京都市の肛門科の名医を友人に紹介、、体験済みなんです!

OTSUKYONのブログねたは、、自分で言うのも変ですが、、いろんな興味あるテーマに食いつきます、、今日の内容は、、肛門科の名医を友人に紹介、、こんなシモねたをブログに載せるなんて?、、そう思われる方も多いでしょうが、日本人の多くが苦しんでいる “痔” 、、私の経験では、初期のうちに優秀な専門医の診察を受ける、、これが一番の近道だと言えます、、。

さて、2月2日(月)、フィットHBを転がして、これから同い年の友人と奥様を迎えに行きます、、
画像

京都市営地下鉄烏丸線の終点、国際会館、、イベントホールの後ろには、雪を被った比叡山が、、とっても寒い一日でした、、。

昨日の夜、もう40年来、いぼ痔、切れ痔、脱肛で悩んでいる友人から電話があり、、過去に2回手術をしているが完治せず、、今回また悪化したので、何処かにいい医者はいないかな?、、相談の電話でした、、。


皆さんならどうしますか?、、口コミを調べても、ランチじゃないから、出てこない、、
おそらくネットで探そうとしますよね、、

「京都市」、「肛門科」、、“ お医者さんガイド ”で病院検索、、なんと、、肛門科を標榜する医療機関は77ある、、

「肛門科」をトップに標榜していて、あとは「外科」「麻酔科」「内科」「胃腸科」、、など、、
当然自信のある科をトップにしますよね、、(総合病院の診療科では、トップに来ないことが当たり前)、、
その条件で検索すると、、たったの3医院、、

① 小泉肛門科・外科、、② W医院、、③ M医院、、
そして、「外科」「肛門科」の標榜順の医院は、、④ S医院、、⑤ K医院、、

だいぶ絞り込まれて来ましたね、、。


忘れもしません、、2013年12月下旬、同じようにネットで調べて、たどり着いたのが、R和会O病院の肛門科、、
ここの医師はとっても有名で、診察待ちの患者さんで溢れているそうな、、(どうしよう、、)、、でも急ぐ、、

そこで、先ほどの検索サイトでトップに出てくるのが、、①の小泉肛門科・外科、、一か八か、すがる思いで訪れました、、。


OTSUKYONより2歳年上のもの静かな先生、、でも、テキパキと、、
症状を聞き取り、、ベッドに側臥位(横向きに寝て、膝を前に突き出し、お尻を後ろに)、、
大腸内視鏡を入れるのがやっと、、カメラの画像を先生と一緒に見ながら、、
即座に「肛門狭窄」ですね、、「内痔核も外痔核もありません、、」、、「悪性腫瘍も直腸には見当たりません、、」、、

肛門拡張術の適用とのこと、、(もう驚き、、)、、てっきり内痔核がごろごろあるんだろうと、思っていましたが、、
こうなる原因を質問されて、、

35年ほど前に、、③ M医院にて、内痔核の硬化療法を受けましたが、、
痔核の周りの組織も影響を受けたようで、、狭窄を起こしていたのですね、、
下剤で騙し騙し、狭窄があっても排便は可能でしたが、、
硬いのが出ると、ときどき切れる、、(そこで)、、

 ♪痔に~は、ボラギノ~ル!♪

あの黄色いケースの注入軟膏、、お世話になりっぱなし、、(でも)、、
年月と共に、狭窄がひどくなったようでね、、
こうなったら、まな板の鯉、、1月に手術を受けました、、。


手術の体位って、気になりますよね、、、、

仰臥位(仰向け)で、両足を広げて台に固定、、(ちょっと恥ずかしい砕石位)、、でも、、
小泉肛門科では、、腹臥位(うつ向き)で、両足を広げるだけの体位、、これなら嬉しいです、、

麻酔は仙骨硬膜外麻酔、、全く痛みはありません、、
30分ほどで手術は終了、、日帰り入院、、6時間ほどで帰宅、、
完治まで週一の通院は必要でしたが、、2ヶ月ほどで、「はい、完治しました、、もういいでしょう、、」、、
先生のお顔が “地獄で仏” に思えました、、


話はもどりますが、、
あの悪い想い出の③ M医院へ行こうとしていた友人を無理やり拉致して、① 小泉肛門科・外科に連れて来たってわけ、、
幸いにも友人は、手術を必要とせず、投薬と通院で治るとのこと、、
肩の荷が下りたのか?、、
友人と奥さんを連れて大津のマンションで少し時間をつぶし、、ランチへ、、ゴチになります、、。

和食めん処・サガミ、、
画像

画像

平日の正午前、、お客はまばらでしたが、昼を回るとぞくぞく来店、、
画像

かつ丼ランチ 麺増量(無料)+茶碗蒸し、、
画像

サガミ、、私ははじめて訪問しましたが、チェーン店にしては、まあまあのお味、お腹は超満腹、、ご馳走様でした、、

ここで、ちょっとハプニングが、、
画像

「七味が出な~い、、?」とぼやいていた友人に代わって、、私が七味の蓋を回していると、、突然中身が全部麺の上に落下、、(しまった、、)、、もう手遅れでした、、
痔で弱っている友人には、気の毒な刺激物、、参った参った、、(皆で、大笑い、、)、、


それでは、医院の案内を、、
ここをクリック⇒ 小泉肛門科・外科
画像


〒607-8451 京都市山科区厨子奥若林町35-1(竹鼻交差点西入ル)
アクセス: JR東海道本線 山科駅 徒歩 14分、駐車6台
特色: ペインクリニック、痔、大腸疾患、 内視鏡検査、女性予約診療あり、2014年4月18日現在累積5003例の手術実績、2005年4月より使用が認められた内痔核硬化療法剤ジオンを用いた四段階注射法による硬化療法も実施し、現在までに1400例の使用経験があり良好な結果を得ている、、。


関西の方で痔にお悩みの方は、、今日のブログは必見!!、、自信有り!!、、


いつもご訪問いただき、人気ブログランキングの投票、、ありがとうございます、
今日のブログはいかがでしたか?、、痔とは、長~いお付き合い(〇〇銀行)は、よした方が無難ですよ、、。


今月より気持ち玉を閉鎖させていただきます、、お気に召しましたなら、気持ち玉の代わりに、ランキング「ポチっと一つ」お願いいたします、、

↓↓ここをポチっとクリックよろしく m(_ _)m

医学 ブログランキングへ

皆様のブログへは今までどおりお邪魔させていただきます、、



それでは、いつもの備忘録、、(スルーしてください)、、
画像

肛門の成り立ち、、

実は初期の胎児の肛門には穴は開いていません。
子宮内で成長するにつれて、口のほうから下がってきた腸と、おしりからくぼんできた皮膚がつながって、一本の通り道になり肛門ができます。
このつながった境界線は、「歯状線(しじょうせん)」と呼ばれ、歯状線より上は粘膜部分、下は皮膚部分となっています。
また、肛門内部と出口付近には静脈叢(じょうみゃくそう)と呼ばれる毛細血管が集まった部分があります。
歯状線より上の直腸粘膜の静脈叢周辺には知覚神経(痛みを感じる神経)は通っていませんが、歯状線より下側の皮膚部分の静脈叢には、知覚神経が通っています。
このように肛門は、血管や神経などの構造のほか、伸縮性などが異なる2つの組織が同居したデリケートな構造になっています。

痔は大きく分けて3種類、、

痔には、主にいぼ状のはれができる「いぼ痔(痔核)」、肛門の皮膚が切れる「切れ痔(裂肛)」、肛門に膿のトンネルができる「痔ろう」の3種類があります。
このうち、いぼ痔には、肛門内部にできる「内痔核(ないじかく)」と、肛門の外側にできる「外痔核(がいじかく)」とがあります。
直腸粘膜側の組織には知覚神経が通っていないため、肛門内部にできるいぼ痔(内痔核)では痛みを感じないのですが、歯状線より下の皮膚部分には知覚神経が多く通っていますので、きれ痔(裂肛)や肛門の外側にできるいぼ痔(外痔核)には痛みを感じます。
また、歯状線にあるくぼみに細菌が侵入して感染し、化膿した膿がトンネルを作って貫通すると、痔ろうになります。

痔の原因と生活習慣の改善、、

こうした痔になる主な原因としては、「便秘」や「下痢」、「排便時のいきみ」「座りっぱなし」などがあります。
たとえば、便秘などで便が硬くなると、排便の際、肛門に圧力がかかり、出口が切れて切れ痔になったり、肛門の静脈叢と呼ばれる血管の集まった部分がうっ血して、いぼ痔になったりします。
痔の発症には、便秘や下痢、食事など、普段の生活習慣が大きく関わっています。
痔を治すために、薬を使うことも大切ですが、何より「生活習慣」を改善することが基本となります。
健康的な生活を送るため、すでに痔の方も、自覚のない方も、痔と生活習慣との関係についてもっと知識を深めておきましょう!


この記事へのコメント

のりぃ
2015年02月09日 23:57
こんばんは。いつも楽しく拝見しています。
実は私は「外痔核」ができやすく、ほぼ年に1回ペースで病院のお世話になってます。トイレに行きたくても行けないことの多い繁忙期は特に注意が必要で、(まさに今の時期)努めて生活のリズムを崩さないように心がけています。
私の地元にも評判の良い先生がおられましたが、最近若い先生に代替わりされ、評判もイマイチ。どこかに良いお医者さんは居ないものかと、仕事仲間に聞いてみたりしている今日このごろデス。
2015年02月10日 00:20
こんばんは、いつもランキングに「ポチっと」ありがとうございます。
そうなんですか、日本人は痔持ちが多いですね。
私の経験では、痛みのない外痔核なら、ほっておいても大丈夫だと思います。
脱肛ならすぐに治療が必要ですね。
毎日の規則正しい生活、野菜や果物を多く摂る、決まった便通、体を冷やさない、長時間の立ち仕事や座り仕事はできるだけ避ける、、これらを守れば、悪化しないようですね。
ネットで一番に肛門科を標榜している医院を探してください、案外名医が見つかるかも?、、外れることもあるので悪しからず、、。
2015年02月10日 18:58
こんばんは。
実は痔持ちではないのですが、興味深く読ませていただきました。
いつそのような状態になるやもしれず・・ですので。
かかる病院によってそんなに違ってきてしまうのは驚きですね。
いい病院に巡りあうのもやはり運命もあるかもしれないと思ってしまいました。
サガミは一度か二度行ったことがあります~。
2015年02月11日 00:45
こんばんは。
今日はとても尾籠なお話で、、。
実は私も立派な地主ならぬ痔主でして
大変参考になりました。
これだけは人には言えず自分で解決する
しかないですね。
その病院にはちょっと遠いので行けませんが
行けたら行きたいです。
七味が一杯出て刺激が強くて大変でしたね。
七味がいきみならないようにポチっと押しとき
ますね。
2015年02月11日 12:36
こんにちは、いつもポチっと、ありがとうございます。
私のブログは、綺麗なものばっかりじゃないのですね、、でも、興味を示してくださると嬉しいですね。
やっぱり自信のある科を一番最初に置きますよね。
口コミで評判を聞くのが一番でしょうが、みなさん正直に痔の話はしませんよね。
サガミ、まあまあ良かったですよ(笑顔
これからも、御ひいきにお願いします。
2015年02月11日 12:43
こんにちは、いつもポチっと、ありがとうございます。
尾篭なお話で、失礼しました、、一応医療コンサルなんで、ときどき実践的な話題をアップしています。
女性は便秘、冷え性と出産が痔の原因として多いでしょうね。
そうそう、激辛はよした方が無難でしょうね。
関西近辺にお住まいの方が、このブログを見てくれて、健康なお尻を取り戻してくださることを、希望しています。
普通に書いてても、やっぱりちょっと恥ずかしい内容になってしまいますね(苦笑
これからも、ご訪問ください。
2015年02月14日 06:44
OTSUKYONさん、こんにちは。
痔ですか~。
実は私も数年前に「脱肛」の根治手術をしました。
親指サイズに成長してしまったイボちゃんに我慢できず、その道で結構有名なY外科で手術です。
そのお話ですが、数か月前に何回かに分けて記事にしております。
興味があればご覧ください。
「お父ちゃん、がんばれ!」ってタイトルです。
おっと、宣伝してしまいましたね~(^^ゞ
2015年02月15日 00:33
こんばんは、遅くからすみません。
手術のブログ、以前見せていただきましたよ。
気持ち玉も置いてきたと思いますよ。
2015年02月18日 16:40
こんにちは~
はじめまして!
九州・福岡からコメントです。
わたくしは先月手術しました。
手術は何てことはなかったんですが、術後の排便に苦労しました。
やはり、医者選びは重要ですね!

また、お邪魔しますね~
2015年02月18日 20:13
こんばんは、お立ち寄りくださいまして、ありがとうございます。
私も2年前にオペしましたが、案外楽でしたね(苦笑
最初の医者選びで失敗していますので、2回目は慎重に検索して選びました。
術後の管理を大事にして、不摂生を戒めれば、その後は順調、、でも、医者の腕前がよければの話ですね。
私と同じ、鉄道がお好きなようですね(笑顔
またお越しください、そしてランキングに投票をお願いします。
私も後ほどお邪魔させていただきます、、そして毎日訪問するようにいたします。
ありがとうございました。
なお
2019年02月20日 23:02
はじめまして。
私も長年切れ痔で悩んでおり、今年に入ってかなりの痛みに、ついに病院に行く決意をしました。
でもどの病院がいいか分からず探していたら、こちらのブログに辿りつくことができました!
手術の流れや体位などを知れて、とても安心しました。
ぜひこの病院に行ってみようと勇気が出ました。
手術後は、再度切れ痔になることなく過ごされていますか?
とても怖いですが、私も完治して快適な毎日を過ごしたいです。
本当にこの記事を書いてくださって、ありがとうございました。
2019年02月20日 23:15
コメントありがとうございます😊
小泉先生は間違いなく在野の名医です、私は肛門狭窄症でしたので、20年ほど強い下剤にたより、飲むのを忘れると必ず切れます。でも、手術後2カ月ほどで完治、それから一度も切れたり出血したりもなく、快適に暮らしています。自信が確信になりました、ぜひ診察を受けてください。
なお
2019年03月08日 23:55
コメントのお返事を頂き、ありがとうございます。
先日、小泉先生のところで受診してきました!
手術になるかもと不安いっぱいで病院へ向かったのですが、投薬で経過観察との診断でした!
先生の説明がハキハキと分かりやすく、とても良かったです。
信頼できる病院を教えてくださり、本当に本当にありがとうございました!!!

この記事へのトラックバック

  • ウェブリブログをはじめて7年を振り返る!・・・継続は力なり!

    Excerpt: 皆さま、こんにちは、、いつもご訪問ありがとうございます(笑顔)、、6月下旬からウェブリブログの大規模メンテナンスがあるとのアナウンスがありましたが、何やら“気持ち玉”がなくなるらしい、投稿記事ごとのP.. Weblog: OTSUKYONのスローライフ♪と鉄道日記☆彡 racked: 2019-06-04 01:08