雛の節句の羊羹「雛衣」と有職雛人形

長男の婚約者のお母様から、嬉しい贈り物、、雛の節句の羊羹「雛衣」・とらや、、
画像

熨斗に雛人形のイラスト、、お内裏様とお雛様、、蓋を開けると、、ほら、、
五色の羊羹・雛衣と3種類の一口羊羹が8個、、これが美味しいんです、、

さっそく、夜の梅をこっそり、ひとりでいただきました、、う~ん、、美味しい!!

家族が揃っているときに、雛衣を切って見ました、、
画像

どこも味は同じなんですが、淡い5色の色合いが、綺麗ですね。

画像

とらやのHPより、、

立春を迎えると雛の節句に向けた羊羹が店頭に並びます、、
お雛様の美しく艶やかな衣を黄・緑・紅・白・紫の5色で表した、、『雛衣(ひなごろも)』、、

平安時代の貴族の女子が、華麗さを競い重ねた袿(うちぎ:下重ねの衣)を「重袿(かさねうちぎ)」といい、、
五領または七領から二十領を重ねたといわれています。

「十二単(じゅうにひとえ)」は、「重袿」の数による異名で、袿を十二重ねその下に単を重ね着たことによる名称のようです。

また「重袿」は、五衣(いつつぎぬ)や五重(いつつがさね)とも呼ばれ、後三條天皇の延久年間(1069~1074)には、最高五枚を限度としてそれ以上を重ねることを禁じたようです。

、、なるほど、ナルホド、、勉強になりました。

いただいた贈り物は、、
雛衣と雛内裏・三人官女・桜橘をパッケージにデザインした小形羊羹『ひいな』との詰合せ、、ですね。

販売期間:2月4日~3月3日、、期間限定、、全国の直営店とオンラインショップで購入できます。

ちょっと脱線、、

虎屋菓寮京都一条店の白梅、、北野天満宮よりもらい受けた古木、、
画像

京都御苑の梅苑、、
画像


雛祭の源流は、平安時代の「上巳の祓い」 (じょうしのはらい) とされています、、
紙や草などで作った素朴な「ひとがた」に我が身の災厄を託し、水辺に流す慣わし、、
「ひとがた」はやがて美しく製作されるようになり、貴族の子女たちの人形 (ひいな) 遊びと結びつき、室内に飾られるようになりました。

ところで、OTSUKYON家の雛人形は、、

京都島津・有職雛人形、、七段、十五人飾りです、、(今年は忙しくて飾れない)、、
画像

「親王飾り」の他に、「三人官女」、「五人囃子」、「随臣」、「仕丁(しちょう)」など、飾りも多彩ですべてのセッティングを終えるのに1時間はかかりますね。

日本では古来より右大臣より左大臣の方が上位であり、殿が左(向かって右)というのが本来の姿として、、
有職雛人形の位置もこれにのっとった飾り方、、
ちなみに、「左近の桜」、「右近の橘」も御所紫宸殿を模したものですね。

気品に満ちた切れ長で伏せ目がちな「うりざね顔」が有職雛人形の特徴、、
画像

来年の雛祭りには、完全な形で飾って見たいと思いました。

さてさて、、ここでまた、話題が飛びます、、

京都の春といえば、、都おどり、、
画像

4月1日から30日まで、京都・祇園甲部歌舞練場で、、祇園の芸妓・舞妓、60名ほどが登場します、、
2月22日、京都高島屋1階で舞妓さんが二人、、
美しく着飾って、、PR、、
画像

画像

人だかりが出来ていました、、(カワイイ~)。


今日のブログは、雛祭りにちなんで、まとめて見ました、、
春が待ち遠しいですね、、
ご訪問あいがとうございました、、

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 53

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい

この記事へのコメント

2014年03月13日 10:34
素敵な贈り物 美味しくいただけて 良かったですね(*^_^*)送った方もとても嬉しいと思います。
うちも七段飾りの雛人形でした。いつも飾る時は大騒ぎ。
でもワクワク楽しい時間でした。みかんの木のようなもの、橘と言うのですね。鯉のぼりの歌の詩の中にも たちばばと 出てきますが、同じものなのでしょうか。
舞妓さん お人形さんのようです(#^.^#)
2014年03月13日 22:54
こんばんは、いつもコメントをありがとうございます。
私の家で娘が生まれたのは30年ちょっと前、その頃は7段飾りが当たり前でしたね。
でも、京都島津有職雛人形で、その当時でもうん十万はしましたね。
今では、同じクラスのものを買うと、100万は超えます。
いいものは年代を感じません、孫が生まれても古い雛道具は使わないほうがいいと言われますので、新しく買うとして、この年代物は、我が家で大切に使うつもりです。
2014年03月19日 11:19
京都島津・有職雛人形ですか~
京都と名がつくと調べたくなります(笑)
関東にいたころは嫁にいけなくなるということで
3月3日早々にしまっていましたが
こちらでは長く飾るのがいいなぁと思いました。
2014年03月20日 14:01
こんにちは、雨ですね。
私の家でも、娘がお嫁に行ったら、このお雛様を長く飾りたいと思います。
確かに、3月3日の夜には片付けていましたね(苦笑
そうしていたのに、なかなかお嫁に行かない娘、、困ったものです(涙
長男の五月人形、兜や刀、弓なんかもあるんですが、最近は飾ったことがありませんね。
一度出して見たいと思いました。

この記事へのトラックバック