去りゆく秋を見つけに、、京都府立植物園・なからぎの森(その四)

このシリーズ、第4弾は、、池のほとりに行って見ます、、パンフレットによると、モミジの奇麗さはぴか一だそうです、、まずは、ナンテンとモミジ葉、、
画像

面白い実を見つけましたが、、??、、名前は分かりません、、
画像

池のほとりに到着、、(ナルホド)、、葉っぱ全体が真っ赤に染まっています、、
画像

画像

画像

さすがにカメラマンも多く、全景を写すことはできませんでした。
画像

画像

画像

朝の斜光線に、重なった落ち葉がじゅうたん見たいにですね。

これは?、、根っこが足みたいな大木の椅子?、、(オモシロイ、、)、、
画像

池では鴨が泳いだり、毛づくろいをしたり、、「今日はやけに人間が多いなぁ~~」、、
画像

画像

画像

画像

雲間から太陽が顔を出しました、、西の空は晴れ間も見えます。

それでは、その四、、お仕舞いです。
最後までお付き合いくださり、ありがとうございました

次回は、太陽と戯れます、、

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 60

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい かわいい

この記事へのコメント

縁珠
2013年12月17日 22:33
こんばんは~

水辺近くの木々は、水温の変化もあってか、色が鮮やかになりますよね。
枯れていくと言うよりも十分に熟して落ちていく・・・みたいな・・・
いつもそっと覗き見ですみません^^;
2013年12月18日 00:14
こんばんは、ちょっと忙しくて、毎日こんな夜中にブログの返信をしています。
縁珠さんは頑張っておられますか?
夜間の急激な冷え込みと、葉っぱが枯れない程度の適度に湿潤な空気があれば、紅葉の色づきは奇麗だと言われていますね。
水辺の紅葉が奇麗なのは、この辺に理由があるのでしょうか?
いつでもお暇な時にご訪問くだされば結構ですよ(笑顔

この記事へのトラックバック