京菓子・老松「夏柑糖」、極上の婚礼菓子に舌鼓!

今日のブログは、大好きな極上スイーツの紹介、、(気合が違う!)、、老舗京菓子・老松(おいまつ)、、夏柑糖(なつかんとう)、、萩で収穫された“夏みかん”、、蓋用に茎の部分の皮を円形にくり抜き、、切り口から竹ベラで中の子袋を一つひとつ丁寧に取り出し、、果汁を搾って、寒天に加えて、くり抜いた夏みかんに流し込み、、冷やして寒天が固まれば出来上がり、、すべて手づくりのこだわりの逸品、、これです、、
画像

材料は、、夏みかん果汁、砂糖、寒天、、これのみ、、ちょっとクエン酸の酸味が利いて、頃合いの甘さ、冷たい寒天の喉越しの良さ、、(う~ん、、)、、もう絶品!!!、、

それでは、、老松の包装紙の上に、2個、、並んで、、
画像

一つひとつ袋に入れてあり、、
画像

半分に切って見ると、、美しい!!
画像

夏らしい洒落た器に、四分の一、、
画像

家内とふたりで、、(笑顔を見せ合って、、)、、スプーンで食す、、(う~ん、、)、、美味しい!!、、京都の花街・上七軒に代々伝わる夏のお菓子、、京都に生まれて良かった~~

それでは、老松のHPより、、夏柑糖の説明を、、
画像

クリックして大きくしてください、、
画像

老松の創業は、明治41年(1908年)、、
画像

上七軒は祇園甲部、祇園東、先斗町、宮川町と並ぶ京都の五花街のひとつ。

室町時代、北野天満宮の再建の際に残った材木で建てた7軒の茶屋が起源といわれ、京都で一番古い花街です。

老松はこの上七軒にあり、創業時から儀式や典礼、お茶席で供する有職菓子を作ってきました。

その名前は北野天満宮の第一摂社で、菅原道真の家臣・島田忠臣を祭神とする老松社にちなみます。

創業は明治ですが、祖先は公家で朝廷の儀式に使う菓子や神饌などを調製していたと伝わっています。

そうだ京都、行こう!、、有職菓子御調進所 老松より、、
http://souda-kyoto.jp/knowledge/shinise/oimatsu.html
覗いて見てください、、興味深い内容でした。

北野店の案内、、

北野天満宮東門前、団子発祥の地でもある、京都最古の花街「上七軒(かみひちけん/かみしちけん)」にあります。
花街ならではの、はんなりとした風情あふれるたたずまい。

茶席菓子、婚礼菓子などのオーダーを承っております。
菓子教室も行っております。
お気軽にお問い合わせください。
住所:京都市上京区北野上七軒
電話:075-463-3050 FAX:075-463-3051
営業時間:8:30-18:00 定休日:無休
アクセス:京都市バス「北野天満宮前」下車、徒歩3分

嵐山店の案内、、

風光明媚、煎餅発祥の地に位置しています。
煎餅は、弘仁年間、唐より帰朝した空海が、嵯峨里の住人、和泉守大掾和三郎なる者にその製法を伝え、嵯峨御所へ献上したと言われています。
茶房では、注文ごとに本わらび粉を練り上げる本わらびもちをお召し上がりいただけます。
住所:京都市右京区嵯峨天龍寺
電話:075-881-9033 FAX:075-872-2889
営業時間:9:00-17:00 定休日:無休
アクセス:京福電鉄「嵐山」駅下車、徒歩3分

大丸京都店、JR大阪三越伊勢丹、伊勢丹新宿店と、オンラインショップがあります。

最後に、トピックスを、、msn産経ニュース Westより、、

葵祭のヒロイン「斎王代」に20歳の神戸大生 京菓子「老松」の令嬢 
2014.4.14

京都三大祭のトップを飾る葵祭(5月15日)のヒロイン、第59代斎王代(さいおうだい)に14日、京菓子製造の老舗「老松」の当主、太田達(とおる)さん(57)の長女で神戸大文学部2年の太田梨紗子(りさこ)さん(20)=京都市上京区=が選ばれた。

市内で記者会見に臨んだ梨紗子さんは、薄紫に雪輪模様の振り袖姿。緊張した表情ながらも「あこがれだった斎王代に選ばれ、夢が現実になった」と喜び、「厳粛な気持ちで、身を引き締めて神事をおつとめしたい」と決意を語った。

梨紗子さんは美術史学専攻で研究者を志望、演劇研究会に所属し、今様をたしなむ。

兄の侑馬(ゆうま)さん(25)は平成11年の祇園祭で長刀鉾(なぎなたほこ)の稚児を務めた。
 
斎王代はかつて神社に仕えた未婚の内親王「斎王」の代理、京都ゆかりの一般の未婚女性から毎年推薦で選ばれ、行列では十二単(ひとえ)姿で輿(こし)に乗る。

神戸新聞NEXTより、、
葵祭を前に「御禊の儀」で川に両手を浸す「斎王代」役の太田梨紗子さん=5月4日、京都市北区の上賀茂神社
画像



ちょっと長くなりましたが、今日のブログはお仕舞い、、
長男の嫁のお母さんに、結婚祝いのお返しにいただきました、、心より感謝!!、、


PS:テーマ「高級スイーツ紹介」のブログ、、良かったらご覧アレ!
http://otsukyon.at.webry.info/theme/cab51f984b.html

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 72

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

2014年06月27日 13:46
こんにちは(^_^*)
シンプルで、シルクの様な 滑らかさですね。美しい~
柑橘系は 清涼感があって いいですね(#^.^#)
5月末に 夏みかんが たくさん送られてきて、同じ様にして作りました。 みかんのままだと 誰も手をつけないので、送ってくださった方に 申し訳ないので スイーツにしたら、見事に 毎日 食べてくれて 無くなりました。
sirenetta の作ったのは 見た目似ていますが、みかんのみをひたすら 向いて 中に入れたので 喉越しの良さ無いですね…
それにきっと お味もかなり違うでしょうね(⌒-⌒; )
2014年06月27日 23:48
こんばんは、いつもありがとうございます!
私も子供の頃は、母が夏みかんが大好きで、絶えず食卓の隅に置かれていましたね。
でも、グレープフルーツが出てきてからは、夏みかんは見なくなりました。
今回ご紹介した夏柑糖、、甘酸っぱい寒天、、アイデアも素晴らしいし、何よりも涼感があって喉越しがいい、、久しぶりに食して、、感動!、、さっそくブログと相成りました。
la-sirenetta さんのアイデア、、素晴らしいですね、、
2014年07月03日 12:31
私もこれ好きです
実家へ京都のお土産にしたいもののひとつです。
この前京都駅で見つけましたが
すでに売り切れ。
なんか季節を感じますね~。
2014年07月04日 23:54
こんばんは、ご無沙汰ですね。
コメントありがとう、、お土産にすれば、たいそう喜ばれること間違いなし!!
春先から作り始めて、夏みかんがなくなれば、終了、、こんな感じですね。
老松のオンラインショップに行くか、店頭で予約もできるようです、、いちど、おあがりやす~、、

この記事へのトラックバック