びっくりポンの大塚国際美術館鑑賞録(その八)近代 その他の作家(最終回)

長らくつづけて来ました、びっくりポンの大塚国際美術館鑑賞録、、いよいよ最終回 (その八)近代 その他の作家、、となりました、、OTSUKYONが知っている、、(だれでも知っている)、、好きな絵画をご紹介して行きます、、よろしかったら最後まで観てください、、

個人的に大好きな絵画はこれ、、(ちょっと恥ずかしいが、、)、、

ヒュー・ゴールドウィン・リヴィエール(1869-1956年)、、「エデンの園」、、
画像

画像

愛と希望に満ちた「エデンの園」、、女の笑顔と顔は見えないが男の優しさ、、ロンドンの背景も秀逸ですね、、

そして、作家の内面を絵にしたようなこれ、、

エドヴァルト・ムンク(1863-1944年)、、「叫び」、、
画像

画像

同じく、、「思春期」、、
画像

同じく、、「星月夜」、、
画像

同じく、、「生のダンス」、、
画像

中央で踊るふたりの奇妙な振りと眼、、見つめるふたりの女性、、とっても不思議なんです、、

最近映画になった絵画は、、

グスタフ・クリムト(1862-1918年)、、「アデーレ・ブロッホ=バウアーの肖像Ⅰ」、、
画像

画像

映画のタイトルは確か、、「黄金のアデーレ」だったかな、、。

そして、これも教科書で観ましたね、、

アンリ・ルソー(1844-1910年)、、「異国風景」、、
画像

画像

同じく、、「蛇使い」、、
画像

同じく、、「戦争」、、
画像

熱帯の風景に熱中していたルソーの作品は、陽気でユーモラスな印象ですね、、。

時代はさかのぼるが、、有名な絵画は、、

ウジェーヌ・ドラクロワ(1798-1863年)、、「民衆を導く自由の女神」、、
画像

画像

同じく、、「サルダナパロスの死.」、、
画像

フランス7月革命を題材にした作品で有名ですね、、。

地下3階古代から地下1階の近代のフロアーをくまなく鑑賞し終えたOTSUKYON、、
まだ1階と2階が残っています、、(でも残念ながら)、、
ピカソ、シャガール、などなど、、観たい絵画はいっぱいありますが、、
もう疲れ果てました、、(涙)、、
機会があればまた訪問したいと切に願って、、
大塚国際美術館鑑賞録を終了といたしましょう、、

いつもご訪問いただき、人気ブログランキングに投票、ありがとうございます、、

お気に召してくだされば、是非こちらを、、

1日1回、ランキング「ポチっと一つ」ご協力お願いいたします!
↓↓ここをポチっとクリック、よろしく m(_ _)m

カメラ ブログランキングへ

Camera : OLYMPUS OM-D E-M5 MarkⅡ
Lens : OLYMPUS M.ZUIKO Digital ED14-150mm F4.0-5.6 MSC
Lens : OLYMPUS M.ZUIKO Digital ED9-18mm F4.0-5.6
絞り優先オート ISOオート F5.6-11 WBオート


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 127

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

2016年01月23日 06:31
私も エデンの園 好きです。
優しさに満ち溢れた絵ですね。素晴らしいです。
物語が感じられます。

お疲れの鑑賞会でしたね。時間はどのくらい掛かるのでしょう?とても、一日では足らないのでしょうか?
疲れると思われます、休み休み見なければ~頭も目も疲れますね。心は充満かもしれませんが。
2016年01月23日 17:43
ママさん、こんにちは^_^
いつもポチッとありがとうございますm(_ _)m
また、楽しいコメントも毎回頂戴し、大変嬉しく存じます。
午前10時過ぎから午後4時前まで、パンケーキを食べた30分を除き、ほぼ5時間、それは疲れますよね^^;
古代から近代まで制覇しましたが、、(好きな絵画の前では止まり写真を、その他は歩きながらチラチラ見るだけ)、、まだ現代の200点ほどは断念しました(ー ー;)
到底一日では足らないと思います。
好きな作家や興味のある時代に絞るべきだと思います。
専門家のママさんも、一度訪れてはいかがでしょうか?
2016年01月24日 06:32
OTSUKYONさん、こんにちは。
え?
一日では観れない程のボリュームなんですか?
ますますハードルが上がりましたね。
一度は観たいのですが…。
2016年01月24日 12:40
こんにちは。
表紙の「エデンの園」に描かれた女性の視線が良いですね~こんな視線で見つめられたら男性として最高です。寒々とした歩道の中、女性の視線と柔らかく暖かそうな手を感じます。
解説も読ませて頂きました。「エデンの園」と付けられたタイトルの理由が分かりました。私がタイトルを付けるとしたら「つかの間の出会い」…なんて(笑)。
大塚国際美術館の壁画や絵画、楽しませて頂きました。ありがとうございます。
2016年01月24日 15:27
やっちゃん、こんにちは、、いつもポチッと投票ありがとう!
まあ見る側の熱心度によりかかる時間は変わりますね、、歩きながらさっと見る程度なら、1000点すべて見ても1点10秒で170分ほど、階を移動する時間と休憩時間を加えても、4時間は必要でしょうね、、(涙
2016年01月24日 15:43
トラッキーさん、こんにちは、、いつもポチッと投票ありがとう!
私もこの「エデンの園」には思い入れが強いですね、、学生時代に美術の教科書でも見た記憶はありますが、、女性の笑顔が堪らないですね、、もう、彼女の冷えた体を抱きしめたくなりますね、、(汗
そうですか、、「つかの間の出会い」、、私なら、「再会」とでも、いや英語で“Our reunion”とでもしましょうか?、、、、“meet”のような軽い感じはダメでしょうね、、(苦笑
いつも楽しいコメントありがとうございます、、。

この記事へのトラックバック