映画「舟を編む」、、言葉の大切さ、難しさを実感!

2012年、本屋大賞第1位を受賞した、三浦しをんの原作「舟を編む」、、4月13日ロードショー、見てきました。
言葉の大切さ、言葉の難しさ、、辞書が編纂される過程を、丁寧に分かりやすく、そしてユーモラスに描いた素晴しい映画でした。
予告編より画像をお借りして、、私なりにその感動をお伝えします。

主演はこのふたり、、松田龍平(馬締光也、まじめ みつや)、宮﨑あおい(林 香具矢、はやし かぐや)
画像

舞台は、ある出版社、、35年もの長い間、辞書編集の責任者として働いたベテラン、小林薫(荒木公平)が定年退職する、、ところが今まさに15年の歳月をかける辞書「大渡海」の編纂が始まったばかり、、
画像

編集主幹の加藤剛(松本朋佑)は、替わりに優秀な編集員が欲しい、、
画像

社内では変人?、、みんながソウ考えていた馬締が、抜擢される、、
画像

先輩のオダギリジョー(西岡正志)やその恋人 池脇千鶴(三好麗美)に見守られ、、
画像

辞書を編纂する作業にはまり込み、没頭する馬締、、、、

一方、下宿先の早雲荘、、大家のお婆ちゃん 渡辺美佐子(タケ)に可愛がられ、、
画像

飼い猫のトラさんにも見守られ、、
画像

ある日、、高齢のタケさんの面倒を見るために、孫娘の香具矢が同居することになる、、その香具矢を馬締は一目ぼれ、、筆で書いた達筆の恋文を渡す、、
画像

香具矢は、珍しい女性の板前、、修行中、、
画像

恋文が読めない香具矢は、言葉で伝えるように馬締を諭す、、言葉をたくさん知っていても使いこなせない馬締、小さな声を振り絞って、、「スキです、、」、、恋の始まりです、、

編集部スタッフが逢って見たかった香具矢の店へ、、
画像

さあ、、みんなに見守られ、助けられて、辞書の編纂が終盤に差し掛かります、、1995年から始まった辞書作り、2010年の出版に向けて、、幾多のハプニングを乗り越え、最終の5校が終わり、、歓声が、、、
画像

たくましく成長した馬締、、
画像


辞書とは?、、
画像

辞書を編集すると言うことは?
画像

画像

画像

画像


その場その場で、言葉を選択し、気持ちを上手く伝える、、伝えたいと思っていても、それが出来なかった馬締、、その彼が辞書にかける情熱、ひたむきさ、、そのような感情が見るものに感動を与える映画でした。

あらすじはこの辺で、お仕舞い、、後は映画館でご覧下さい。
松田龍平の演技は、、本物でした。

さて、最後に京都新聞に掲載された写真をお見せして、今回の映画の話題は終わりといたします。
画像


いつもいつも、ご訪問くださり、とても感謝しております。
ブログという手段を用いて、皆様とつながりをもつためには、「言葉」が重要です。
オモシロ、おかしく、時には為になるブログを目指しますので、今後もお付き合いください

おまけ、、

高野川の桜は葉桜に、、京都バスの車中より
画像

映画の後の休憩に、、ドトールコーヒー、カボチャのタルト、、最近はスイーツもイケルね(笑顔)
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 60

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

2013年04月19日 05:21
映画をまた見た感じになりましたぁ
ホントにフシギな映画でしたが
何かを訴える感じが伝わってきましたね
こうして Blogを通してでも
うまく文字で伝わると いいかなぁと
2013年04月19日 09:53
コメントありがとうございます。
そう言っていただけるのは、嬉しいことなのか?そんなにネタばれしちゃ、いけませんよと言われているのか?
どっちナンでしょうね(苦笑
基本的に公式HPの予告編の内容を逸脱しないように、「この映画を観たいな~」と思っていただけるようなブログにしたいと、考えています。
今までも何編かアップしましたが、自分で読み返して、映画の情景が浮かんでくるように、心がけております。
日本語の繊細さ難しさ、そして素晴しさをあらためて思い知らされるいい映画でした。

この記事へのトラックバック