映画『風立ちぬ』の喫煙シーンに禁煙学会がクレーム、、賛否両論!

昨日のMr.サンデーでも取りあげられたが、、映画『風立ちぬ』の喫煙シーンに禁煙学会がクレーム、、賛否両論!

まずは、8月14日のMSN産経ニュースより、、
「『風立ちぬ』にクレーム 喫煙場面多いと禁煙学会 ネットで賛否論争広がる」の記事は、、

宮崎駿監督のアニメ映画「風立ちぬ」に喫煙シーンが多いことを、NPO法人「日本禁煙学会」が問題視、スタジオジブリに対し、たばこの描き方に配慮を求める文書を14日までに送った。

学会側は「未成年の観客も多く影響も大きい」と指摘し、文書はホームページでも公開。

インターネット上では賛否両論の書き込みが広がっており、学会には「表現の自由」「作品に文句をつけるな」といった苦情が数件寄せられているという。
 
学会は文書で、作品で主人公の教室や職場など喫煙シーンが「数え上げれば枚挙にいとまがない」と批判。

肺結核で寝込む妻の手を握りながらたばこを吸う場面については「夫婦の心理を描写する目的があるとはいえ、他の方法でも十分表現できたはず」とした。

未成年の学生がたばこを友人にせがむ場面もあり、同会の作田学理事長は取材に「未成年者の喫煙を助長する。過去の出来事とはいえ、子供たちへの影響は無視できない」と非難した。


これに対して、映倫は、、委員長の個人見解としながらも、、
画像

制限は必要としない、との判断。

たまたま今日、幕張メッセで禁煙学会の総会が開かれている、、
画像

禁煙学会が楯にしているのは、、たばこ規制枠組み条約、、

正式名称は「たばこの規制に関する世界保健機関枠組み条約」と言う。
2003年5月、世界保健機関(WHO)の総会で採択され、日本は04年6月に批准、05年2月27日に発効した。

骨子は、、
(1)広告、販売促進、スポンサー行為の原則禁止(それが不可能な国は規制強化)、、
(2)「マイルド」などの表現を規制、、
(3)健康警告表示は包装の表裏面の30%以上、、
(4)自動販売機から未成年者が入手できないようにする、、
など。

喫煙に関連した死者が、世界で年に500万人に達するような危機的な状況を打開するために締結された。
日本でも、たばこによる国内の健康被害は年間の死者が9万人、そのための医療費は1億3000万円に上ると推定されている。
さらに未成年の喫煙者も、高校3年男子で26%、中学3年男子で5%が、毎日喫煙しているという厚生労働省の調査結果もあり、未成年者に対する禁煙対策が急務となっている。

要するに、映画を作る段階で、とりわけ子供も観るアニメ映画では、喫煙シーンを入れないように要望しているんだね。

これに対して、喫煙文化研究会の反論は、、
映画「風立ちぬ」頑張れ!
画像

画像

画像

この映画の時代、1940~1950年代は喫煙者が多かった、、
喫煙シーンを入れるなと言うことは、時代背景を削除しろと言うことと同じ、、
作品の内容に対する重大な干渉にあたる。

それじゃ、この映画を製作した、宮崎駿監督は、、大の愛煙家、、
画像

画像

何のコメントも発していません。

ここで、OTSUKYONの意見は、、

Mr.サンデーでも話題になっていたが、、
中沢啓治の、、はだしのゲン、、自身の原爆被ばく体験を漫画にして、原爆の悲惨さ、二度とこのような酷い兵器は使わないように、、啓蒙活動をしているんだが、、
その漫画に出てくる、被ばく直後の全身がただれた人間のシーン、、その傷にうじ虫がわくシーン、、
これらは子供に見せるべきではないと、、貸し出し制限をする動きがあるそうな、、?????

日本の現在の教育は、、(目を覆いたくなるほど)、、地に落ちた!!!!!

その酷いシーンを戦争を知らない子供たちに伝える、大人がきっちり説明してあげる、、
それが教育なんじゃないかな、、
子供の目に触れないようにする、、(何たること)、、これはもう教育を放棄したとしか思えない、、(無念)

「風立ちぬ」の喫煙のシーンも、、(確かに少し多いかなとも思うが)、、太平洋戦争当時は、日本には喫煙者が多かったが、健康への影響が無視できず、徐々に規制されてきて、現在では、明白に分煙する方針になっていることを、
親や教師が、子供に説明すればいいことであり、、

映画のシーンに入れるなと言う論争は、、先ほどの、はだしのゲン、に関する対応と同じ考えなんですね。

そうすることが、子供の教育には相応しいと考えている大人たち、、彼らに猛省を促したい!!!!!

リンゴの皮をむくことができない子供が増えているとか?、、
ナイフの使い方を教える、時には少し指を切ることがあったら、より慎重に作業することを学ぶだろう、、
ましてや、刃物で人に傷を付けることは、どれだけ痛みを伴うのかを、身をもって学習することにもなる、、

人に殴られたことのない子供は、人を殴るときの手加減を知らない、、
こんな大人ばっかりになってしまいそうな現在の教育、、
何か間違っていませんか?????

今日のブログは、急遽、喫煙論争に参戦してしまいました、、
昨日のつづきは明日のブログにて、、申し訳ありません



最後に、いつもの備忘録、、日本のたばこ規制の歴史を、、(スルーしてください)

1972年
大蔵省の指導により、たばこパッケージの横面に『健康のため吸いすぎに注意しましょう』が表示が義務化される。
1984年
たばこ事業法第四十条第二項の規定に基づき、1985年以降の『たばこ広告に関する指針』が大蔵省より出される。
1985年4月
(社)日本たばこ協会が設立され、大蔵省の指針に基づき、広告・販売促進活動に関する自主規準、包装表示に関する規準を決定。
午後6時から8時台のTVCM、女性向け雑誌、読者の50%が未成年の雑誌、未成年に人気のある芸能人の起用等の自主規制。
なお、TV、ラジオ、雑誌に関しては8月以降。
1987年8月
女性の喫煙を描いた広告の自主規制
1989年1月
午前5時から午後8時の間のTVCMの自主規制
1990年
大蔵省の指導により、警告表示が『あなたの健康を損なう恐れがありますので吸いすぎに注意しましょう』に変更される。
また、全日本スキー連盟は大会にたばこ銘柄を冠することを禁止する。
1995年10月
日本たばこ協会は広告・販売促進活動に関する自主規準等の改訂を行い、週末、祝日、年末年始のテレビ・ラジオCM、小中高の学校から100m以内の屋外広告が自主規制される。
1996年
屋外における自動販売機の深夜時間帯の稼動停止が逐次行われる。
1998年4月
日本たばこ産業の自主規制により、TV、ラジオ、インターネット等でのたばこ銘柄のCMが自主規制される。
2002年6月
読者の25%が未成年の雑誌への広告掲載が自主規制される。
2004年
メディア(TV、ラジオでのCMの全面禁止、雑誌、新聞への広告の規制)を通じてのたばこ銘柄広告、イベント会場等での煙草の無料配布や屋外広告などの制限が強化される。
2005年
たばこの規制に関する世界保健機関枠組条約が発効。
たばこパッケージの前面、背面に健康を警告(『喫煙は、あなたにとって肺気腫を悪化させる危険性を高めます』等)の表示

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 53

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

2013年08月19日 09:33
「はだしのゲン」の描写云々の前に、巷に溢れている有害図書をどうにかしろと、声を大にしたいです。
コンビニで並べられている漫画本の過激な内容と描写は、ただでさえ現実とバーチャルの区別ができない子供の成長を左右するでしょう。

ヤフコメにもありましたが、喫煙シーンを規制なら、時代劇で武士の帯刀は、銃刀法違反では?で盛り上がっていました(爆)
2013年08月19日 12:09
こんにちは、毎日暑いですね。
コメントいただき、ありがとうございます^_^
おっしゃる通り、他に規制すべきと思われる本は巷に溢れていますね。
このはだしのゲンは、昨年、作者の中沢さんが亡くなり、それもきっかけ、また原爆の描写以外に、旧日本軍が大陸で行った原住民への虐殺(あったか、なかったかは別にして)のシーンがリアルであることも、今回の規制に繋がっているらしいと、いわれています。
勢力を戻した自民党の中には、戦時中の負の遺産を消してしまいたいと目論む人たちもいるようです。
密かに教科書の改定も始まっているとか?
我々国民は、各種報道に惑わされないように、センセーショナルな出来事に目を奪われている隙に、もっと重要な出来事が、水面下で起きているとも限りませんね。
またコメントくだされば、ありがたいです。
2013年08月19日 12:35
はだしのゲンについても同感!
今回のタバコシーンについても同感!
各々見た家族で話し合えば済むことですね。
2013年08月19日 17:58
毎日暑くて何をする気にもなりませんね。
ママさんが同じご意見なんで、安心しています(^_-)
何か圧力をかけてくる団体やNPOに対して、正当な理由がないまま屈してしまう松江市教育委員会、その指示に従う校長、面倒な事に巻き込まれたくないのでしょう。

この記事へのトラックバック