北野天満宮・梅苑の公開と太閤さんの御土居、、

京都で梅の名所と言えば、だれもが、、北野天満宮、、と答えるだろう、、2月中旬のこと、25日の梅花祭の賑わいはスゴイので、そのちょっと前に訪れました、、
画像

境内の梅苑では、白梅がこんな風に咲き始めていました、、

それでは散策開始、、
画像

画像

梅苑の南の入り口から500円をお支払いして入苑、、
画像

茶菓券が付いてます、、
画像

前半は梅苑の梅をご覧ください、、
画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

梅の花は枝振りが結構邪魔で、、上手く撮影できない、、超苦手な被写体なんです、、

さてここで、梅苑茶屋でブレイク、、
梅茶とお菓子を、、
画像

寒い日でしたが、ちょっと温まりました、、


そして、後半は、、2015年1月6日のブラタモリ「京都」で人気に火が付いた、、ここ、、
画像

天下を治めた豊臣秀吉は、、
鴨川の氾濫から都を守る役割と、外敵の来襲に備える防塁の役割もある「御土居」の整備を急がせた、、
当時は都をぐるりと囲んで、総延長22kmにも及ぶ巨大な城壁のような土塁、、
今では京都市内に数か所の史跡を残すのみとなった御土居をタモリさんが訪れて以来訪ねる人が急増、、
密かに京都で注目のスポットとなったのです、、。

紙屋川を見下ろす北野天満宮の西にある「御土居」は有名で、、
画像

春は青モミジ、、秋は紅葉の名所でもあります、、。

それでは写真を並べて行きます、、
画像

画像

画像

画像

画像

御土居の梅苑は、まだまだ蕾が固かったですね、、。

御土居の解説、、
画像

そして、ブラタモリに出演した案内人が制作した、御土居マップ、、
画像

ここをクリック⇒ 御土居マップ
一度覗いて見てください、、すごく分かり易く作られていますよ、、

なお、現在御土居が一部残されているのは、、以下の9箇所、、

(1)北区鷹峯旧土居町
(2)北区大宮土居町
(3)北区紫竹上長目町・上堀川町
(4)上京区寺町広小路上ル北之辺町(廬山寺内)
(5)中京区西ノ京原町
(6)上京区馬喰町(北野天満宮境内)
(7)北区平野鳥居前町
(8)北区紫野西土居町
(9)北区鷹峯旧土居町

町名に土居と付くことからも、その歴史を感じますね、、


今日はこの辺でお仕舞いです、、最後までありがとうございました、、
次回は北野天満宮本殿の梅をご紹介します、、乞うご期待!!


いつもご訪問いただき、人気ブログランキングに投票、ありがとうございます、、

お気に召してくだされば、是非こちらを、、

1日1回、ランキング「ポチっと一つ」ご協力お願いいたします!
↓↓ここをポチっとクリック、よろしく m(_ _)m

カメラ ブログランキングへ

Camera : OLYMPUS OM-D E-M5 MarkⅡ
Lens : OLYMPUS M.ZUIKO Digital ED14-150mm F4.0-5.6 MSC
絞り優先オート ISOオート F5.6-11 WBオート
iPhone 6S


"北野天満宮・梅苑の公開と太閤さんの御土居、、" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント