はグッドですね。
この日は夕方からあいにくのどしゃ降り、深夜2時、タクシーが拾えません(泪)、祇園界隈を30分もうろうろ、12月の下旬の金曜日、やっと乗れたタクシーの運転手さん「そりゃ~むりでっせ~」、長距離を走ると帰りが空タク、近場をピストン運転する方が儲かるそうで、車内で手を合わせてお願い、何とか無事家まで届けてくれました(感謝)。先生にも感謝!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック