映画『ノア 約束の舟』、、一大スペクタクルに興奮、でも所詮作り話、、

映画『ノア 約束の舟』、、久々の映画館で観て来ました、、巨大な箱舟、あらゆる動物達の様子、そして大洪水、、一大スペクタクルCG画面には圧倒されたが、、OTSUKYONが期待した、旧約聖書・創世記の記述をどのように映画で表現したのか?、、(ちょっとがっかり、、)、、確かに旧約聖書の時代を知る人間は生存していないので、所詮作り話、、大迫力に圧倒されるスゴイ映画ではあったが、観る人に考えさせる何かを残せるほどの作品ではなかった、、しかし、備忘録に残す価値はあると考えて、ブログをしたためている、、
画像

映画の冒頭に、、以下のメッセージが流れる、、

 人間は堕落し、地上には悪がはびこった。
 そして、主は仰せられた。
 人間を、地上から消し去ろう―
        旧約聖書 創世記より


OTSUKYONの期待度は高まるのであった、、
画像

ヤフー映画より、、抜粋、、

夢の中で世界滅亡を意味するかのような光景を目にしたノア(ラッセル・クロウ)。
それが神からのお告げであり、全世界を飲み込むほどの大洪水がやって来ると悟った彼は、その日から家族と共に一心不乱になって巨大な箱舟を造る。
さらに、生命を絶やさぬようにと、この世の全ての種類の動物を次々と箱舟に乗せていく。
だが、ノア一家の前に不安に駆られて箱舟を奪おうとする悪人たちが立ちはだかる。

重要な役割を果たすキャストは、、
画像

ノア役:ラッセル・クロウ、、ノアの妻ナーマ役:ジェニファー・コネリー、、養女イラ役:エマ・ワトソン、、ノアの祖父役:アンソニー・ホプキンス、、
その他、、ノアの長男セム役:ダグラス・ブース、、次男ハム役:ローガン・ラーマン、、悪人の首領役:レイ・ウィンストン、、
このあたりが、中心的なキャスト、、です。

さて、映画の中では、、
暗闇に閃光が走り、幾多の光の筋が落ちて地上が誕生し、生命が出現する、、
天から落ちてきた一滴の水が土に落ちると、いっせいに草花が吹き出す、、
やがて小さな水路が見る見る伸びて行き、大河に成長する、、
だれも知らない創造の世界を、スペクタクルに表現する、、

大洪水の中を彷徨う箱舟、、
画像

これらは、、ナンと行っても、、CG映画の醍醐味、、ですね。


そして、夢のお告げを信じ、家族全員で箱舟造りに専念する、、ノアと家族たち、、
その箱舟には、洪水が収まった後の種を絶やさないために、あらゆる動物のつがい、、
人間は、、ノア、妻ナーマ、3人の息子達、、これのみが乗船し、、
他の人間(悪に染まったと考える)は誰一人として、乗せない、、

ここで、神のお告げは、、
 人間を地上から消し去る!

ノアとナーマはこれ以上子供を作らない、、
子供達は男の子ばっかり、、いずれ、、
 人間の種は絶える!

ところが、もうひとり、乗船できたのは、、養女イラ、、
悪人どもに家族を殺され、自らも下腹部に大傷を受けたイラを助けたのはノア夫婦、、
本当の子供のように育ててきたイラは、子供を産めない体、、(だから)、、
乗船が許された、、

ノアは、、(人間を地上から消し去る!)、、神のお告げを忠実に実行しようと考えたのだ、、

ところが、、ノアの祖父の神通力で、、イラは子供が産める体に戻っていた、、
長男セムと恋仲になっていたイラは、ある日、、自分の体の異変に気づく、、

ここからは、閉ざされた箱舟の中で繰り広げられる、、(驚きの、、)、、ノアと家族たちとの葛藤、、、、、、、、、

この続きは映画館で観てね、、

さてさて、、この映画、、
旧約聖書 創世記を題材、、(いや)、、ヒントにしてはいるが、、
『ブラック・スワン』などの鬼才ダーレン・アロノフスキー監督の創造の世界にどっぷりと踏み込むことになる、、
スペクタクル超大作、、(ではあるが)、、聖書に書いてないディテールが数多く盛り込まれ、、
所詮作り話、、その辺を考慮して観賞されることを付け加える。

それでは今日のブログは終了、、
他愛もない内容に、がっかりされたことでしょうが、、ご容赦を、、


ここからは、いつもの備忘録、、(興味のある方以外は、スルーしてね)、、

「創世記」における記述より、、
画像

『箱舟を出た後のノアによる感謝の祈り』(1901年までの間に制作、ドメニコ・モレッリ(イタリア語版))

先述の旧約聖書『創世記』による物語の要約は以下の通りである。

神は地上に増えた人々が悪を行っているのを見て、これを洪水で滅ぼすと「神と共に歩んだ正しい人」であったノア(当時500~600歳)に告げ、ノアに箱舟の建設を命じた。

箱舟はゴフェルの木でつくられ、三階建てで内部に小部屋が多く設けられていた。
箱舟の内と外は木のタールで塗られた。

ノアは箱舟を完成させると、妻と、三人の息子とそれぞれの妻、そしてすべての動物のつがいを箱舟に乗せた。

洪水は40日40夜続き、地上に生きていたものを滅ぼしつくした。
水は150日の間、地上で勢いを失わなかった。
その後、箱舟はアララト山(トルコにある)の上にとまった。

40日のあと、ノアは鴉を放ったが、とまるところがなく帰ってきた。
さらに鳩を放したが、同じように戻ってきた。

7日後、もう一度鳩を放すと、鳩はオリーブの葉をくわえて船に戻ってきた。
さらに7日たって鳩を放すと、鳩はもう戻ってこなかった。

ノアは水が引いたことを知り、家族と動物たちと共に箱舟を出た。
そこに祭壇を築いて、焼き尽くす献げ物を神に捧げた。

神はこれに対して、ノアとその息子たちを祝福し、ノアとその息子たちと後の子孫たち、そして地上の全ての肉なるものに対し、全ての生きとし生ける物を絶滅させてしまうような大洪水は、決して起こさない事を契約した。
神はその契約の証として、空に虹をかけた。

ウィキペディアより抜粋、、改変。



"映画『ノア 約束の舟』、、一大スペクタクルに興奮、でも所詮作り話、、" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント