寅さん「男はつらいよ」に登場する医師、、懐かしい!

OTSUKYONが愛読している、日経メディカル、、最新の医学情報や病気の診断治療に関する記事を中心に読んでいますが、、コラム: 冨田和巳の「映画で考える医療と社会」、、内容が面白かったので、ご紹介することにしました。

でも、記載内容が一部間違っていますので、、訂正して掲載いたします、、赤字が訂正箇所ですよ。

全48作を振り返る 国民的映画『男はつらいよ』に登場した医師たち 、、2014/1/14
http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/blog/tomita/201401/534361.html

記事は言葉のみでしたが、、殺風景!、、
そこで、映画のポスターをはめ込んで見ました、、
それでは、ご覧下さい、、

ギネスブックに世界で最も長い連続映画として掲載された『男はつらいよ』は、主役の渥美清が平成8年(1996年)に亡くなって、48作で終わった。

それから既に20年近いが、今も根強い人気があり、各テレビ局が放送し続け、DVD全集も出ている。
私も熱烈なファンで、当然48作全てを見ている。
特に好きな作品は飽きもせず何度も見てきた。

最近、山田洋次監督がインタビューで「日本の素晴らしい風景を発見すると、寅さんを撮りたくなる」と話しているのを聞いた。
誠にこの映画は、登場人物から画面に至るまでの全てで「日本そのもの」の善き面を表現していたのだ。

この48作の中で、医師が重要な役として出てくる作品が2つある。

終末医療問題を扱った『寅次郎サラダ記念日』
画像

1つは、寅さんが恋心を抱くマドンナに、三田佳子演じる「悩みをもつ女医さん」が登場する第40作『寅次郎サラダ記念日』(昭和63年[1988年])だ。
『サラダ記念日』は、当時話題になった俵万智の歌集に由来している題名で、画面に応じて歌が挿入され、俵の卒業した早稲田大学が出てくる。
この大学で寅さんが学生相手に迷講義を行う場面は、山田と渥美コンビの手慣れた面白さが出て逸品だ。

本筋では、女医さんと独居老人の関わりを通して、終末医療の問題を扱っている。
ここに寅さんが登場し、例の如く女医さんに恋心を持つことになる。
日常の生活や忙しい医療に疲れ悩む女医さんも、寅さんの明るさ、優しさ、純粋さに惹かれ癒されていくが、今回は寅さんが中年の良識で身を引く形で終わる。

映画では小諸地方の風景が美しく描かれ、同地出身の画家・小山敬三の絵画と同じ構図の風景が三田の住まいの窓から見える。
このように、細かな部分にまでこだわって撮る山田の姿勢に感動する。

このこだわりが、毎回同じ俳優陣が「寅さんの失恋話」という同じような内容を演じているにも関わらず、常に観客に楽しみを与えてくれるのである。
これこそ超一流監督だろう。

今、改めてこの連作を見ていると、封切当時の評論家による種々の批判は、「いちゃもん」的な面が多かったと実感する。
もちろん全48作の中には多少不出来なものもあるが、それでも凡百の喜劇は足元にも及ばない。


頑固な獣医と寅さんの恋が並行する『知床慕情
画像

もう1つは、寅さんの恋物語と、頑固で孤独な初老の獣医の恋物語が並行する第38作『知床慕情』(昭和62年[1987年])だ。
獣医は三船敏郎が演じ、恋の相手役は淡路恵子だった。
この2人は黒澤明の初期の傑作『野良犬』(昭和24年[1949年])で初共演している。
淡路恵子は『野良犬』が映画初出演で、本名で演じた。
ここに山田の楽屋落ち的な遊びを見る。

『知床慕情』で寅さんが惚れるのは竹下景子だ。
彼女は頑固な父親(三船敏郎)の反対を押し切って結婚したものの、夢破れて故郷・知床に帰り、寅さんと出会う設定だ。
ここでも先の『サラダ記念日』同様、寅さんが身を引く形で終わる。

この連作では、渥美の年齢が上がるにつれ、寅さんが初期に見せた破天荒な言動が少しずつ減って「訳知り」になり、狂言回しの役になる場合も多くなる。
今回は初老の頑固で口下手な獣医に、寅さんが恋の指南役を請け負う。
なお、この作品の冒頭で、おいちゃんが肺炎になり、入院した病院の医師も一瞬出てくるが、ここもなかなか巧く描いており、しかも面白い。

ちなみに竹下は『男はつらいよ』に3回出演し、最多を誇る浅丘ルリ子の4回に次ぐ。
後は2回の吉永小百合、松阪慶子、大原麗子、栗原小巻がおり、当時の有名女優のほとんどが出演した。

