びっくりポンの大塚国際美術館鑑賞録(その四)ルネサンス・受胎告知いろいろ

徳島県鳴門市の「大塚国際美術館」、、ようやく地下3階から2階に上がって来ました、、ちょっとお疲れで、モネの大睡蓮の近くにあるカフェに行きます、、そして、とんでもないパンケーキを食す、、
画像

なんだこりゃ、、スゴイ、、ガラスのコップを開けると、、ナンと、、カラフルなジュレ、、
画像

またまたすごい事になった、、
画像

“悪(ワル)のデザート”デビルパンケーキ、、どこから食べようか?、、不思議なお味、、でした、、

さて、地下2階の案内図を、、
画像

ルネサンス~バロック、、とんでもない数の作品が並んでいます、、困った、、
聖母マリアの受胎告知を中心に観て行きます、、。

画像

画像

実は、受胎告知のタイトルの作品は14もあります、、OTSUKYONが気に入ったものだけ並べると、、

マルティーニ、シモーネ、、
画像

ティントレット、、
画像

ベッリーニ、ジョヴァンニ、、
画像

あの有名な、レオナルド・ダ・ヴィンチ、、
画像

そして、聖母像も多くあり、、
ティツィアーノ 「聖母被昇天」、、
画像

ラファエッロ 「小椅子の聖母」、、
画像

このフロアーは、とっても微笑ましい作品が多く、、時間をかけて鑑賞しました、、

そして、バチカン宮殿の署名の間にある壁一面の大作、、これは時間を忘れて見入りましたね、、

ラファエッロ 「聖体の議論」、、
画像

中央のキリストと左右に聖母、ヨハネ、、
画像

画像

カソリックの教義を壮大なスケールで描いています、、

そして、ラファエッロ 「アテネの学堂」、、
画像

話しながら歩いてくる中央のふたり、、左がプラトン、右がアリストテレス、、
画像

画像

古代ローマの英知を表現する、大迫力でした、、

ルネサンスはまだまだ続きますが、今日はこの辺でお仕舞いといたします、、


いつもご訪問いただき、人気ブログランキングに投票、ありがとうございます、、

お気に召してくだされば、是非こちらを、、

1日1回、ランキング「ポチっと一つ」ご協力お願いいたします!
↓↓ここをポチっとクリック、よろしく m(_ _)m

カメラ ブログランキングへ

Camera : OLYMPUS OM-D E-M5 MarkⅡ
Lens : OLYMPUS M.ZUIKO Digital ED14-150mm F4.0-5.6 MSC
Lens : OLYMPUS M.ZUIKO Digital ED9-18mm F4.0-5.6
絞り優先オート ISOオート F5.6-11 WBオート


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 112

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

2016年01月15日 19:08
学生時代に美術史を学んだのですが、まさにそのまま 歴史を直に感じられる 凄い絵画の量・・・驚きますね。
外国へ行ったとしても とてもこれだけの量・実物は観られません。美術の専攻をする学生さんには あらかじめ~ここで勉強させてあげると良いかも?
もちろん、現場で本物に接する感動も大切だと思いますが・・・。まずは此処からでも可!
2016年01月16日 00:28
ママさん、こんばんは、、いつも本当にありがとうございます!
美術史を学ばれたママさん、ここは一度ご訪問されることをお奨めします、、。
地下3階から上の階に行くに従って現代まで、歴史を物語る貴重な絵画が一堂に会しているのですから、、。
展示の仕方やライティングがまた素晴らしいですね、、。

この記事へのトラックバック