山陰本線、、ゆっくり旅⑤福知山で途中下車、終着の京都へ

8月のある平日、、山陰本線、ゆっくり旅もいよいよ最終回、、⑤福知山で途中下車、終着の京都へ、、スローライフなOTSUKYONの備忘録をお届けします。

豊岡駅、14:45発、新大阪行きの「こうのとり18号」、、3分ほど遅れて1番線に入って来ました、、
画像

嬉しいことに、国鉄車両の381系4両編成です、、1番線はJR新型車両の287系、城崎温泉行きです。

さあ、福知山に移動しましょう。

途中の八鹿駅、、ローカル線に似合う、古ぼけた跨線橋、、
画像

和田山駅の手前、、養父駅を通過、、
画像

和田山駅に到着です、、
この辺で、JR西日本が提供する路線図を、、
画像

ここ和田山は播但線の起点駅です、、そして、福知山は山陰線と福知山線の分岐駅、、
京都へは山陰線、、大阪へは福知山線、、ローカル線のターミナル駅なんですね。

和田山駅にて、、(この車両はナンだ??)、、私にはお初です、、
画像

窓枠の端から、どうにか先頭車両の顔を写しましたが、、、???
画像

行先表示は、、「回送」、、(ザンネン)、、運転席の全面窓の下に、、「2004」、、??
OTSUKYONは見たことがない顔つきです。

ここで、、ネットで検索、、JR西日本のHP、車両紹介には、、なかった(ザンネン)、、
見つけました、、(よっしゃ~)、、

Yaka(やか)さんの製作・運営する、「トラベラーズ ノート」は、、
鉄道旅行と写真、神戸・東播磨地区の鉄道の話題を中心に扱うサイトです、、
http://www.yline-w.com/tnote/k/KTb00.html
JR播但線 車両紹介より、、
画像

キハ40系気動車の解説より、、
「非電化区間として残った寺前~和田山間では、103系に塗色を合わせたキハ40系が走行します。
基本1-2両のワンマン運転。
両運転台のキハ40、片運転台のキハ47、そしてキハ47を両運転台改造したキハ41があります。
キハ41は改造側が平面的な顔をしており、JR西日本に数ある改造先頭車の中でもひときわ奇妙な姿になっています。」、、とのこと、使っても良いとのことで、お借りしました、、(ありがとう!)

そして、国道9号線とクロスして、、
画像

そろそろ、福知山駅に到着です、、北近畿タンゴ鉄道(KTR)の線路が併走、、MF201、、
画像

福知山駅は、3線が分岐するターミナル駅ですね、、
画像

京都行きの発車まで、、列車の写真を写します、、

東舞鶴行き、、223系普通電車、、
画像

豊岡から到着した、113系普通電車ワンマンカー、、
画像

国鉄色381系とJR287系、、
画像

そして、今日のベストショットは、、
381系のツーショット、、「こうのとり」と「はしだて」、、
画像

綺麗に磨き上げてあります、、(ウレシイね~)、、
乗り継ぎ客が多く、、車掌さんはホームをうろうろ、、
「はしだて」の写真をイッパイ、、
画像

画像

画像

画像

画像

最後に、福知山に到着した223系普通電車、、
画像


さすがのスロー人も、ちょっと疲れました、、
京都までは、、(バクスイ)、、写真はなし、、

京都駅近鉄名店街の、「ハマムラ」、、タンタン麺セット、、
画像

画像

考えて見ると、昼ごはんは食べませんでした(苦笑)、、美味しかったはずですね。

長い、長~い、山陰本線、ゆっくり旅、、
画像

米子から京都まで総距離323km、、3日間有効なので、、城崎温泉で1泊、、(これも可能)、、
改札を出るときに、駅名の印鑑を押します、、(鳥取駅の㊞、見てね)、、
でも、豊岡駅では改札で印は押さなかったなぁ、、
後戻りして何度も乗車することは、できないようです。

皆様、長い間のご乗車ありがとうございました

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 50

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

2013年09月21日 14:05
いつもいつも沢山の気持ち玉とコメントありがとうございます
(*^∇^*)

えっ?
(◎o◎)381国鉄カラーで残っていて嬉しいです
(=^_^=)
たったの4両編成なの~
でも現役がんばってて(^.^)よ
2013年09月21日 15:42
こんにちは、いつもご訪問、気持ち玉、ありがとう!
JR西日本では、今回紹介した特急以外に、くろしお、やくも、これらも381系ですが、独自の色で旧国鉄特急色ではありません。
新型JRの287系に次々と置き換わって行きますね(涙
イッコー
2013年09月22日 23:25
381系は新型特急に比べても全く
遜色がなく、輝いていますね。
出来る限り頑張って欲しいものです。

それにしても113系の抹茶色、何とか
なりませんか? 何度見ても慣れません。
この配色を決めた方の美的センスを疑い
ます。(笑)
2013年09月23日 11:28
こんにちは、お返事が遅くなりごめんなさい。
JR西の381系は、外部の塗装も内装も手を加えていますので、とても綺麗ですね。
国鉄特急色に塗り替えてくれてますので、とてもウレシイです。
それに引き換え、113系の色は、、本当に情けないですね。
湖西線は抹茶一色、、山陽本線は黄色一色、、それぞれの地域の特徴を色にしたそうですが、行けてないですね(涙
もともとの湘南カラーのままではダメなんでしょうか?
聞くところによると、オレンジとグリーンのツートンは、費用がかさむとか?、、何とかならないものでしょかね。
223系や225系のような、アルミむき出しよりはマシかな?

この記事へのトラックバック