ジオラマ淡海線の現状、、水田の水表現がようやく決着!

皆さま、大変ご無沙汰しております、、ご訪問が滞っており申し訳ございません(-_-;)、、2週間ぶりに小ネタですがブログを認めました、、改良を重ねてきたNゲージ鉄道ジオラマ淡海線の現状と、ようやく決着した水田の水表現についてお伝えしたいと思います、、最後までお付き合いくださるとありがたいです、、

KATO381系スーパーくろしお9両編成が入線した直後、淡海線内回りの内側に分岐するポイントで脱線事故が頻発、、
そこでカトーお客様サービスに送付して確認してもらいました、、
回答は「当社線路にて走行確認させていただきましたが、異常ありませんでしたのでこのまま返却とさせていただきます」とのこと、、
やっぱり当方の線路やポイントの問題であると分かりました、、
そこで、内回り線と外回り線の短絡線を撤去後のツイッターは、、

8月9日ツイッター1.png
しんやまのて駅ホーム端に、新たに渡り線を設置しまして、現在は問題なく走行できるようになりました、、


8月9日ツイッター2.png
IMG_6671.JPEG
IMG_6667.JPG

改めて親切に対応していただいたカトーお客様サービス様に感謝します、、ありがとう!!

今日の本題は、水田の水表現がどうしても満足できずに思い切って改修することにしました、、

スモークのスチロール板を用いた田植え前の水田、、
IMG_4887.JPG
山や空、農夫たちが水鏡に映っていますが、、
IMG_4841.JPG
写す方向により部屋の壁が写り込んでしまい、、これはちょっと問題なんです、、

ジオラマ製作の世界での水表現の仕方には、、
①リアリスティック・ウォーター、、これが一番使われているようです、、
②モデリング・ウォーター、、これもよく用いられます、、
ちょっと前のSHIGEMONさんのYouTube動画を見ていたら、、
③UVカラーレジン ー紫外線で硬化する表面コート剤ー、これでも上手くできると話してました、、

参考までに、SHIGEMONさんのYouTube動画を貼り付けておきます、、
とても役立ちました、、(ありがとう!)、、

そこでSNSで調べてみると、、
レジン.jpg
これは便利だな、、しかもグリーンの薄い色が付いていて、水表現には大変便利なようです、、
そして、100均ダイソーのオリジナル商品、、5gと容量が小さいのはアクセサリー用のため、、
注意点は紫外線で硬化するので、太陽光やUVランプが有効とのこと、、
大きなジオラマを部屋から出すことができないので、ちょっと思案しましたが、、
SNSによると蛍光灯スタンドでも時間はかかるが硬化するとありました、、!?

何でも実践あるのみ!、、さっそく5gを4本購入しました、、
IMG_6701.JPEG

まずは田んぼの下準備です、、
ジオラマ用のグレーの砂を撒いて、木工用水性ボンドを薄めてふりかけて、、
IMG_6691.JPEG

丸一日乾燥させます、、
IMG_6700.JPEG

そして、UVカラーレジン1本5gを流し込んで使い切ったところで、、
IMG_6702.JPEG
なかなか良い感じですが、、独特の臭いが気になりますね、、

爪楊枝で気泡をつぶして、、
IMG_6706.JPG

5g×4本すべて使い切っても、、
IMG_6707.JPEG
水田の半分もできません、、(困った?)、、
あと6本は必要でしょうが、、買い足すのを止めて、硬化させてみることにしました、、

3日間蛍光灯スタンドの灯かりを強で当て続けました、、
IMG_6727.JPG
結論は、、完全に硬化していない、、太陽光かUVランプは必須です!!
そして、蒸発したように、レジンの容積が小さくなっています、、失敗です、、

1か月放置して、作戦変更です、、

光栄堂から発売されている、模型工作・ホビー用水表現材料、、
種類:化学反応型接着剤 成分:変成シリコーン樹脂
IMG_6953.JPEG
50gで1000円を超える、、高価なモデリング・ウォーターを購入して、、
使用方法を確認しながら、流し込んで行きました、、
IMG_6956.JPEG
適宜大きな気泡は爪楊枝で突いて潰します、、
50g 1本でぴったり水田に流し込めました、、よっしゃ~、、
IMG_6958.JPG
山とトンネル、空を背景に写してみると、、
IMG_6960.JPG
いかがでしょうか?
水田の底の泥が透けて見えて、背景が薄っすらと反射して見えます、、
水田の表現.jpg
取説によると12分くらいから硬化してきますので、、
トラクターを置いて、タイヤの後ろの固まりかけているモデリング・ウォーターをピンセットで引っ掻いて、、
水の流れを作ってみました、、青⇒
何となくそれらしい雰囲気は出てきましたね、、

1日経って完全に硬化しても容積は減りませんが、、
気になる点は1つ、表面の粘着性(指で触れると引っ付くようなもちもち感)があり、、
埃が付くと取れないでしょうね、、
スーパークリアーですので、下地に着色して置くか、、
アクリルカラーで着色もできますので、色付け後に上からモデリング・ウォーターを薄く流せば、、
川の清流の表現もできます、、なるほど、、。

さて、そろそろお仕舞です、、
ジオラマ淡海線は今回でほぼ完成と相成りました、、
マニアックな備忘録に最後までお付き合いくださり、ありがとう!、、

今回の水の表現を応用して、非電化ローカル線、川のある風景のジオラマを計画中です、、
乞うご期待!!






"ジオラマ淡海線の現状、、水田の水表現がようやく決着!" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント