バオバブの花、、蕾から果実へ変態がオモシロい!

京都新聞デジタル、、京都府立植物園の観覧温室サボテン室で、アフリカバオバブの花が次々と咲いているとの記事が、、まずは抜粋してお見せします、、。

バオバブの「当たり年」 京都府立植物園

京都市左京区の京都府立植物園で今年、バオバブの花が次々と咲いている。
花が美しく、つぼみがほぼすべて咲く「当たり年」といい、ブログを連日更新してバオバブにのめりこんだと語る長澤淳一園長(57)は「まだこれからも咲く」と期待している。

バオバブはアオイ科の植物で、アフリカやオーストラリアなどに分布する。
同園では7種を栽培しているが、花が咲くのはアフリカバオバブだけだ。

長澤園長がバオバブと出会ったのは1995年。
当時、アフリカバオバブはセネガルから移植されて4年たっていたが、根が定着せずぐらぐら揺れるありさま。
水や肥料をやるタイミングを手探りしながら4年後、開花にこぎ着けた。

以降、マダガスカルやオーストラリアからも移植、7種のうち6種は長澤園長が手がけた。
今年の園カレンダーには現地で撮った写真が並んだ。

園長のブログでは通常、一つの花の紹介は1回だけだが、バオバブは14日までの約40日間で18回更新。
「朝一番に温室に入って元気のいいバオバブの花を見てください」などと記載している。

また、来園者に「葉の新芽はゆがくとモロヘイヤのよう。ザーバオバブの幹は大根とナシの間のような味と食感」と話して驚かせたこともあった。

「年々開花時期が早くなっている」と気をもむ。
すでに60輪以上が咲いたが、まだ10輪ほど咲く見通しといい、「8月いっぱいは楽しめます」という。
【2014年8月16日 12時00分】


8月30日に行ってきました、、13:04、、北門に到着、、
係りのおばさんに、「バオバブ咲いてますか?」、、「1輪だけ咲いてますよ、、でも、午後には色が変化してきますよ、、」、、雨の中を観覧温室に急ぎます、、
画像

あったぁ~~~ヨッシャ~~~オモシロい!!

それでは、蕾から開花、落花、果実、、、オモシロい変態をご覧ください、、

樹の全体を、、
画像

1つだけ蕾を見つけました、、カワイイ、、
画像

3態が並んでいる、、
画像

オモシロい花を何枚か、、
画像

画像

画像

たった1輪、、それも、4mほどの高いところにある、、長~い雌しべでしょうか、、紐のように垂れ下がっている、、。

おそらく落花したあとの雌しべと根元に果実が見えるね、、
画像

画像

画像

画像

果実が膨らんで、がくの部分でしょうか?、、茶色く変色していますね、、
画像

画像

画像

大きく見上げての撮影、、首がだるくなって来ました、、。


この記事を読んで、ネットで調べて見ました、、

京都府立植物園さんの園芸日記
⇒バオバブ通信
http://www.shuminoengei.jp/?m=pc&a=page_mo_diary_detail&target_c_diary_id=176872

7月4日、、バオバブの開花、、

7月11日、、バオバブの開花予想、、
画像

上から順に、、
①いつ咲くか予想できない頃の蕾、卵形あるいはカブラ形で濃い緑色、、
②開花前日の朝、縦長が横長に、緑色が黄緑色に変化、そして蕾の上部にリング状のカサのようなものが現われ、、
③開花当日の朝、基本的には前日の蕾の形と同じですが、さらに横に膨らんで扁平になって、、

つまりバオバブの蕾は②の写真のように形が変化した翌日の午後7時ごろから8時にかけて開花するのです。
もし翌日咲かなければそのまま開かず黒変することが多いです。

7月12日、、バオバブ通信3、、

ここから、毎回開花予想が掲載され、、

9月6日、、バオバブ通信23、、
今夜、もうひとつ咲きます、、これで今年はあと一つの蕾を残すのみとなります、、。


ナルホド、、面白い、、今年は80個ほど花を咲かせるそうです。
今日のブログはアフリカバオバブ、、園長さんが23回もブログを更新するほど、、興味深い花なんでしょうね。

来年はいっぱい咲いている花を見たいと思いました、、
いつもいつもご訪問ありがとうございます、、


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 80

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい

この記事へのコメント

2014年09月09日 20:09
バオバブなんて珍しいお花を、こんなにたくさんの写真で紹介して下さり有難うございます。貴重ですね
2014年09月09日 23:51
こんばんは、コメントありがとうございます。
私も京都新聞デジタルで知りましたが、こんなオモシロい花は見たことがありません。
植物園でも今年は大当たり、、次々と開花して行きました。
ご参考になれば嬉しいです(苦笑
2014年09月10日 10:07
うちはパッションフルーツの花が 少し涼しい日が続くと咲きます。咲いたら綿棒で受粉を助けます。おかげで パッションフルーツの実がブラブラ、受粉して僅かな日数で 実が膨らんでくるのが見事ですよ。
植物も めしべとおしべ、不思議な生態ですよね。
まるで 動物のよう?です。元々 植物の方が 先ですか?
つまり、子孫を残す行為は同じ?
2014年09月10日 23:18
おもしろい花ですね。
まるで天井からシャンデリアが下がっているようです。
6月に京都府立植物園に行きましたが、バオバブの花はまだ咲いていなかったようです。
「当たり年」なので、余計に見応えがありましたね。
2014年09月11日 17:48
そうなんですね、バオバブの花も受粉を助けてやるそうです。
ウィキペディアには実がぶらぶらなっている写真がありました。
まあ植物園では当たり年らしいのですが、二ヶ月の間に80個程度が、次々に咲いたという、もう大騒ぎなんですね。
でも、園長さんたちは頑張りました(^○^)
2014年09月11日 17:55
コメントありがとう^_^
植物園のブログ拝見しましたよ(^_-)
7月4日から咲き始めましたが、行かれたのは少し前なんでしょうか。
来年も咲きますので、また見に来て下さい。
大きさはビワの実ほど、そんなに大きくはないです。

この記事へのトラックバック