恵那栗「栗きんとん」と京の「でっちようかん」、、美味しい!

今日のブログねたは、、お菓子、、恵那栗「栗きんとん」と、、京の「でっちようかん」、、素材にこだわり、作り方にこだわり、、絶品に仕上げる、、そんな心がこもったお菓子、、OTSUKYONは大好きです、、

それではまず、恵那川上屋が栗生産者とともに取り組む「超特選恵那栗」を使った「栗きんとん」、、
画像

登山で木曽福島から帰ってきた家内のお土産、、
収穫したての恵那栗を新鮮なうちに蒸して中身を取り出し、、
裏ごしして滑らかにしたものに火を入れながら適量の砂糖を合わせる、、
これを冷まして茶巾でしぼったもの、、
少量の砂糖の他には、何も加えていない贅沢なお菓子、、、。

それはもう、、絶品!絶品!絶品!、、超美味しい!

画像

画像

ネットショッピングでも買えます、、HPより拝借、、どれも食べて見たいものばかり、、
画像

画像

画像

画像

そして、OTSUKYONが最も興味をそそるのは、、これ、、
画像

あの有名な市田柿と栗きんとんのコラボレーション、、食べて見たい!!

川上屋と栗農家の取り組み、、
画像

栗が新しい風を運んだ “動画”、、ちょっと感動しました、、


お時間があれば、覗いて見てください!


さて、後半は、、京都、三条京極下ル、、創業明治25年、京菓子司・西谷堂、、看板商品の「でっちようかん」、、
画像

可愛い男の子のイラスト入りの紙袋に入った、、これは、大納言、、
種類はいっぱいありますが、、もう一つ、黒豆、、
画像

これは季節限定でしょうか、、はじめて食べました(笑顔)、、。

素朴な味に、子どものころよく食べた記憶が蘇る、、美味しい!!
画像

画像

こんなに種類があったとは、、あまり記憶にありません(苦笑)、、。

そして最後に、、オマケ、、

これも西谷堂、、ぐーどすえ金つば、、
画像

具がいっぱいのきんつば、、ネーミングも楽しい、、京都土産としても人気ですね、、
黒ごまやナッツ、抹茶などを付けて手焼きされたきんつば、、

これ、実は、先日11日に徳島に講義に行ったとき、、
講師控え室でお世話になっている事務員さんへのお土産、、
18日に行ったときに、、とても美味しゅうございました、、ニコニコ顔でお礼を言われました、、

OTSUKYONが美味しいと感じたものを差し上げる、、
喜んでいただけると、、ほんと、嬉しいですね、、


今日のブログは、大好きなお菓子、、こだわりの品々をお届けしました、、
最後までご覧くださり、ありがとう!!、、

人気ブログランキングに参加しています、、返礼させていただくために、ブログ気持ち玉は一つでOKです
↓↓ここをクリック、よろしくお願いします m(_ _)m

グルメ・料理(全般) ブログランキングへ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 84

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい かわいい かわいい

この記事へのコメント

2014年11月23日 11:20
恵那の栗きんとん 身近なお菓子ですよ。
ただし、何故こんなに高いの~~というお菓子です。
ルーツが八百津ですから。
親が栗林も。しかし今は 親はいません。
茶の木もボウボウになっています。
田舎は後継者がね!難しい話です。
うちは 全ての兄弟姉妹が都会へ出ました。
2014年11月23日 16:05
こんにちは、いつもありがとうございます、
確かに高価なお菓子ですね、、でも、私には素材の良さを活かした本物の味が楽しめる銘菓だと思いますよ。
この栗きんとんが売れれば、栽培農家も潤うのですから、仕方ないのかなぁ、、でも、ちょっと高すぎますね、確かに、、。
1つ食するのも、ゆっくり時間をかけて味わう、、こんな食べ方になってしまいますね(苦笑
京都にも有名な丹波栗があり、秋には栗を使った美味しいお菓子がいっぱいあります。
栗は剥くのは嫌いですが、食べるのは大好きです(笑顔
2014年11月24日 06:22
栗きんとん、今年の夏に恵那峡へ行ったときにお土産で買って帰りました。
これ、上品な味でおいしいですよねぇ~
ご紹介されているお菓子も食べてみたいです。
私、甘辛両方OKなんですよ^^
2014年11月24日 18:32
いつもありがとうございます^_^
ちょっと高いかなとも思いますが、いろいろ調べて見ると、納得、地域の農家も巻き込んだ、こだわりの逸品なんですね。
私は、酒を飲むとすぐに赤くなるので、たしなむ程度、でもスイーツには目が無いですね^ - ^

この記事へのトラックバック