アルツハイマー病協会のHPを覗いて見よう!、、アルツハイマー病の10のサイン、、

24日につづき認知症に関するブログ、、(ちょっと硬い内容、お許しあれ、、)、、OTSUKYONが仕事柄、ときどき参照しているHPをご紹介、、アルツハイマー病協会(アメリカ)、、トップページは、、
画像

1980年に設立され、、Our vision is a world without Alzheimer's、、アルツハイマー病のない世界を目指す!、、それがスローガンなんですね、、。

このHPのトップページには、、KNOW THE 10 WARNING SIGNS、、アルツハイマー病の10のサイン、、とっても気になりますね、、
そこで、日本語版に変更すると、、
画像

正確に日本語に変換されたHPが見られます、、そして、この画面の下部には、、
画像


さっそく、アルツハイマー病の10のサイン、、クリックして見ることにしましょう、、


日常生活に支障をきたす程度の記憶の消失は、通常の老齢化の一部とは言えない、、
それは、記憶、思考、推論能力をゆっくりと低下させ、死に至らせるアルツハイマー病の症状の場合がある。


その兆候に気づくための10のサインは、、

① 日常生活に支障をもたらす程度の記憶の消失

② 計画や問題解決における困難

③ 自宅、職場、レジャーの場で慣れていた作業を完了するのに困難がある

④ 時間や場所についての混乱

⑤ 視覚像と空間的相関関係を理解しづらい

⑥ 会話あるいは筆記における言葉についての新たな問題

⑦ 物を置き忘れたり、記憶を辿ることができない

⑧ 判断力が低下、または乏しくなる

⑨ 仕事あるいは社交的活動をやめてしまう

⑩ 気分および性格の変化



ちょっと補足すると、、

最近の事柄を忘れる頻度が高い、約束を忘れる、計画に従うことができず、時間がかかる、慣れているはずのことが出来ない、時間・場所・行先を忘れる、会話についていけない、同じ質問をする、亡くし物をして探し出せない、社交性がなくなる、抑うつ症状や不安がったりする、、、

これらのサインは、、本人は気づかないことがあり、家族や友人が気づくことが多い、、。

「10のサイン のうち一つでも当てはまる場合は、これを無視しないで、すぐに診察のアポイントを取りましょう」と、HPでは啓蒙している、、。


認知症の危険因子と予防

加齢と遺伝など、認知症の危険因子には変えられないものもあるが、、治療や生活習慣の改善で変えられる場合もあるため、脳の健康と認知症の予防に関する研究が続けられている。

中でも特に活発な分野は、心血管系の要因、運動、食事などで、、

心血管の危険因子:

体のどこかで血管にダメージを与えるものは、脳内の血管も傷つける可能性があり、、
脳内の血管の損傷により脳細胞に欠かせない栄養と酸素の供給が奪われ、、
血管性認知症を引き起こすのが、こうした脳内の血管の変化、、。

血管性認知症は、アルツハイマー病やレビー小体型認知症を含むその他の認知症と併発することがある。

脳内の血管に生じる変化は、症状の悪化を加速させたり、損傷をさらに重大にする可能性がある。
そのため、禁煙や体重管理、血圧維持、コレステロールと血糖値の管理など、心臓の健康を考えた方法は、脳を守るためにも使用できる。

運動:

認知症の種類によっては、定期的に体を動かすことでリスクを低下できる場合がある。
ある研究では運動は脳内の血流と酸素量を増加させ、脳細胞に直接的なメリットをもたらす可能性があると報告されている。

食事:

食事は心臓の健康を通じて、脳の状態にも大きな影響を与える。
現在最も有力な研究報告では、心臓に良い食習慣は、脳を守ることにも役立つことが示唆されている。

その代表として挙げられるのが地中海式ダイエットであり比較的少量の赤身肉と全粒パン、果物、野菜、魚、貝、ナッツ類、オリーブオイル、その他の良性脂肪を中心に摂取することが推奨されてる。



もう一つ、興味深いのは、、インタラクディブ 脳のツアー、、
脳の内部構造と働き、アルツハイマー病の進行を画像で説明して行く、、

この脳のツアーは、、
アルツハイマー病が通常の老化であるという神話を崩す16枚のスライドで構成されていて、、
各スライドで、色つきのテキストにカーソルを置くと、そのスライドの関連する部位が示される。

これ、とってもオモシロいし、教育的な題材、、お奨めですね、、



そして、京都に在住の老年科医師のブログ、、
ここをクリック⇒認知症あれこれ、そして

ブログ名
認知症あれこれ、そして
ブログ紹介
認知症の妻を介護中の認知症に30年余関わる老年科医 三宅貴夫氏、「認知症なんでもサイト」管理編者

ここをクリック⇒認知症なんでもサイト

認知症関連の引用文献の多さには目を見張るものがある、、とっても勉強になります、、


さてさて、、またまた堅苦しいブログになったようだ、、(ゴメン)、、

琵琶湖湖南に黄昏がせまる、、今日も寒い一日でした、、
画像

おやおや、中学生かな?、、三人組が砂浜でじゃれあってます、、
画像

この子どもたちが大人になるころには、、Our vision is a world without Alzheimer's、、期待したいですね、、


いつもご訪問、気持ち玉、ランキング「ポチっと一つ」、、ありがとうございます、、
人気ブログランキングに参加しています、ご協力お願いします

↓↓ここをポチっとクリックよろしく m(_ _)m

医学 ブログランキングへ


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 101

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

2015年01月29日 00:47
こんばんは。深夜にすみません。
今回も難しい記事で、、、。
しかも、10のサインやばいです。
なんか当てはまるのが多いです。
気を付けねば、ブログで認知症
予防できないのかな。
「私たちのビジョンは、アルツハイマー         病のない世界です。」になれば良いですね。
今日も忘れずポチっと押しときます。
2015年01月29日 09:28
私も こういう記事には大変興味が有りますよ。
何も固い記事とは思いません。
どんどん、こういう情報 出してください。
皆さんが 興味あることだと思われます。
2015年01月29日 22:46
いつもありがとう!
10のサイン、、ちょっと言葉遣いが難しいかな?、、これは英文を和訳してあるからでしょうね、、そこで、クリックして日本語版HPをご覧あれ、、優しく補足説明してありますよ、、
脳のツアーもオモシロいですよ、、。
取材してブログをアップする、これが出来るのなら、認知症ではありませんね。
日本だけじゃなく、アメリカも各国も多額の予算を計上して、診断法と治療薬や予防薬を開発していますので、あと10数年もすれば、怖い病気ではなくなるかも知れませんね(笑顔
しかし、OTSUKYONはもう認知症を発症してもおかしくない年代なんで、すごく気になりますね(苦笑
2015年01月29日 22:59
ママさんに、そう言っていただけると、ほっとします。
このようなシリアスな内容の記事は、総じて好まれませんね(涙
私は仕事柄、毎日このような内容に接してますので、苦には感じませんが、いずれ高齢になればみんな気になる内容ですので、予備知識として、ああこんな協会のHPがあったな、、と覚えていてくださればいいと考えています。
私的には、嬉しい備忘録なんですね。
いつもご訪問ありがとうございます。

この記事へのトラックバック