そのため、ファンは次に誰が出るのか楽しみにしていた。
出ていないのは倍賞千恵子と同じ松竹の看板女優・岩下志摩だけ。
山田は以前に岩下をよく出演させていたから、二大看板女優が同時に出るのを会社が望まなかったのか、本人たちの確執か?と勘ぐりたくもなる。


この2作品以外にも、ほんの少し医師が出る作品はいくつかある。
第6作の『純情篇』(昭和46年[1971年])では若尾文子扮する下宿人が病気になり、松村達雄扮する家庭医が往診する。
画像

若尾を美人だと感心し、隅々まで診察したと言う。
再度呼ばれた際にも、若尾と思い込んですっ飛んで来るが、病人が寅さんと分かると「寅なら心配ない」と診ずに帰っていく。

このように、かなり俗っぽい医師を見事に演じた。
なお、「おいちゃん」の得難い味を出した森川信が第8作を最後に亡くなった後、松村は第9作から第13作まで引き受けた。
それ以外にも、『かもめ歌』での夜間高校の教師、『口笛を吹く寅次郎』での僧侶は、いずれも味のある名演。
『寅次郎物語』ではもう1度医師で出演したが、彼も今はいない。

また、14作『寅次郎子守唄』では、寅さんの惚れる相手が看護師の十朱幸代であった。
画像


日本人の美徳に思いを馳せさせる映画
私はこの連作を、現代に生きる私たちが見失った、あるいは置き忘れた善き民族の血を騒がせるものが、風景・筋・登場人物を通して、いっぱい詰め込まれた映画とみている。

日本人の善き人間関係の原点がここに示されている。
欧米化を何よりも素晴らしいと思い込んで過ごしてきた日本人に、見ている間だけでも失った大切なものを気付かせ、心の奥で反省させる傑作だ。

この映画は表面的には寅さんの言動が誘うおかしさが主になっており、寅さんの「反省の日々を送っております」というかな釘文字のはがきが寅屋に届いて終わる場合が多いが、本当は「『本来の日本人が持つ美徳を失った現代人』におかしさを気付かせ、反省の日々を送って欲しい!」という山田の思いなのではないのか?私の独自の解釈。

なお、渥美が逝去した年、山田は次回作の構想を田中裕子と西田敏行の出演で企画していたので、これを使って寅さん抜きで『男はつらいよ』の常連俳優を使って撮ったのが『虹をつかむ男』である。
通常、このような作品はきわもの的になるのが常だが、これは丁寧に撮られて、よくできた作品になった。

翌年に続編として『虹をつかむ男―南国奮斗編』も作られたが、その後は続かなかった。
「山田はこの2作を加えて『男はつらいよ』を全50作としたかったのだ」と、私はこれも独自に解釈している。


OTSUKYON>
冨田和巳氏のコラム、、いかがでしたか?
私は、山田洋次監督の寅さんシリーズが大好きでした、、

ここで、NAVERまとめより、、

『男はつらいよ』シリーズ全48作・美しきマドンナ画像集
男はつらいよシリーズを彩った、全48作すべてのマドンナをまとめました。
個人的に、劇中で一番美しいと思われる瞬間をスナップショットにしています。
当時一番の輝きを誇っていた女優さんたちの美しい姿をご覧ください。
http://matome.naver.jp/odai/2136224894294099901
人気絶頂期のマドンナ達の写真、、(お宝、、)、、必見の価値ありですぞ!

そして、OTSUKYONの大好きな女優、、と言えば、、大原麗子、、
第22作「噂の寅次郎」(1978年)、、水野早苗役(とらやのお手伝い)
画像

第34作「寅次郎真実一路」(1984年)、、富永ふじ子役(主婦)
画像

この2作は、何度もなんども観ました、、

今日は、、(わくわく、どきどき)、、本当に楽しいブログでした(笑顔)。
いつもご訪問、気持ち玉ありがとうございます

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 75

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

2014年01月18日 00:51
こんばんは、今0時48分、、ちょっと眠いなぁ~~~
ブログネタは結構あるんだけど、、ちょっと眠いなぁ・・・
明日の朝6時30分にアップするブログは、お休みにします
2014年01月19日 10:25
今 TVで寅さんシリーズ又やっていますよね。我が家,録画して観て居ます。
海外では 駐在員たちが喜んで観て居ました。
大使館や日本人学校へ順々に回覧するように回って来たのですよ。懐かしいです。
2014年01月20日 00:00
こんばんは、私ももちろん観ました(笑顔
何度観ても、飽きないですね。
マドンナが変わるだけで、寅さんの恋心と引き際の良さ、、同じです。

この記事へのトラックバック