最近の映画『天気の子』と『アルキメデスの大戦』、、日本のアニメとVFXは素晴らしい!

いつもの大津アレックスシネマでロードショー公開を待ち望んでいた映画を鑑賞した、、日本を代表するアニメ映画監督・新海誠氏の映画『天気の子』と、CGを駆使したVFX映画の巨匠・山崎貴氏の映画『アルキメデスの大戦』、、大津アレックスシネマはシアター数が5つと小さな映画館、OTSUKYONが希望する映画が上映される保証はないが、さすがにこの2作品は配給に漏れることはなかったようだ、、(ヨッシャ~)、、観た日にツイッターにはアップ(@otsukyon)しているが、、この2作品は、今や日本の超得意とするアニメ映画とVFX映画の巨匠が作り上げた作品、、とっても素晴らしい出来栄えであったので、ブログにも掲載して置くことにした、、((= ̄□ ̄=;))ナ、ナント!!、ヽ((◎д◎ ))ゝヒョエ~、、。

最初に140文字のツイッター画面より、、
天気の子とアルキメデスの大戦ツイッター画面.jpg
最大4枚の画像と短い文章では、到底OTSUKYONの感動は伝わらないと思う、、
それでは、映画の公式HPや映画.comの記事をもとに、、個人的な感想を書いていこう、、


映画『天気の子』

パンフ表は、、
IMG_2309 (編集済み).JPG
ロケ地の「代々木会館」、そしてビルの屋上にある「朝日稲荷神社」の鳥居、、聖地として賑わうのでしょうね、、。


パンフ裏の全面は、、
IMG_2310 (編集済み).JPG
「六本木ヒルズ 屋上スカイデッキ」、、これも聖地で賑わうのでしょうね、、。


あらすじ、、

「君の名は。」が歴史的な大ヒットを記録した新海誠監督が、天候の調和が狂っていく時代に、運命に翻弄されながらも自らの生き方を選択しようとする少年少女の姿を描いた長編アニメーション。離島から家出し、東京にやって来た高校生の帆高。生活はすぐに困窮し、孤独な日々の果てにようやく手に入れたのは、怪しげなオカルト雑誌のライターの仕事だった。そんな彼の今後を示唆するかのように、連日雨が振り続ける。ある日、帆高は都会の片隅で陽菜という少女に出会う。ある事情から小学生の弟と2人きりで暮らす彼女には、「祈る」ことで空を晴れにできる不思議な能力があり……。
「兄に愛されすぎて困ってます」に出演した醍醐虎汰朗と「地獄少女」「Last Letter」など話題作への出演がひかえる森七菜という新鋭の2人が、帆高と陽菜の声をそれぞれ演じる。そのほかの出演に小栗旬、本田翼、平泉成、梶裕貴、倍賞千恵子ら。「君の名は。」に続いて川村元気が企画・プロデュース、田中将賀がキャラクターデザイン、ロックバンド「RADWIMPS」が音楽を担当。RADWIMPSが手がける主題歌には女性ボーカルとして女優の三浦透子が参加。(映画.comより)

(公式HP、映画『天気の子』予報②より)

(公式HP、映画『天気の子』スペシャル予報より)、、2002年からの新海作品がレビューできる!

さて、OTSUKYONの感想は、、

新海監督の繊細な描写が素晴らしい、、
特に大都会東京の描写はまるで写真に撮影したような細部まで忠実に表現され、また今回の作品では雨・空・光の描写が秀逸であった、、
地球温暖化による異常気象で東京は連日の豪雨、、家出少年の都会での成長と「祈る」ことで空を晴らすことができる少女との出会い、、
少女を救うために警察の捜査を撹乱する、、現代の社会事情もしっかり反映させている、、
『君の名は。』に劣らぬ出来栄え、、必見の映画ですね、、

原作・脚本・監督の3つをこなす新海監督の才能には、恐れ入りました!!

大津アレックスシネマのロビーにて、、

IMG_2315 (編集済み).JPG
IMG_2316 (編集済み).JPG
IMG_2314.JPG
劇場スタッフの手づくり感満載のセット、、気合の入れ方が半端じゃない!、、
いつも楽しませていただいてます、、


映画『アルキメデスの大戦』

パンフ表は、、
IMG_2348 (編集済み).JPG

パンフ裏は、、
IMG_2351 (編集済み).JPG

あらすじは、、

戦艦大和の建造をめぐるさまざまな謀略を描いた「週刊ヤングマガジン」連載の三田紀房による同名マンガを、菅田将暉主演、「ALWAYS 三丁目の夕日」「永遠の0」の山崎貴監督のメガホンで実写映画化。日本と欧米の対立が激化する昭和8年、日本帝国海軍上層部は巨大戦艦・大和の建造計画に大きな期待を寄せていたが、海軍少将・山本五十六はその計画に待ったをかけた。山本は代替案を提案するも、上層部は世界に誇示する大きさを誇る大和の建造を支持していた。山本は大和の建造にかかる莫大な費用を算出し、大和建造計画の裏に隠された不正を暴くべく、天才数学者・櫂直を海軍に招き入れる。数学的能力、そして持ち前の度胸を活かし、大和の試算を行っていく櫂の前に帝国海軍の大きな壁が立ちはだかる。菅田が櫂役、舘ひろしが山本五十六役を演じるほか、浜辺美波、柄本佑、笑福亭鶴瓶らが顔をそろえる。(映画.comより)


(公式HP、菅田将暉主演『アルキメデスの大戦』予告映像より)

登場人物の相関図は、、
人物相関図.jpg
映画冒頭の5分半、、
特攻作戦に出撃する途中、鹿児島県の坊ノ岬沖で沈没して行く戦艦大和の姿、、
CGを用いたVFXの映像には度肝を抜かれた、、
アルキメデスイントロ.jpg


さて、OTSUKYONの感想は、、

圧巻のVFX映像に尽きる、、『ALWAYS 三丁目の夕日(シリーズ)』『永遠の0』『DESTINY鎌倉ものがたり』などでその卓越した技術は実証されてはいるが、、今回の作品では、それがさらに進化した印象を受けた、、

ストーリーは同名マンガの1巻~3巻が、映画の公式HPにて無料で閲覧できる、、

ヒロイン役の浜辺美波は、原作とは異なり映画では尾崎造船財閥のお嬢さんの役に変更されている、、

主人公の天才数学者・櫂直(菅田将暉)は、数式を駆使して戦艦大和の建造費が過少に捏造されていることを証明し、、

また、その設計図に重大な欠陥を発見するが、、

建設計画を阻止することはできなかった、、

建設された本当の理由が明かされる、、これには驚いた!、、

大津アレックスシネマのロビーには、、
IMG_2353 (編集済み).JPG
大きな手製のパネルが展示してあった、、
いつもツイッターのいいね!を押してくださる支配人さん、ご苦労様でした、、

それでは今日のブログはお仕舞いです、、最後までお付き合いありがとう!、、
映画って、素晴らしいですね、、.:♪*:・'(*⌒―⌒*))) スペシャルスマイル、、。

最後に、、

素晴らしい映像をクリエーションしておられた京都アニメーションの皆さまへ、心よりご冥福をお祈り申し上げます。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2019年08月06日 05:33
何とタイムリーな二つの映画 これは この夏のお勧めですね。私もぜひぜひ観たいと思います。
すごくよく書けた【 評論 】です。これを読んだら 誰でも映画館に足を運びますよ。
【 映画評論家 】 になれます。才能がいっぱい有るのですね。
2019年08月19日 21:36
ママさん、こんばんは、、コメントありがとうございます(笑顔
映画評論家になれます?、、これはこれは身に余るお褒めのお言葉、大変嬉しいですが、ホンの真似事ですので、恐縮しています(苦笑
でも、自分自身の備忘録としては、頑張って認めましたので、孫が漢字が読めるようになったら、評価してくれるでしょうね、、。
この2作品は、この夏のお勧めですね、、ぜひぜひ観ていただきたい映画です、、
今年の夏は異常です、、近畿の中では少し涼しいはずの琵琶湖ですが、連日36度を超えています、、ママさんもお体に気をつけてお過ごしください!