路面電車が走る街・浜大津ぶらり、、三条京阪で名物・中華そば、、

前回ブログのつづきです、、大津祭曳山展示館を見学したOTSUKYONは、路面電車が走る街・浜大津をぶらり、、実は前から商店街の向こうに路面電車が通る風景を写したいと考えていました、、その写真がこれだ、、、

画像

車と人にちょっと邪魔されたが、、水色の車両は、京阪電車京津線 800系、、場所は大津市中央一丁目、、

画像

現在地は丸屋町商店街、、路面電車の向こうは菱屋町商店街、、アーケードになっていて天井には、、‘ちま吉’の垂れ幕があり、、

画像

交差点の道路側の信号が赤になると、なぜか街の活動が停止してしまったような感じ、、静かな日曜日の正午前、、そこには若いカップルのみ、、

商店街は人通りもまばら、、シャターが下りる店もあり、ここもやっぱり過疎が進んでいるのだろうか、、、、。


さて、写す物も見当たらず、、これから名物の力餅を食べに行きます、、

画像

三井寺力餅本家、、販売だけでなく、小さなカフェがあります、、

画像

力餅と抹茶を注文し、、大八車のテーブルで待つ、、

画像

この店で昔使っていたそうだ、、懐かしい、、

画像

甘~い力餅を食べて、ちょっと苦い抹茶を飲む、、幸せのひと時ですね、、


さてこれからどうしよう、、


大津港口にあるラーメン屋、、好きな店、、天下ご麺大津店、、??

いやいや三条京阪まで我慢しよう、、行く店を決めました、、

駅前の高架橋から、、800系が浜大津駅に入線する写真を添付し、、(過去に写した写真です)、、

画像

画像

4両編成の車両が交差点をゆっくり曲がります、、。


これも以前の写真ですが、、石坂線の運転席から見た浜大津駅、、

画像

交差点は電車、車、人が行き来しますので、信号を良~く確認していないと、電車に警笛を一発くらいますね、、

そして駅の改札に向かい、、

画像

太秦天神川行きのスマートな車両に乗ります、、

画像

浜大津駅~上栄町間が路面軌道、、2年ほど前に脱線事故を起こしたこともありました、、

画像

上栄町駅に入る800系、、(これも以前の写真)、、

画像

この駅を降りるとすぐ大津赤十字病院があり、ときどきコンサルで訪問します、、。


この京阪電車京津線、、浜大津と京都を結び、逢坂山の峠を越える、ちょっとした山岳路線、、

上り下りとカーブが多く、、OTSUKYONは好きな路線なんです、、


30分ほどで三条京阪に到着、、向かうのはこの店、、明示37年創業の篠田屋(しのだや)、、

画像

当店の昔から変わらぬ一番人気メニューは、、昔ながらの中華そば、、

画像

お値段は今どきこれ?、、500円、、スゴいコスパ、、最初からコショウがふってあるという親切な中華そば、、

でも、流石に一番人気です、、醤油ベースの懐かしい味には、ちょっと感激しました、、美味しい!、、


ちなみに、その他の人気オリジナルメニューは、、

画像

名物・皿盛(さらもり)、、大皿にご飯、上にトンカツをのせて、カレーうどんのルーをかけたもの、、

画像

デラックス丼、、天ぷら、玉子、肉入り、いろいろな味がミックスされた丼、、

他にも昔ながらのメニューがいっぱいあり、、OTSUKYONはしょっちゅう来ますが、店員のサービスは悪いのでびっくりしないように、、


以前のブログにこの店の歴史を記載しています、、


1987年5月、京阪本線三条駅が地下化され、、1997年10月、京津線は地下鉄東西線開通とともに地下化されました、、。


地上に駅があったときの写真は、、

画像

画像

篠田屋の看板、、見えますか?、、まだ20年ほど前のことなんですね、、昔は浜大津駅も三条駅も地上の路面軌道だったのですね、、思い出します、、


という訳で、、最後はやっぱりラーメン情報、、大好きなんでお許しください、、

今日のブログはお仕舞いです、、最後までお付き合いありがとうございます、、


いつもご訪問いただき、人気ブログランキングに投票、ありがとうございます、、


お気に召してくだされば、是非こちらを、、


1日1回、ランキング「ポチっと一つ」ご協力お願いいたします!

↓↓ここをポチっとクリック、よろしく m(_ _)m



Camera : OLYMPUS OM-D E-M5 MarkⅡ

Lens : OLYMPUS M.ZUIKO Digital ED14-150mm F4.0-5.6 MSC

絞り優先オート ISOオート F5.6-11 WBオート

iPhone 6S


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 139

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

2016年03月15日 01:41
篠田屋の近くは花見小路に行った時によく通るのですが、車をを止めるところが少なくて、あの時一回行った切りで、中華そばと皿盛りしか食べたことがありません。
デラックス丼も食べてみたいですね。
店員さんは六条河原からやって来られるのでしようか?(笑)
2016年03月15日 23:34
達さん、こんばんは、、いつもポチッと投票ありがとうございます。
そうですね、駐車場は近くにないですね、、私は基本交通機関を使いますので、いつでも入ろうと思えば入れます、、。
まあ、何でも揃ってますし、値段の割には美味しいかなって感じですね、、デラックス丼、、微妙な味でしたが、変わった丼でした、、。
そうですね、、罪人の亡霊のような、愛想のない接客、、もう慣れました、、(苦笑
2016年03月16日 09:19
昔のお店の対応はそういう感じが多かったような?
わが町でも 小売業で こちらがお客様なのに・・・お店側は 「 売ってやる~ 」というような 【殿様商法】が 蔓延して居ましたよ。昔の城下町ですからね。なにかと いまだに古い体質です。
2016年03月16日 18:57
ママさん、こんばんは、、いつもありがとうございます^_^
昼時の忙しい時間に行きましたし、店はほぼ満席状態で、フロアの店員はおばさんひとり、そりゃ無愛想になりますよね^^;
観光客も多く、変わったメニューの説明も必要ですしね、まあこの店は昔から同じです。
2016年03月17日 18:56
こんばんは。
大八車のテーブル、面白いですね。お洒落なテーブルになりますね。子ども達に「大八車」と言っても分からないかもしれません(笑)。
篠田屋さんの中華そば、懐かしさがいっぱいですね。器が良いですね~昔はどこのラーメン屋さんでも見られたものです。醤油ベースのスープ、味わってみたい~
2016年03月19日 00:36
トラッキーさん、こんばんは、、いつもポチッとありがとう!
大八車、、私たちの子どものころにはまだありましたね、、。
超レトロな街の食堂、、昔懐かしいハイカラな料理が並んでいますが、この中華そばは人気No.1でしたね、、。
ごく普通の醤油ラーメンですが、意外と叉焼がちょっと多く載ってますね(苦笑

この記事へのトラックバック