医療人として新型コロナウィルス肺炎の蔓延を恐れる!

皆さま、こんばんは、、新型コロナウィルス肺炎の国内蔓延がこの先指数関数的に上昇して行くのか?蔓延のピークを低くしてさらに遅らせることができるのか?すべては国民の民度にかかっていると思います、、
中国武漢のように1100万人都市を封鎖することは、武漢外への感染を少しでも防ぐことにはなるかも知れませんが、、
武漢で蔓延が拡散し、クルーズ客船ダイヤモンド・プリンセス号の船内のような急激な感染拡大が起こり、、
感染者の同定もできず、治療もできない、、医療崩壊を起こします、、
つまり感染しても比較的免疫力のある人だけが生き残ることができる、、これは地獄絵図ですね、、。

私は毎日更新される、日本経済新聞のコロナウィルス感染世界マップ (https://vdata.nikkei.com/newsgraphics/coronavirus-world-map/?open)を見ています、、
2020年1月11日から感染世界マップは表示されていますが、、
例えば、1月14日は、、
1月14日感染マップ.jpg
中国のみ感染者数41人(死亡1人)とあります、、。

ちなみに、その後は10日ごとに表示すると、、
1月24日感染マップ.jpg
日本国内で中国籍者1名の感染が出ました、、。

2月3日感染マップ.jpg
中国はご覧の通り17000人を超えていて、日本国内でも感染者数20人となりました、、中国からの渡航者がほとんどです、、。

2月13日感染マップ.jpg
2月13日には、日本国内で33人、クルーズ船で218人感染が発生しました、、。

2月23日感染マップ.jpg
そして、2月23日には、日本の感染者は143人、クルーズ船関連は634人、、
中国は70000人を超えていますが、ここまで増えると正確にカウントすることは不可能でしょう、、。

そして、23日の韓国の赤丸が一気に大きくなりました、、感染者は433人、、

2月23日韓国.jpg
同じく23日の日本は、129人、、
2月23日日本.jpg
この韓国の急激な増加は、新興キリスト教信者の教会という閉鎖空間での長時間の密集や飲み食いが原因とされています、、。

ここまでで考えられることは、、
「クルーズ船や教会といった閉鎖空間が感染を爆発的に発生させる装置」であることは分かります、、。

21日の19時NHKニュースでは、、
IMG_4834.JPEG
日本国内の新たな感染者は、東京が28人、愛知9人、神奈川9人、、人口が密集しているからでしょうか、中国からの渡航者も多いでしょう、、
和歌山12人、北海道8人、、感染経路は特定できているようです、、
春節の前に武漢から500万人が脱出、そのうち約9000人が日本国内で旅行をしたとのことですが、、
京都と大阪の感染者数は2人と1人、、少ないように感じますが、、理由は不明、、
いずれも感染経路が特定できて、封じ込めが成功すればその地域では終息に向かうかもしれませんね、、。

21日NHK21時のニュースより、、
中国のデータですので、真偽は不明ですが、重要な内容です、、
IMG_4839.JPEG
IMG_4840.JPEG
年齢別の致死率は、50歳代1.3%、80歳代の14.8%へ急激に指数関数的に増えています、、
また、基礎疾患として4つの病気の致死率が大きくなっています、、
高齢+基礎疾患ありでは掛け算で致死率が増えると考えられますが、、
年齢が低く基礎疾患のない患者は死ぬことはないとは言えません、、。

現在、中国以外では韓国、日本、イタリアの感染者数が増えていますが、、
中国のようなパンデミックになる瀬戸際だと思います、、
感染予防の方法は、季節型インフルエンザ+ノロウィルスの対策が重要で、、
マスク、手洗い、うがい、人混みを避ける、不要不急の集会や密室での長時間の会合や食事は避ける、、
睡眠と食事による免疫力の維持も重要、、
自分が保菌者になったつもりで行動する、、国民の民度の成熟がパンデミックを防ぐのかも知れません、、。

安倍内閣に訴えたいことは、中国全土からの旅行者を止めること、、
11日時点で128か国が何らかの中国からの入国を制限しています、、
台湾やフィリピンは完全に止めていますので、感染者数の増加はほとんどありません、、
「日本は武漢より安全だからマスクは外していい、、」こんな民度の旅行者は来て欲しくないですね、、

今日のブログは日本人にとっては当たり前の内容、、
蔓延を恐れるひとりの医療人のつぶやきでした、、
最後までご覧いただき、ありがとうございました、、




"医療人として新型コロナウィルス肺炎の蔓延を恐れる!" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント