綾部に同行、つる吉 井倉店で “けいらん” 中々のお味に所長さんも大満足!

8月6日、12時20分ごろに事務所を出発、、N所長のブラックのサルーンに同乗、、京都市内から綾部市までは、京都縦貫自動車道で丹波まで、9号線(山陰道)に入り蒲生交差点で右に行けば27号線で由良川沿いに味方で左折して8号線を行く、、
蒲生交差点で左に行けば9号線のまま、和田交差点を右折して173号線(綾部街道)、途中で27号線に合流し味方で左折して8号線を行く、、
どちらのルートをたどっても所要時間は大きく変わらない、、

そして13時45分、綾部駅北口からすぐ、、つる吉 井倉店、、メニューを見ながら、ナンとこんな田舎にもある?、、(失礼)、、けいらんうどん&そば、、所長は、けいらんうどん+かやくご飯定食、、OTSUKYONは、けいらんそば、、これだぁ~~
画像

鶏卵をとじたあんかけを蕎麦にかけて、、すりおろし生姜もちゃんと付いている、、京都市内の本家尾張屋、権太呂、河道屋、有喜屋などで食する、けいらんそば、、いいところまで迫ってます、、ちょっと甘めのお出汁が、、

N所長は、けいらん、、ご存知ないそうで、、美味しい美味しいを連発していましたが、、やっぱ、けいらんは冬の寒いときに食べるものですね、、美味しいのに、大汗、、汗が引く間もなく、炎天下の車へ、しかもブラック、、またまた、、

お約束の時間が迫っています、、14時半からコンサル、、ちょっと困難な内容なんですが、、頑張ろう!!

それでは、京都市内から綾部市まで、、
画像

丹波で途切れている京都縦貫自動車道、、でも、現在急ピッチで高架橋を建設中、、小浜から綾部までは最近高速でつながりましたので、もう少しで便利になります。

綾部駅から、つる吉 井倉店までの地図は、、
画像

北口から徒歩5分程度の距離ですね。

それでは、、けいらん(鶏卵)の説明を、、(クリックして大きくね)、、権太呂本店の東さんが、丁寧に説明してくれます、、(ナルホド)、、
画像

名前の通り、鶏卵をとじたあんかけ、、京都が有名で、普通は卵だけですが、何かの具ざいが入っていることもある、、つる吉 井倉店では、ネギとカマボコがトッピングしてあった。

それでは、、「そうだ京都、行こう。」より、、うどんの小ネタを少々、、
http://souda-kyoto.jp/travel/eat/udon.html
京都のうどんの謎 たぬきは化ける!?

京都のうどんの謎 その壱、、たぬきときつね、そしてハイカラ、、

東京のたぬきは揚げ玉が入ったシンプルなうどん、、
揚げ玉(天かす)なので天麩羅の「タネ」がない、タネ抜き、ということから「たぬき」になったといわれます、、

大阪のたぬきはそば、、きつね(うどん)が化けたからこう呼ばれるのだとか、、たぬきと区別するために大阪では東京のたぬきを「ハイカラ」と呼んだという説もあります、、

ちなみに、京都では「ハイカラ」はそれほど知られていませんが、祇園富永町で
86年続く「おかる」の女将、干場洋子さんは「お客さまの要望で4年ほど前から始めました」と話します、、
うどんに天かす、ネギ、花がつお、細く切ったかまぼこが入り、海苔をトッピング、、
「天かすとか、変わったもんが入るからハイカラとゆうたんでしょうか」と女将さん、、
おだしの味が際立つ逸品です、、

京都のたぬきは、きつねにあんがかかった「あんかけうどん」、、
きつねが「ドロン」と化けたから、、「あんかけでドロッとしていることからこういわれるそうです」と教えてくれたのは、昭和15年から左京区岡崎で「おかきた」を営む三代目主人の北村正樹さん、、
「底冷えする京都の冬には熱々のあんかけが一番です。生姜も載って風邪の予防にもなります。京都のうどん屋さんにあんかけメニューが多いのも冬の寒さを乗り切る知恵といえるかも」とご主人、、

さて、うどん屋さんを代表するメニュー「きつね」は京都ではきざみきつね、、
大阪では甘く炊いた大きなお揚げが載っていますが、大阪スタイルのきつねうどんのことは京都では「甘ぎつね」といいます、、

京都のきつねは、味をつけていないお揚げを細く刻んだものとネギが載っています、、
「甘ぎつねやとかぶりつかんとあかんでしょう。舞妓ちゃんとか、おちょぼ口で食べんとあかんので、食べやすいように小さく刻んであるんです。九条ネギも斜めに細く切って、うどんとお揚げとネギと一緒に味わえるようにしてあります」、、

京都のうどんの醍醐味はおだし、、京料理とともに発達してきた、うどんのおだしのおいしさは群を抜いています、、
京うどんはこのおだしがよく絡むように細めでもちっとした食感、、「おかきた」では、うどんもそばも、中華めんも毎朝自家製麺です、、注文が通ってから湯がきます。

なるほど、ナルホド、、オモシロい、、
OTSUKYONも京都生まれ、何となくぼんやりとは覚えていますが、、今日はいい勉強になりました、、

もう一つ小ネタを、、

けいらん、、と言えば、東北や北九州にお住まいの方々は、、
画像

こちらを思い出すのじゃないかな?、、OTSUKYONも佐賀のけいらんは昔美味しくいただいた記憶がある、、。

最後に、今日のブログは写真が少ない、、(どうしよう?)、、そうだ!
夏本番を思わせる写真を2点、、

08:17、朝のバス停の水田、、稲が青々と、、すくすく成長しています、、綺麗だ!
画像

17:45、綾部からの帰りに、京都縦貫道の八木中で降りて、OTSUKYONの同期生が所属長をしている病院に寄る、、子どもサイズの入道雲、、ニョキニョキ、、
画像

周りの風景は、真夏の装いを演出しています、、頑張ろう!


それでは、今日のブログはお仕舞い、、最後までお付き合いくださいまして、ありがとう!!
暑いときこそ、熱いものを食する、、健康の秘訣かも知れませんね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 55

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

2014年08月14日 08:48
稲穂の写真 すごく生命力を感じます。
稲さん!!あんたは偉い!同じ田んぼで毎年毎年、沢山の収穫をもたらす。ほんとうにあんたは偉い!
美味しいお米をありがとう!
つばさ2号
2014年08月14日 11:22
こんにちは こちらは今日も曇りです。
関東はこの手のうどん・そばは無いですね。
初めて知り勉強になりました^^。
天とじうどんとかは聞いたことがありますが
これも関東では無いメニューです。

綾部というと昔乗った宮津回りの「あさしお」
を思い出します。先頭はキハ82、綾部は午後
7時ちょい前なので記憶は殆どありません。
私の乗り鉄時代は夜ばっかりです(笑)。

稲、穂が見えないですが未だでしょうか?
こちらはもう穂が出ているようです。
夏空が恋しいですね!
こんにちは、コメントありがとう!
おっしゃる通りですね、毎年決まったように収穫できるって、素晴らしいことですね。
京都は幸いにも災害が少なく、当たり前のようにお米がとれますが、地域によっては台風の被害で、せっかく大きくなった稲穂が水没したとのこと、海水が入れば翌年の稲作にも影響がでるとか、やっぱり自然の力は侮れませんね。
2014年08月14日 14:30
いつもご訪問ありがとう!
そうですね、「けいらん」どうやら京都が発祥?かも知れませんね、寒いときに温まるし、生姜は健康にいいですからね。
そうか?「あさしお」山陰線を走ってましたかね、、ちょっと記憶が怪しいですが、、気動車の「はまかぜ」、これは記憶に残されています。
餘部鉄橋、それも古い木製の鉄橋を渡る、キハ80系、その後181系、いずれも国鉄特急色、、懐かしいですね。
今は新型の189系、アルミボディーに赤線、何か情緒がなくなりました(涙
朝日の逆光気味で、見にくいですが、稲穂も育っています、昨日はちょっと頭を垂れかけた稲穂が実っていました。
つばさ2号さんは夏が好きなんですね、私はちょっと苦手です(苦笑
でも、子供の頃は、毎日ゲンジやカブトを追いかけていました(汗

この記事へのトラックバック