ノスタルジー小説『夏の騎士』、、小学生から老人まで広い世代に感動を与える!

百田尚樹氏の最後の長編はノスタルジー小説『夏の騎士』、、読み始めるともう止まらない、還暦を越えたOTSUKYONに少年時代の郷愁を呼び覚ましてくれる素晴らしい出来栄えであった!、、「故郷や過ぎ去った時代を懐かしむ気持ち」と訳されることが多いフランス語のノスタルジー(nostalgie)、、もう半世紀以上前に京都市の市街地から少し離れた修…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more