祖谷のかずら橋を散策、、もう秘境とは言えない混雑ぶり!

11月19日、大歩危峡の紅葉を楽しんだOTSUKYON、、次に目指すは「祖谷(いや)の蔓橋(かずらばし)」、、秘境と謳われるその橋をぜひこの目で見てみたいと考えた、、
画像

しかし、「かずら橋」の近くには大小さまざまな駐車場がひしめき、土産物店やそば処、甘味処がいっぱい、、そして、観光バスが大挙して押しかける始末、、これはもう秘境とは言えない混雑ぶりに、、すっかりタマゲタ、、


まずは、大歩危・祖谷観光NAVI より、、


クリック⇒祖谷のかずら橋 
画像

(新緑のころのかずら橋)

平家一族の哀話を秘める、秘境“祖谷”にある「かずら橋」。
シラクチカズラ(重さ約5トン)で作られたもので、長さ45m・幅2m・水面上14m。
昔は深山渓谷地帯の唯一の交通施設であった。
3年毎に架替えが行われる。
(国指定重要有形民俗文化財)
*かずら橋ライトアップ
毎晩19:00~21:00の間、かずら橋をライトアップ、闇夜の中に照らされた「かずら橋」が幻想的です。


それでは、、紅葉はそんなに綺麗ではないが、「かずら橋」周辺の写真をご覧ください、、
画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

どちらかと言うと、、新緑のころの方が綺麗な景色でしょうね、、


そして、「かずら橋」の出口、、(実は橋を渡るのは一方通行)、、の奥にあった琵琶の滝、、これは見事でしたね、、
画像

画像

画像

滝の由来には、、源平の戦いに敗れた平国盛が安徳天皇を奉じて祖谷に潜入し、この地に土着したことが記されていた、、滝の下で都を偲び琵琶を奏でたことより、名前が付いた、、。


さてさて、先を急ぎましょう、、
画像

俗化した「祖谷のかずら橋」に見切りを付けて、、向かうは、「奥祖谷二重かずら橋」、、
ここから1時間近くも山奥に車を走らせます、、
この道がとんでもない難所、、車同士のすれ違いができない箇所が山ほどある、、
当然、観光バスは来れません、、


途中の祖谷川の渓谷は、素晴らしかったですね、、
画像

画像

画像

手に汗握るドライブでしたが、何とか到着、、
このつづきは次回のブログにて、、乞うご期待!!


いつもご訪問気持ち玉、本当にありがとうございます、、
まだまだスローライフの旅はつづく、、

人気ブログランキングに参加しています、、返礼させていただくために、ブログ気持ち玉は一つでOKです
↓↓ここをクリック、よろしくお願いします m(_ _)m

写真 ブログランキングへ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 109

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

つばさ2号
2014年11月29日 20:23
こんばんは いい旅行をされたようですね!
大歩危小歩危にかずら橋、うらやましいです!
紅葉と鉄橋の写真お見事です!!
若い頃の四国旅行を思い出しました。

私は学生時代にキハ181系特急「南風」で
ここを駆け抜けました^^。
でも龍河洞は見ましたよ!

今は無き国鉄急行バス「なんごく号」で
松山へ出て、特急「しおかぜ」で高松から
連絡船で岡山へ。そこからさらにEF58牽引
の「あかつき」で九州へ向かいました。
カメラのフィルムが空転していて貴重な
写真は幻になりました^^。
2014年11月30日 00:19
こんばんは、ちょっとご無沙汰ですね。
ホテルのNゲージは、ポイントの故障箇所が多く、部外者が直す訳にも行かないので、そのままにして置きましたが、土讃線の橋梁の眺めは、楽しかったですね。
この橋梁に、国鉄特急色のキハ181系が走っていれば、、もう最高なんですが、、今の気動車は、アンパンマン列車だとか、私にはあんまり嬉しい被写体ではありません。
SLに牽引された14系客車、、こんなのが走らないかなあ、、。
2014年11月30日 10:33
すごく混んで居ましたね。
秘境は人が居ない時に訪れたい!そんな気がします。
ママさん、こんばんは、いつもありがとうございます。
そうなんですよ、、秘境のはずが、都会の歩道を歩いているみたい、、観光バスがやってくる度に、観光客がかずら橋を目指して歩きます。
橋は一方通行、、入り口では、ガイドさんがすでに団体用のチケットを購入済みで、、「は~い、皆さ~ん、一列に並んで~、、下を見ないで、前の人に遅れないようについて行きましょう~」てな感じ、、情緒もなにもありません(涙
初老の女性たちの歓声や奇声が、、私は完全に興ざめ、、(大泣
まあ、仕方ないとあきらめましたが、もう少しお上品に歴史を感じることはできないものかと、、(苦笑

この記事へのトラックバック