琵琶湖一周島巡り②沖島の短い散策、、さあ出発!

9月29日、ただいま10:52、、沖島が左舷に見えて来ました、、
画像

島はくびれていて、そのくびれに島の集落が見えます、、
画像

集落の高台に、神社がありますね、、
画像

観光写真で再確認すると、、
画像

、、(ナルホド)、、くびれた場所が港、人が住んでいるのはその近辺のみですね。

地図では、、沖島は近江八幡市に属しているようですね、、
画像

ブログ①でも書きましたが、日本の湖の島で人が住んでいるのはここ、沖島が一つだけ、、
島民の交通手段は、ピンク(A)沖島港から近江八幡市の堀切港までの水上船か、漁船ということ、、(ナンか)、、瀬戸内海の島に来た見たいだね。

沖島のガイドマップでは、、(ホンと)、、漁港の周りは、小さいですね~~<クリックして大きくね>
画像

でも、30分で行けるのは、、漁港、漁業会館、沖島資料館、西福寺、蓮如上人御旧跡、奥津島神社、、こんなところかな?

ここで、沖島の簡単な歴史は、、
本格的に人が住むようになったのは、保元・平治の乱(1156~1159)による源氏の落武者7人が山裾を切り開き漁業を生業とし居住したことに始まると言われ、彼ら(南源吾秀元、小川光成、西居清観入道、北兵部、久田源之丞、中村磐徳、茶谷重右衛門)が現在の島民の祖先とされています。
琵琶湖に浮かぶ沖島は戦略的にも重要な位置にあり、この事は数々の歴史書に見受けられます。
また、古くから石材の切り出しは行われていたようで、明治期には琵琶湖疎水、南郷洗堰、東海道線の鉄道工事、等々で活気に溢れました。

それでは、漁港から漁村の様子、奥津島神社へ行き、漁港に戻ることにしましょう、、
メインストリート、、
画像

画像

もう少し先に進むと、、
画像

画像

対岸の近江八幡の山並みが見えます、、
画像

そして、路地の奥には、、
画像

奥津島神社の鳥居が、、
画像

これは、ちょっと読めないかも、、(難しい)、、‘奥’とは??
画像

画像

画像

さて、、そろそろ20分が経過、、(急いで)、、違うルートで漁港へ、、
画像

画像

画像

堀切港行きのバス停?、、見たいな、乗り場、、(オモシロイ)、、
画像

水上船、、おきしま号、、
画像

ただ今、11:31、、そろそろ出航ですね、、
画像

島には、民宿や旅館もあるようです、、もう一度ゆっくり訪問したいと思いました。

次は、グリーン(A)沖島から(B)竹生島へ、、、70分ほどかけて行きます、、
画像

この間に、、(お待ちかね)、、お弁当タイム、、
南洋軒の、湖国の恵み弁当、、竹かごは持ち帰り可能、、(奥さんはゲット)、、
画像

お品書きを見ると、、(ナルホド)、、近江牛しぐれ煮や鮎甘露煮、、大好物!!
画像

それでは、いただきます、、(上手そう、、)、、大満足でした、、
画像

満腹で、ちょっとウトウト、、
12:36、、竹生島が見えて来ました、、観光船が行き交います、、
画像

さあ、、本日の最大の見所、、パワースポット、竹生島、、
このつづきは、またのお楽しみに、、
ちょっと長~いブログ、、お疲れ様でした、、
いつもご訪問感謝です

この記事へのコメント

2013年10月08日 08:25
先日のテレビで、沖島はクルマが1台も無い場所と紹介されていました。
「自家用車」は全て自転車だそうです。
2013年10月08日 08:58
おはようございます^_^
なるほど、そう言われると、確かに車は見ませんでしたね。バイクもなかったかも?
なんせ小さな島ですから。
いつもご訪問ありがとうございます。

この記事へのトラックバック