採血1回がん13種発見!、、システム開発始まる!

8月18日の京都新聞、、マイクロRNAを利用したがんの発見システム、、1回の採血で13種のがんを早期発見できる、、国立がん研究センターを中心に5年計画で開発するという、、
画像

センターが保有する患者の血清や組織計6万5千人分を分析し、がんになる臓器ごとに、どのマイクロRNAが増えているのかを明らかにし、このデータを基に検査装置を開発する、、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の委託、総額約79億円の事業で、、NEDOは同じ手法を用いて、認知症の検査法も開発するという。

OTSUKYON>
これまでのがん検診の仕組みが根底から変わるかも知れない、、開発に成功すれば画期的な進歩であり、素晴らしい!!
この発表に先立ち、6月11日にNEDOが発表した報告をもとに、、ちょっと勉強して見たいと思う、、。

血液のマイクロRNA診断開発が始動

1回だけのごくわずかな採血で血液中のマイクロRNAをすぐ検出して、乳がんや大腸がんなど13種類のがんと認知症を早期発見する次世代診断システムの大規模な開発プロジェクトが始動した。
2014~18年度の5年間で79億円の予算をかける。

開発する新診断法はまったく新しい原理に基づく。
がん細胞から血液中に流れ出している小胞のエクソソームに含まれるマイクロRNA(18~25塩基ほどからなる短いリボ核酸)を高感度に検出する。
13種類のがんと認知症に特徴的なマイクロRNAを組み合わせて、従来は見逃されていた各種がんや認知症を早期に発見する。

プロジェクトは、国立がん研究センターや国立長寿医療研究センターが蓄積している膨大な臨床情報や血液サンプルを解析して、早期診断に使えるマイクロRNAを見つけ出す。
5年後までには、医療現場での実用化を目指す。
東レや東芝などの企業にも委託する。

NEDOは「各種のがんでそれぞれ5000症例以上の疫学データを基に、精度の高い新診断法を開発する。マイクロRNAによる早期診断は各国で注目されているが、より良い方法を日本で早く確立したい。来年度以降は、新設される日本医療研究開発機構に引き継ぐことも念頭に置いている。国を挙げての大きな事業になる」としている。

プロジェクトリーダーは、エクソソーム研究第一人者の落谷孝広(おちや たかひろ)国立がん研究センター分子細胞治療研究分野長が務める。
落谷さんは「乳がんや大腸がんは研究が進んでおり、間違いなく実用化できる。13種類のうち、かなりのがんがこのマイクロRNAで早期診断できるだろう。多数の患者の血液データから、認知症やアルツハイマー病の診断法も実現したい」と意欲を見せている。
画像

画像

画像の提供はいずれもNEDOより。


また、これに関連して、、8月19日、、独立行政法人理化学研究所の発表より、、

、、(ちょっと難しいが、、)、、備忘録として残したかった、、

発がんに関わるマイクロRNA(miRNA)が分解される仕組みを解明
-がん細胞でのmiRNAの1つ「miR-21」の蓄積は分解抑制により生じる-


ポイント

★がん発症に関わるmiR-21は、アデニル化の修飾により分解が促進
★がん細胞ではアデニル化を介したmiR-21の分解の仕組みに異常
★miRNAの安定化とさまざまな疾患メカニズムとの関係解明に期待

要旨

理化学研究所(理研、野依良治理事長)は、がん細胞などの増殖を促進するとされるマイクロRNA(miRNA)の1つ「miR-21」が分解される仕組みを解明し、多くのがん細胞で、分解する仕組みの異常によってmiR-21が蓄積していることを突き止めました。

これは、理研ライフサイエンス技術基盤研究センター(渡辺恭良センター長)機能ゲノム解析部門(ピエロ・カルニンチ部門長)のミヒル・デ・ホーンユニットリーダーおよびオランダ アムステルダム自由大学のジュースト・ボエル大学院生らと、理研予防医療・診断技術開発プログラム(林崎良英プログラムディレクター)などとの共同研究グループの成果です。

DNAから転写されたRNAには、タンパク質合成の遺伝情報を含まないノンコーディングRNA(ncRNA)が大量に存在します。
ncRNAの中でも、miRNA と呼ばれる非常に短い1本鎖RNAは遺伝子の働きを抑制する機能を持ち、がんなどの疾患との関連が注目されています。

miRNAは長さが18~24塩基程度であり、末端の1または2塩基が異なる多型がしばしば見られます。
しかし、なぜmiRNAにこのような多型が存在するのか、その理由は明らかにされていませんでした。

共同研究グループは、miRNA の1つmiR-21に、長さが異なる多型が存在することを発見しました。
miR-21はがん抑制遺伝子を標的とし、その機能を阻害することでがん細胞の増殖を促進すると考えられています。

詳細な解析の結果、miR-21の長さの違いは3’末端にアデニンが付加(アデニル化)されたためであり、さらに、アデニル化されたmiR-21は核酸分解酵素による分解が促進されることが判明しました。

多くのがん細胞でmiR-21が大量に発現していますが、これは、“アデニル化したmiR-21を分解する仕組み”がうまく機能せず、分解と安定化のバランスが崩れてmiR-21が異常に蓄積したためと考えられます。

今回、miR-21の分解の仕組みとがん細胞における異常な蓄積の関連が判明したことにより、今後、miRNAの安定化と、がんを含むさまざまな疾患の発症との関連についても解明が進むと期待できます。

本研究は、文部科学省 ゲノムネットワークプロジェクトおよび革新的細胞解析研究プログラム(セルイノベーション)の支援を受けて行われ、成果は米国科学アカデミー紀要『Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America(PNAS)』オンライン版に7月21日(日本時間22日)に掲載されました。

OTSUKYON>
なかなか難しいが、じっくりと読めば何となく分かったような気がする、、ベーシックな研究が臨床に直結するシステムの開発につながる、、(素晴らしい!)、、STAP問題で揺れる理化学研究所、これからも素晴らしい研究を期待します!!


今日のブログは久々の医学関連、、OTSUKYONはワクワクしてこの記事をアップ、、(しかし)、、
超早期にがんが発見された、、(がんの兆候が見られた)、、としても、手術や放射線、抗がん剤の治療を行うには、がんを可視化することが必要ですね、、
診断できることと、治療できることとは、また別の問題があると、思いました、、。


それでは、いつもの備忘録、、

NEDO(ネド)って何?、、
画像

画像

新エネルギー、、太陽光発電、燃料電池・水素技術、風力発電、バイオ燃料、、これらの事業を推進するとともに、医療を含む産業技術の支援も行っています。

定期広報誌「Focus NEDO」、、
画像

http://www.nedo.go.jp/content/100565607.pdf
こんな事業をしている独立行政法人、、なんですね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 80

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

2014年08月22日 19:01
採血一回だけで13種のガンが発見できるシステムの開発!私もワクワクします。
ちょうどガン検診を いくつかしたばかりですが、機械に挟まれたり~嫌なバリウムを飲んだり~~今の検査は けっこう大変です。
自治体によっては 何年かに一回とか?貧乏な自治体に住むと ガン検診も中々出来ません。
お手軽に検診が出来れば 早目の処置が出来て 治るのも早い!もう直ぐ そんな時代が来ますね。
2014年08月22日 22:03
こんばんは、暑さは少しマシですね。
私もこの記事を読んで、ワクワクしました。
苦しい目をしてがん検診、それも結構な費用を費やして、発見されなくて当然と思っていても、受けなければならないような状況になる、これは何とかしなければと考えていました。
1回の血液検査だけ、これなら定期的に受けたいですね。
しかし、料金がどこまでリーズナブルになるのかが、境い目でしょうね。

この記事へのトラックバック

  • 13種のがん:採血で診断、開発へ 来年度、乳がんで先行実施

    Excerpt: 日本の医学というか、医療制度の 進歩は目覚ましい。\(゜□゜)/ 血液採取するだけで、13種のガン。 胃がん、食道がん、肺がん、肝臓がん、 胆道がん、膵臓がん、大腸がん、 卵巣がん、.. Weblog: 自分なりの判断のご紹介 racked: 2014-08-23 19:42
  • 血液1摘、がん13種の早期診断、、遂に夢の検査法が開発された!

    Excerpt: 今日の新聞のトップには「血液1滴 がん13種診断 早期発見へ新検査法 国立がん研」の大見出しが掲載された、、これは、がん検診の革命とも言える画期的な検査法、、もう苦しくて正確性の低いがん検診とはおさら.. Weblog: OTSUKYONのスローライフ♪と鉄道日記☆彡 racked: 2017-08-20 20:26