第39回日本アカデミー賞、、観た映画の受賞に納得!

第39回日本アカデミー賞のノミネート作品が発表され、4日最優秀賞その他の各賞が決定した、、2015年に公開された映画が対象、、一応映画大好き人間のOTSUKYONも、、「この作品はノミネートされるだろうな、、おそらく最優秀はこれだろうな、、」と考える作品はシアターで鑑賞した、、そして、予想通りにこの作品が最優秀作品賞を受賞した、、

『海街diary』 是枝裕和監督と4姉妹、、
画像

吉田秋生さんの同名漫画が原作で、、鎌倉に住む3姉妹と、父親の死で母親違いの妹が一緒に暮らして行く、、
それぞれに個性的な4姉妹の自由奔放な生き様が、とっても新鮮で感動的で、娘を持つ父親としては、、
最も気になる映画であった、、

優秀作品賞の結果はこれ、、
画像

この5作品の中で、OTSUKYONが観た、海街diary、、日本のいちばん長い日、、母と暮せば、、
この3作品の中から最優秀作品賞が出ると考えていたが、、
本心では一押しは、、海街diaryであった、、
画像


この映画は最優秀監督賞も受賞し、、文字通り2015年を代表する映画であると言える、、
今日のブログは、OTSUKYONが鑑賞して感動し、ブログに掲載した内容を備忘録にまとめることにしました、、
それでは始めます、、


映画『海街diary』、、四姉妹の奔放な生き様にくぎづけ!、、2015/06/25掲載、、
画像

ここをクリック⇒ 映画『海街diary』

6月13日公開、観たいと思っていた映画『海街diary』、、
四姉妹の奔放な生き様、心の葛藤、亡き父の記憶、、それぞれが異なった想いを抱いて育ったが、、
母を憎む気持ちと亡き父を慕う気持ちは共通している、、
長女、次女、三女の母と四女の母は異なる異母姉妹、、
最後に亡き父と暮らした四女を鎌倉の一軒家に呼び寄せ、、家族を捨てた父が残してくれた家族・四姉妹の暮らしがはじまる、、。


映画 『日本のいちばん長い日』 を観て終戦の日に想う!、、2015/08/15掲載、、
画像

ここをクリック⇒ 映画 『日本のいちばん長い日』

終戦70年の節目の年、、もっとも注目される映画が8日に公開された、、
映画 『日本のいちばん長い日』 、、平日の12日、MOVIX京都、、
1日に8回も上映されるがチケット購入の列は長く、14:50開演のシアター⑥、最後のシートA-2をゲットしたOTSUKYON、、
首がだるくて観ずらかったが、その映画は俗にいう戦争映画では決してない、、
無条件降伏?一億玉砕?、、広島と長崎に原子爆弾が投下され、ソ連軍が満州国に侵攻する、、
ようやく1945年8月15日正午、昭和天皇の「玉音放送」によりポツダム宣言を受諾し、無条件降伏を甘受する方針が決定されたが、それを阻止しようとする青年将校たちのクーデター、、
まさに超一級の歴史ドキュメントと言えよう、、 。


映画『母と暮せば』、、感動の泪の後は、〆の博多ラーメン・一蘭だ!、、2015/12/28掲載、、
画像

ここをクリック⇒ 映画『母と暮せば』

洋画部門ではおそらく断トツの興行収入になるだろうスターウォーズを観て、年甲斐もなく興奮冷めやらないOTSUKYON、、
今度は邦画部門では今年最大のヒットになると予想される、、映画『母と暮せば』、、
名匠・山田洋次監督自身が、生涯で一番大事な作品を創ろうとの思いでメガホンを取った映画、、
前評判どおりの感動作品に場内では鼻をすする音がそこかしこから、、
OTSUKYONも当然感動の泪を、ポロリ、、。

昨年の第38回は、永遠のゼロが各賞を総なめしたが、、39回は僅差であったのかも知れない、、。

さて、ここで日本アカデミー賞表彰式では毎年注目される女優陣の艶やかな衣装、、
画像

映画『海街diary』の4姉妹、、向かって左から、、
夏帆(香田千佳役)、、綾瀬はるか(香田幸役)、、長澤まさみ(香田佳乃役)、、広瀬すず(浅野すず役)、、
皆さんお美しいですね、、

その中で断トツに注目度No.1は、、長澤まさみさん、、露出度の高いセクシー衣装で会場の視線を釘付け、、
画像

画像

画像

シースルーの生地なのに、さらに左の腕、太もも、背中が超露出、、もう、どっきりポン、、でしたが、、
もっと驚いたのは、、マイナビニュースより、、
画像

360度方向からの写真には、OTSUKYONも釘付け、メロメロ、、でした、、

今日のブログはお仕舞いです、、最後までお付き合いくださり、、

いつもご訪問いただき、人気ブログランキングに投票、ありがとうございます、、

お気に召してくだされば、是非こちらを、、

1日1回、ランキング「ポチっと一つ」ご協力お願いいたします!
↓↓ここをポチっとクリック、よろしく m(_ _)m

カメラ ブログランキングへ

撮影機材: iPhone 6S

この記事へのコメント

2016年03月07日 20:15
こんにちは

男優さんや女優さんの
オーラは実際に見るとよく感じます
先月も映画にエキストラ参加しました
我々は一背景ですが
一日ご一緒させていただくだけでも
とても楽しいです
2016年03月07日 21:03
無門さん、こんばんは、、コメントありがとうございます。
エキストラとして映画に出演されたのですね、、素晴らしい経験をされましたね、、私もそんな経験がしたいです、、。
近くで見る俳優さんは、やっぱり違うオーラを発しているのですね、、スゴイです、、。
いつもランキングにポチッとありがとうございます、、アクティブな活動を続けておられる無門さんには、いつも注目しています。
2016年03月08日 13:40
こんにちは。
映画からは大分遠のいてしまい、最近の映画は殆ど知見が無かったのですが、それでもOTUKYONさんの解説を拝見すると面白さが分かる様な気になってきました。「日本の一番長い日」は過去に見た事がありますが、キャストも新たになり面白そうな感じもします。長澤まさみさんはやはりドキッとしますね。
2016年03月08日 19:25
こんばんは、いつもランキングにポチッとありがとうございますm(_ _)m
去年私が感動した映画をブログにアップしてめしたが、その中から3作品が優秀賞に選ばれましたので、嬉しかったですね(-_^)
私の見る目もまんざらではないと、溜飲を下げました^_^
一緒に喜んでくださり、大変嬉しかったです(^.^)
最優秀の映画の中でも、長澤まさみさんのドキドキのシーンがありました^^;

この記事へのトラックバック