ドキュメンタリー映画「妻の病―レビー小体型認知症―」、、医師の妻が認知症になったら、、

今日のブログは久しぶりの医学関連情報、、それも、認知症、、ドキュメンタリー映画「妻の病―レビー小体型認知症―」、、
画像

伊勢真一監督作品、、医師の妻が認知症になったら、、内容を簡単にご紹介します。

認知症と言えば、、アルツハイマー型認知症、、これが最も患者数が多い、、次に多いのが脳血管性認知症、そして三番目に多いのが、レビー小体型認知症、、。

そのレビー小体型認知症に罹患した妻と、医師である夫の今を切り取ったドキュメンタリー映画、、。

主人公は高知県南国市で小児科診療所を営む石本浩市氏と妻・弥生さん(共に1951年生まれ)、、。
弥生さんは2004年に統合失調症と診断され、その3年後、50歳代にしてレビー小体型認知症と判明する、、。

発症以来の弥生さんの日常を、医師ならではの観察眼で細かく記録する石本氏、、その記録には、診療や地域医療への取り組みと妻のケアの板挟みとなり、自身もうつ病を発症する状況の描写も含まれている、、。

石本氏は、東京の順天堂大学などで小児癌の専門医として従事し、小児癌のフォローアップ外来などを立ち上げてきた、、。

伊勢監督は、小児癌の子どもたちのキャンプを取材する中で石本氏と出会い、10年以上の付き合い、2011年3月、南国市に石本氏を訪ねた伊勢監督に、妻がレビー小体型認知症であることを打ち明ける、、。

以来、伊勢監督は石本夫妻の日常を撮り続ける、、。
身の回りのことがほとんど何もできなくなった弥生さん、、。
弥生さんに深い愛情を寄せてケアする石本氏、、。
夫妻をフォローする家族、親戚、地域の人々、、。

石本氏は妻との生活の中でうつ病を発症し、「このままでは共倒れになる」と弥生さんを施設に入所させる選択を強いられる、、。

家族の介護に直面すれば、医師だって綺麗事では済まないという現実も、映像は突きつける、、。

、、Cadetto通信より抜粋。



このドキュメンタリー映画は、1月以降、広島、静岡、横浜などで上映予定、、そのほか、地域や職場、学校などでの自主上映にも応じるとのこと。
上映予定、自主上映の問い合わせについては、、
ここをクリック⇒いせフィルムのサイト、、伊勢監督の活動をご覧ください。

YouTubeより予告編を、、どうぞ、、




さて、ここで、レビー小体型認知症(dementia with Lewy bodies; DLB)とは?

大脳皮質の神経細胞にレビー小体という物質がびまん性に沈着し、認知症を生じるもので、、
「症状の動揺性」と「幻視」ならびに「パーキンソン症状」の有無を確認し、、
このうち2つの症状が揃うとき、レビー小体型認知症を考える、、
また、パーキンソン病で経過を診ていた患者に認知症状が出現してくる場合もある。

幻視や幻覚症状が出ることが特徴で、、部屋の隅に〇〇が居る、、、とか、、誰も居ないのに誰かと話しかけているとか、、アルツハイマー病とはまた違った症状が出るようです。



1月7日、、毎日新聞デジタルより、、

認知症高齢者:5人に1人…10年後推計
画像

(推計は認知症の有病率が各年齢層で一定の場合と上昇する場合の2通りで試算)

全国の認知症の人の数は、2025年に最大で約730万人にのぼることが7日、厚生労働省の研究班の推計でわかった。
認知症の人は、12年時点で約462万人(厚労省の別の推計)で、65歳以上の7人に1人とされるが、25年には5人に1人に増加することになる。

政府は同日、この推計値を踏まえ、認知症施策を総合的に進めるための国家戦略案を、自民党の部会に示し、、今月中にも国家戦略を正式決定する方針だと。

また、認知症の予防・治療では、早期の認知症の診断方法を15年度までに確立し、日本発の根治薬の治験を20年度ごろまでに始める目標を掲げた。

高齢者の医療費が爆発的に膨らむ現状、、いよいよ、政府も本腰を入れてかかるようですね、、、、、



第32回日本認知症学会(2013年11月8日~10日 松本)にて、、

アルツハイマー病の薬物治療、キーワードは認知症発症前の診断と“先制医療”
(東北大学加齢医学研究所脳科学研究部門の荒井啓行氏の講演要旨)

「疾患修飾薬」として開発が進められているアルツハイマー病(AD)治療薬の主たる対象は、認知症を発症する前段階の患者となりそうだ。
長野県松本市で開催された第32回日本認知症学会で、東北大学加齢医学研究所脳科学研究部門の荒井啓行氏は、AD薬物治療の現状と展望をレビューした。

ADの原因は、コリン作動性ニューロンの機能低下に伴う利用可能なアセチルコリンの減少にあるとする「アセチルコリン仮説」から、まずコリンエステラーゼ阻害薬が開発された。
我が国では現在、ドネペジル、リバスチグミン、ガランタミンの3剤が使用可能なほか、グルタミン酸神経系であるNMDA(N-メチル-D-アスパラギン酸)受容体を阻害するメマンチンも発売されている。

それぞれの薬剤は適応症に記された認知症のステージや剤型などに差があり、治療の選択肢が増えてはいるが、いずれも症状改善薬であり根治を期待することはできない
そのためAD治療に対する患者・家族の満足度は、他疾患に比べていまだ低いのが現状だ。

一方、近年の研究から、症状が出るかなり以前から脳内に蓄積するアミロイドβ蛋白がADの進行や認知症発症に深く関係しているという「アミロイド仮説」が重視されるようになった。
アミロイドPETによる検討では、剖検による所見より15年ほど前から、アミロイドβ蛋白の蓄積が確認できるという。

このアミロイド仮説に立脚すれば、「No amyloid, no Alzheimer」、つまりアミロイドを除去できればAD型認知症には至らないということになる。
アミロイドやタウ蛋白など、ADの発症と深く関連する物質に直接作用する薬剤は、「疾患修飾薬」と呼ばれる。

具体的には抗アミロイド療法として、アミロイドβ蛋白の生成に関与するβおよびγセクレターゼの阻害薬、アミロイドβ蛋白モノマーの重合を阻害する凝集阻害薬、さらに生成したアミロイドβ線維を除去するアミロイドワクチンなどの開発が始められた。

ところが開発競争の先頭を走っていたアミロイドワクチン(AN1792)では、第2相試験で自己免疫性脳炎の発症が見られ、開発が中止された。
しかもワクチンが投与された患者において、剖検所見で老人斑は減少していたが、生存期間の延長や認知症の進行抑制効果は認められなかった。

この治験不成功から、疾患修飾薬による治療は認知症を発症した患者では既に遅く、もっと早期の患者を対象にすべきということになった。
しかし、現時点で認知機能低下の出現前にADの診断を確実に行える検査法はまだ確立しておらず、アミロイドやタウ蛋白を標的とするPETイメージングなどバイオマーカーの研究が精力的に続けられている。

このような中、2013年に米国で始まったAnti-Amyloid treatment in Asymptomatic AD(A4)試験では、アミロイドPETによって脳内にアミロイドβ蛋白の集積が認められたが、まだ認知障害は生じていないpreclinical ADを対象に、抗アミロイド療法を行って認知機能低下が抑制できるかを評価するという。
さらに、家族性ADの家系内の未発症者を対象に抗アミロイド薬を投与する発症予防試験も始まった。

これからのADの薬物治療について荒井氏は、「PETイメージングなどによる認知症発症前の診断に基づき、いわゆる未病の段階から治療を行う“先制医療”の考え方で行われることになるだろう」との見方を示した。


ちょっと難しい内容ですが、これからの認知症治療には重要な提言、、なんですね、、


さて最後に、、過去のOTSUKYONブログで検索数が多かった認知症関連を、、クリックしてください!

「アミロイド仮説」に則った簡単で画期的な早期発見の方法、、
世界初!アルツハイマー病、血液検査で早期発見も可能に!

診断法と映画「明日の記憶」の内容も、、
アルツハイマー型認知症について、あれこれ、、


それでは今日のブログはお仕舞いです、、最後までありがとう、、

長男の結婚式にて、、
画像

夫婦が手を取り合って、末永く幸せに暮らして行きたいものですね、、


いつもご訪問、気持ち玉、ランキング「ポチっと一つ」、、ありがとうございます、、
人気ブログランキングに参加しています、ご協力お願いします
↓↓ここをポチっとクリックよろしく m(_ _)m

医学 ブログランキングへ

"ドキュメンタリー映画「妻の病―レビー小体型認知症―」、、医師の妻が認知症になったら、、" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント