江若鉄道廃線50年、、線路のあった沿線を歩く!(その一)

あの至上最長のGW10連休の中の5月2日、、初夏というよりまるで真夏のような紫外線が降り注ぐ快晴の日、、新天皇即位の翌日、政府が作った「国民の休日」、、何か健康に良いことがしたいと考え、、江若鉄道廃線50年、線路のあった沿線を歩く!、、今回は、起点の「浜大津駅」「日吉駅」(現在のJR湖西線・比叡山坂本駅)の間を、Google Mapによると約7.6Km(徒歩1時間36分)とあるが、、iPhone6Sで写真を写しながら歩いた、、
画像

県道558号線を歩くと2分早いとのことだが、、JR比叡山坂本駅前⇒京阪電車・びわ湖浜大津駅前まで、、
上図のグレーの〇印に沿って、ほぼJR湖西線の高架線を見ながら歩くと、江若鉄道の線路のあったルートなんだとか、、
画像

ここで、「腹が減っては戦はできぬ!」、、駅の高架下のラーメン屋で腹ごしらえ、、(最後にご紹介、、)、、
いざ、出発しましょう、、

さて、比叡山坂本駅前、、
画像

画像

地図の黄色⇒が江若鉄道・日吉駅、、その下に隣りの駅、叡山駅があった、、
このあたりは湖西線の高架線の敷地とほぼ重なるルート、、
現在は湖西線と平行に国道161号線湖西バイパスが走っている、、
画像

ここ坂本は、明智光秀ゆかりの地、、(来年の大河ドラマが楽しみだ!)、、
画像

南下すると、、
画像

こんなものを見つけた、、
画像

画像

江若鉄道の遺物?に見えてしまう、、
画像

こんな田園地帯を50年前まで走っていたんだろう、、

叡山駅があったであろうと考えられるあたりに、、
画像

お地蔵様がかたまっている、、線路脇に町があったのだろう、、
画像

これは何だろう?、、鉄道の遺品か?、、。

もうすぐJR唐崎駅が近づく、、
画像

画像

唐崎吾市宮、、
画像

このあたりは、湖西線の少し北側を江若鉄道線は走っていた、、
画像

地図中の黄色⇒が滋賀駅周辺になる、、
このまま湖西線沿いに廃線は通っていた、、
画像

滋賀駅があっただろうあたり、、。

そして、江若線は湖西線高架から東にずれていく、、
画像

上の写真の左へ向かう、、
画像

上の地図のピンクの⇒方面へ、、
画像

そして、近江神宮外苑公園内に、競輪場は去年まであった(現在は更地になっている)、、
画像

この更地になった場所に、、
画像

本年、複合型商業施設「ブランチ大津京」ができる予定だ、、

神宮道の二本松交差点あたりに、、
画像

上の地図の黄色の⇒競輪場前駅はあった、、。

さらに南下すると、JR大津京駅の少し東に、、イオンスタイル大津京、、
画像

駅前のランドマークのタワーマンションがあり、、
画像

このあたりの地図は、、一番上のピンクの⇒のあたりが現在地、、
画像

そして、さらに南下して、皇子山球場と総合運動公園の東側を江若線は通り、、
画像

画像

三井寺下駅と周辺の車両基地へ、地図の一番下のピンクの⇒の方面に向かう、、

この先、浜大津駅までは「大津絵の道」として整備保存されていて、見所が多い、、
つづきは次回のブログにて、、乞うご期待!、、、、

オマケ、、江若鉄道の思い出(大津市歴史博物館編)より、、
画像

画像




江若鉄道の思い出 ありし日の沿線風景[本/雑誌] / 大津市歴史博物館/編
CD&DVD NEOWING
★書籍商品の購入に関するご注意コチラ↓より、初回盤・特典の詳細、在庫情報・出荷状況をご確認ください。


楽天市場



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック