道後温泉本館のライトアップ・・・蜷川実花の道後アート2015、、幻想的です!

1月21日のつづき、今日の一番のお目当ては、、道後温泉本館のライトアップ「蜷川実花の道後アート2015」、、ちょっと長くなりましたが、飛ばし飛ばしご覧ください、、
画像

いつもなら120年の歴史を伝える重厚な佇まいのはずが、、これはスゴイ、、写真家・蜷川実花の派手やかなアートに染まっている、、
画像

蜷川実花×道後温泉 道後アート2015 :期間は2016年2月29日まで、、
一昨年、道後温泉本館改築120周年の大還暦を記念して開催されたアートフェスティバル「道後オンセナート 2014」に続く形で実施される同企画、、
テーマであった“最古にして、最先端”を引き継ぎ、、メインアーティストに蜷川実花を迎えて2015年5月1日から10ヶ月の会期中に様々なアート作品を展開していく、、

第一弾 :蜷川実花の写真による路面電車のラッピング、、堤灯ゲートの設置、、道後温泉本館のエントランス陣幕や暖簾の設置など、、

第二弾 :うちわの配布、、スプレー菊の写真を使ったグラフィカルな浴衣、、ウエディングドレスの展示など、、

そして第三弾 :改築122年目を迎えた道後温泉本館が鮮やかな蜷川実花作品で彩られ、、北側のガラスや障子には様々な花の写真が設置され、、更に夜間は南側の3階に映像作品が投影される、、

蜷川実花さんは、ご存知 映画監督・蜷川幸雄さんの長女ですね、、。

それでは、カラフルな写真を並べて行きます、、
画像

画像

画像

画像

画像

画像

本館三階の屋上に設置されている振鷺閣(しんろかく)は、約一坪の周囲に赤いギヤマンの障子で、夜になると中央天井から釣ランプを灯している、、
画像

画像

画像

当時はネオンもなく湯の町の夜空に異彩をはなったと言われています、、。

道後温泉は、「日本書紀」にも登場するわが国最古の温泉、、
明治27年(1894年)に建築された木造三層楼の本館は道後温泉のシンボル、、
今年で122年目を迎えます、、
振鷺閣の屋上には伝説の白鷺を据え、毎朝6時に太鼓の音で開館を告げるなど、、
歴史ある温泉情緒をかもしだしています、、
でも、この本館は松山市が経営する大衆浴場なんですね、、

そして、本館の北西にある道後麦酒館の近くの広場には、、
画像

小説「坊ちゃん」の登場人物が勢ぞろい、、オモシロい、、

さて、反対の道路側から見ると、、
画像

画像

画像

道後温泉本館のイラストより、、
画像

神の湯(かみのゆ)は2階席と階下に分けられていて、、霊の湯(たまのゆ)は3階個室と2階席に分けられています、、
その他、明治32年(1889)に建てられた皇室専用の湯殿・又新殿(ゆうしんでん)もあります、、。


そろそろ撤収、、ハイカラ通りを駅に向かいます、、
画像

通りのL字形のところには、、道後温泉椿の湯、、
画像

ここの暖簾もアート作品ですね、、
画像

道後商店街の中央付近に位置し、市民の湯としても親しまれている公衆浴場、、
昭和59年に改築され、現在も市民に愛されている、、。


最後まで拙ブログにお付き合い、ありがとうございます、、
もう少し道後ネタがつづきます、、乞うご期待!!


いつもご訪問いただき、人気ブログランキングに投票、ありがとうございます、、

お気に召してくだされば、是非こちらを、、

1日1回、ランキング「ポチっと一つ」ご協力お願いいたします!
↓↓ここをポチっとクリック、よろしく m(_ _)m

カメラ ブログランキングへ

Camera : OLYMPUS OM-D E-M5 MarkⅡ
Lens : OLYMPUS M.ZUIKO Digital ED14-150mm F4.0-5.6 MSC
絞り優先オート ISOオート F5.6-11 WBオート
iPhone 6S


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 142

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい

この記事へのコメント

2016年02月09日 15:27
こんにちわ。
あの温泉の建物が・・・・・。
何とも言えませんが、ふ~と、深呼吸して、考え込んでしまいました。
2016年02月09日 23:24
We-Keawさん、こんばんは、、いつもありがとうございます。
そうなんです、、道後温泉本館が建設されて120周年の2013年に1回目の道後温泉アートが開催され、今回で3回目、、段々とど派手になってきましたね、、若いお客を集めようと頑張っているのでしょうが、ちょっとやり過ぎ感はありますね、、。
2016年02月10日 16:58
独特の色使い・・・妖艶ですね。
ちょっと Hなイメージかも?
妖艶過ぎて・・・ついていけない? 昔の落ち着いた風情の方が良いと思われる人が多いかも?
2016年02月10日 18:17
ママさん、こんにちは、、いつもポチッとありがとうございます。
そうですね、、妖艶なイメージあります、、湯宿の中で秘め事が、、ナンて、妄想してしまうほど色鮮やか、、まるで妖艶な花が虫を誘うような、、そんな雰囲気ですね(苦笑
写真の素材は花なんですね、、色彩はちょっと度が過ぎているようにも感じますね、、。
もう少し道後ネタがつづきますが、お付き合いください、、
お願いします、、
2016年02月11日 16:19
いつか四国一周旅行をしたいなと思っています。
道後温泉ってこんなに華やかなんですね。
これで一泊は道後温泉にキマリです。
コメントしないときも「ブログランキング」ぽちっと一票入れていますヨ^^
(時々押し忘れますが・・・)
2016年02月11日 16:24
道後温泉の夜景、きれいで、独特の雰囲気があります。
「千と千尋の神隠し」のシーンを思い浮かべました。
2016年02月11日 22:30
OZMAさん、こんばんは、、いつもありがとうございます。
四国に行くなら道後温泉ですよ、、温泉宿に宿泊しても、この道後温泉本館にはぜひお出かけください。
私は毎日1票入れてますよ(笑顔
GAKUさん、こんばんは、、ご無沙汰しております。
ときどきお邪魔するのですが、お忙しいようですね(苦笑
その通り、、ジブリ映画の油屋はこの本館をある程度参考にしたようですね、、。

この記事へのトラックバック