6月の出来事②、、浅田次郎「天子蒙塵」、聖地巡礼、藤井聡太、大谷翔平などなど、、

皆さま、こんにちは、、昨晩日付の変わるころにアップしました、6月の出来事①の後半の②をお届けします、、新たなウィルスとの闘いの日々の中で超ポジティブな話題、OTSUKYONの最も関心事、いや日本中、世界中の人々の関心事は、若干18歳の藤井聡太二冠の快進撃と宇宙人だと評される大谷翔平選手の大活躍でしょうね、、この先ふたりのパフォーマンスから目が離せません、、そして、久しぶりに浅田次郎さんの魅力を再確認した私は、今、「天子蒙塵」文庫本4巻の1巻を読み終えて、2巻目に突入しています、、清朝末期、列強がアヘンの魔力を使って食指を延ばす中国にあって、日本帝国の関東軍が清朝最後の皇帝溥儀を擁立して建国した満州国、国民党と共産党の熾烈な権力争いの中で、毛沢東率いる中共が勢力を拡大する、、そんなスリリングな中国近代史を得意とする浅田次郎さんの話術に夢中なんです、、それでは始めましょう、、

6月16日、、イオンスタイル大津京店、、
いつもの未来屋書店で「天子蒙塵」を購入して、これまたいつものマクドでランチ、、というかほぼ読書(苦笑)、、
IMG_9232.JPEG
全4巻の2巻までが発売のようです、、本が立ち読みされないようにラッピングしてある、、
IMG_9233.JPG
早速1巻を開いて、、「さまよう溥儀。紫禁城を追われた最後の皇帝は、日本の庇護下に。混沌の中国で天命を、龍玉を抱く者は誰か。」、、
帯の言葉にすでにワクワク感が満載、、

昨日アップした、6月の出来事①にも書きましたが、、
OTSUKYONは浅田次郎さんの中国近代史を扱った小説が大好き、、
「天子蒙塵」は、、西太后が権力を握る清朝末期を舞台にスタートした「蒼穹の昴」(後になってこれが第1部)シリーズの第5部、、
第2部「珍妃の井戸」、第3部「中原の虹」と続き、、
第4部「マンチュリアン・リポート」は1928年の張作霖爆殺事件を扱った内容、、
そして、第5部の本書では、日中戦争突入を前にした中国を描く、、

あらすじは、、
欧州に向かった張学良が上海に帰還し、刺客たちを返り討ちに、、
清朝最後の皇帝溥儀は、満州国で再び皇帝の座に就こうとする、、
関東軍では東亜連盟を構想する石原莞爾が勢いを増していく、、
それを持つものは世を統率する力を持つ、とされる「龍玉」の伝説も、随所に織りこまれる、、

一連の小説は浅田次郎さんの長年の研究の成果に基づき、史実も含みますが、、
浅田流のフィクションが加味されて、読者の興味を掻き立てる手法が駆使されている、、
「龍玉」の存在もその手法で、歴史上の登場人物を描く際は、浅田流のアドリブが誠の真実と思えるほど巧妙で、、
ついつい文章に引き込まれて行く、、

詳細は、講談社BOOK倶楽部「蒼穹の昴」シリーズとは?を覗いて見てください、、
1887年~1934年あたりの歴史と小説の背景が理解できました、、

また、日本人も中国人も逃れられない…日中戦争の原因にもなった「幻影」の正体
浅田次郎氏・菊池秀明氏対談
こちらも興味のある内容でした、、


6月19日、、棋聖戦第2局、、藤井聡太棋聖 vs 渡辺明名人、、
スクリーンショット 2021-06-27 161439.jpg
藤森哲也五段のYouTube解説は、素人にも分かりやすく大変面白かった、、

この対戦は、去年は無冠の挑戦者だった藤井聡太が、3勝1敗で渡辺明名人から棋聖を奪取し、、
今年は迎え撃つ、、リベンジマッチですね、、
再奪還に燃える名人は、相当研究してきたでしょうね、、
ところが、第1局、2局ともに藤井棋聖が勝ち、、タイトル保持に王手!、、
感想戦では、「どこで悪手を指したのか皆目分からない」と名人を困惑させる場面もあった、、。

第2局は熱戦になり、決着したのは夜中171手目、、
この終盤では、面白いことが起きていた、、ナニナニ、、

藤井棋聖は中盤まで形勢が悪く、いつものように多くの時間を投入し「71手目」の段階で「残り5分」しか持ち時間がなかった、、
一方の渡辺名人は残り1時間30分くらいあり、その差は勝負を分けるとも考えられた、、
この「残り5分」は1分以内に指せば減らないストップウォッチ方式とはいえ、あまりにも少ない持ち時間になっていた、、
この対局は最終的には171手の長丁場になり、藤井棋聖は「残り2分」で終局、、
終盤の100手を消費時間3分で乗り切った、、
一方、渡辺名人は最後は「残り1分」を切り、カウントダウンが始まっていた、、
しかも、藤井棋聖はAIの最善手を確実に指していたのである、、
これは神業というべき出来事でしたね、、

そもそも、、
チェスクロックとストップウォッチの違いは?

チェスクロック方式・・・秒単位も含めて消費時間を計算する
ストップウォッチ方式・・・1分未満(59秒まで)の消費時間は計算しない

チェスクロック方式だと、消費時間をそのまま足していくだけですが、、
ストップウォッチ方式は1分未満を切り捨てるので、1分未満の消費時間は計算に入れないことになる、、ナルホド、、



6月26日、、アニメ聖地巡礼の経済効果について、、
スクリーンショット 2021-06-27 140336.jpg
スクリーンショット 2021-06-27 140259.jpg
IMG_9272.PNG
日経新聞の調査では、岐阜県の波及効果は253億円と試算された、、
アニメ映画『君の名は』に登場する、JR飛騨古川駅や諏訪湖の美しい風景など、、
今やインバウンドに依存するよりも、映画やアニメ効果に期待する方が得策だろうな、、

アニメ映画『君の名は。』、、メガヒットの理由を確かめたくて、、2016年11月03日

京都でも、伏見であい橋、、
スクリーンショット 2021-06-29 135546.jpg
「キミスイ」で有名になった、、住野よる原作ベストセラー小説の映画化、、
ヒロイン・山内桜良役の浜辺美波はこの映画でスターダムに駆け上がった、、
OTSUKYONの過去ブログをご覧ください、、


さて、もう一度将棋の話にもどろう、、
6月26日、、第6期叡王戦挑戦者決定戦藤井聡太二冠 vs 齊藤慎太郎八段、、
スクリーンショット 2021-06-27 140129.jpg
スクリーンショット 2021-06-27 140215.jpg
OTSUKYONのツイッターにも記載したが、、
先日の名人戦で渡辺明名人に通用しなかった齊藤慎太郎八段、、
一方、渡辺明名人に通算7勝1敗の藤井二冠、、
中盤まではAI評価でやや劣勢であった藤井二冠は、終盤見事に挽回し、、
あの藤井曲線と評されるように、一気に押し切った、、見事!、、
IMG_9280.PNG
第5期叡王・豊島将之竜王に挑戦する5番勝負、、楽しみだ!、、
IMG_9281.PNG

ここでちょっと休憩、、
銀座千疋屋の新鮮フルーツ詰め合わせ、、頂きものです、、
IMG_9275.JPG
これは絶品でしょうね、、
個々の食べごろの案内もありますが、一番美味しいころ合いを見計らうのは、難しいなぁ、、、
でも、OTSUKYONが思案することはない、、家内にお任せなんです、、

現在プロ棋士のトップ4は、、
渡辺名人・棋王・王将(三冠)、豊島竜王・叡王(二冠)、藤井王位・棋聖(二冠)、永瀬王座と言われている、、
この4人が8大タイトルを独占している、、
この中で藤井二冠が最も不得意とするのは豊島二冠、、
そのふたりが直接対決する、、炎の十二番勝負、、(たんたんチャンネルさんが命名か?)、、
IMG_9286.JPEG
現在までは、1勝6敗と藤井二冠は苦戦しているが、その実力差は確実に縮じまっている、、
6月末から4か月に及ぶ “炎の十二番勝負” は文字通り、今後の棋士界のトップランナーを決める闘いなんですね、、


さて、最後の話題は、、もちろんこのスーパースター、、

6月28日、、エンゼルス大谷翔平選手、、
IMG_9299.JPEG
IMG_9298.JPEG
第1打席がシングルヒットなら、サイクル安打+盗塁、、素晴らしい活躍ですね、、
翌日もヤンキースタジアムで26号本塁打を放ち、、メジャーリーグトップのゲレーロと並んだ、、
大谷は19年と20年の2年間で25本だった本塁打数を、今季は開幕から3か月足らずで超えた、、スゴイ、、
打者に専念すれば、ホームランキングも狙えるかもしれない、、
元祖 “二刀流” ベーブ・ルースの大記録から100年、、
このまま怪我無く無事にシーズンを終えることができたなら、、
MLBの新たな伝説を成し得ているかも知れない、、
日本の誇り、、ショーへイ頑張れー!!、、、


さて、そろそろ今日のブログはお仕舞です、、
この先数か月は、アベマTV将棋チャンネルMLBエンゼルス野球中継から目が離せませんね、、
また、7月23日(ソフトボール、サッカーは21日)からは開会式、柔道、水泳、体操、ラグビー、卓球、、、最後は陸上マラソン、、
日本時間でオリンピックが昼間に見れるのはありがたい、、
鬱陶しいコロナ番組よさらば!!!、、
皆さま、大いに楽しみましょう、、、

最後までお付き合い、ありがとうございました、、







ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 90

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい

この記事へのコメント

ゆの
2021年07月01日 07:56
OTSUKYON様

おはようございます♪
千疋屋のフルーツ、最高ですね~!!!!
まずそこに目が行きました( *´艸`)
次にアニメ聖地
これはわが県を検索しちゃいました(#^^#)
大谷さん、本当に大活躍ですね
会社に大谷さんの母校出身、といっても大先輩で
大谷さんはこちら知らないのですが
熱烈応援しています
ごみを拾ったりの気配り、きっとハートもクリアなんでしょうね
日本の誇りです
心臓
2021年07月07日 19:48
藤井九段、すごいですね~AIにも勝るほどの棋力、心配なのは天敵の豊島二冠、一局目は●でした、豊島二冠もAIで研究しているので馬が合うのかもですね、でも藤井九段は全体的に(勝率が7~8割なので)これから対戦が増えていく毎に勝率もアップしていくでしょう、期待してます!。
私も今、浪江町で将棋クラブに入ってやっているので藤井君には凄く興味あります(笑)。
ゆのさんへotsukyon
2021年11月10日 14:27
ゆのさん、コメントありがとうございます。
長らく失念しておりました、すみません。
ゆのさんもいろいろなことにご興味があるゆうですね、うなずけるご意見がほとんどです。
心臓さんへotsukyon
2021年11月10日 14:33
心臓さん、お返事が大変遅くなり、すみません。
藤井さんの将棋を見ていると、終盤はほぼAIの最善手を指しますね、普通のプロからも人間には指せないと、あきらムードですね。
どこまで強くなるのか、末恐ろしい天才ですね。