今日の鉄道ジオラマ淡海線、、国鉄113系湘南電車4両固定編成 2編成で非貫通の8両編成を再現!

皆様こんにちは、今日も完成した鉄道ジオラマ淡海(おうみ)線を大好きな車両が走ります、、ちょっと細工して見ましたのでご覧ください、、国鉄113系は、昭和38年(1963)から製造が開始され、大都市近郊区間から全国の各線区に拡大し、昭和57年まで総数約2900両の標準車両になりました、、湘南電車とは東海道本線東京~熱海・沼津間の列車の愛称で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日の鉄道ジオラマ淡海線、、高原のポニーC56形蒸気機関車と小海線仕様貨物、24系客車、、

完成した鉄道ジオラマ淡海(おうみ)線、、今日の主役車両は、愛称高原のポニー C56形蒸気機関車、、SL広場に展示してあるC56が淡海線を走行します、、SL特有の複雑な動輪駆動部がちゃんと回転するのだろうか?DD51ディーゼル機関車よりも小さな蒸気機関車が貨物車や客車を引っ張れるのだろうか?、、流石に定評のあるカトー製だが、変な触り方をす…
トラックバック:1
コメント:6

続きを読むread more

今日の鉄道ジオラマ淡海線、、681系特急サンダーバードと115系国鉄近郊電車、、

完成した鉄道ジオラマ淡海(おうみ)線に登場する車両は、、681系特急サンダーバード、、大阪から湖西線経由で北陸本線を金沢や富山に、そして和倉温泉方面にもお客を運んでいました、、金沢へ北陸新幹線が開通するまでの姿で登場します、、そして、国鉄時代に全国で活躍した115系1000番台、湘南色の大好きだった近郊電車、、急行や快速としても活躍しま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鉄ちゃんのちい散歩・奉祝 御代替り、、早尾神社、弘文天皇陵、新羅善神堂、、大津の歴史スポットを巡る!

歴史的にはじめての10連休、、このGWの期間に御代替りをはめ込んだ政府の意図は何だったのか?、、崩御による皇位継承ではない生前退位(譲位)は異例の出来事ではない、、皇室の歴史は天照大神をルーツとするとされ、神や大王と呼ばれていたが天皇となったのは初代神武天皇とされており、125代に渡る男系の天皇が即位したが、その中で57代の天皇が譲位に…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ジオラマ淡海線の製作日誌(その十)完成後編、、さあ、どんな列車を走らそうかなぁ?、、

前編のつづき、、ジオラマ淡海(おうみ)線の製作日誌(その十)完成後編、、さあ、どんな列車を走らそうかなぁ?、、トワイライトエクスプレスや日本海、あさかぜ、、寝台特急は、牽引する機関車を代えてHMを付け替えて、想い出の列車を再現することができる、、例えば、ブルートレインの日本海の牽引をトワイライト専用色のEF81電気機関車に牽引させる、、…
トラックバック:3
コメント:8

続きを読むread more

ジオラマ淡海線の製作日誌(その九)完成前編、、苦労しました背景画!?、、

去年の7月、マンションの引越しとともに廃線となった「ジオラマびわ海線」、、そして、今年1月から製作を開始して、4ヶ月を費やしましたが、ようやく「ジオラマ淡海(おうみ)線」の完成と相成りました、、一番苦労したのは背景画、、びわ海線では写真を並べて背景にしましたが、今回はベランダから見える琵琶湖の風景をモチーフに、ちょっと現実の色合いから外…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

鉄ちゃんのちい散歩・皇子が丘公園、、京阪石坂線・大津京から大津市役所前駅、、

皆さま、大変のご無沙汰です、、忙しいと言えば忙しいような気持ちになりますが、もともとスローライフの自由人のOTSUKYON、自分でできる範囲の努力は惜しまない、、そんなスタイルで新年度4月からの一年間コンサルタント契約を結んで頂いた製薬メーカーさまには心より感謝、、還暦をとっくに通り越した老兵の希望をかなえていただき、自宅兼コンサル事務…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

江若鉄道を偲んで、昭和・平成・令和、人生を想う旅はつづく、、

江若鉄道(こうじゃくてつどう)をご存知だろうか?、、近江と若狭を結ぶ鉄道として、大正10年(1921年)の三井寺~叡山駅間を皮切りに、昭和6年(1931年)には浜大津~近江今津駅間が開通、、しかし、若狭までの延伸は実現せず、、湖西をむすぶ鉄路として、48年にわたって愛されたが、、国鉄湖西線の建設にともない、昭和44 年(1969年)に廃…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

三井寺ライトアップ2019、、琵琶湖疏水べりだけですが、、

OTSUKYONが住む大津市、桜の名所として有名な三井寺、、好きな撮影ポイントは一箇所だけ、、それは琵琶湖疏水の出水口の土手に植えられたソメイヨシノ、、ライトアップにより幻想的な雰囲気を醸しだしています、、iPhone6Sと OLYMPUS OM-D E-M5 MarkⅡの撮り比べ、、写真だけですがご覧ください、、U\(●~▽~●)Уイ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

平成31年1Q、、大津・伏見・池田の絶品ラーメンはこれだ!

今日は4月1日、新年度の始まり、エイプリルフールなんだが朝から首相官邸には大勢の新聞記者が集合、、11時半の官房長官の発表を待つLIVE中継、、5月1日からの新元号は、、令和(れいわ)、、おそらくどの新聞もどの番組も予想していなかった漢字2文字、、出典は中国の古典ではなく日本の万葉集だと、、政府官邸はしてやったり、、(ニンマリ)、、ただ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ジオラマ淡海線の製作日誌(その8)、、JR梅小路京都西駅開業のニュースなどを織り込んで、、

鉄道ジオラマ淡海(おうみ)線の製作日誌もそろそろ完結が近づいて来ました、、JR梅小路京都西駅開業のニュースやお彼岸の法要、叡山電車青もみじきらら号デビューなど、日常の出来事を織り込んで(その8)お届けします、、。o@(^-^)@o。ニコッ♪ 今日の淡海線の主役は、、大好きな2編成、、 EF81電気機関車が牽引する今はなきトワイラ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ジオラマ淡海線の製作日誌(その7)、、広島電鉄1900形(元京都市電1900型)がデビュー!、、

ジオラマ淡海線(おうみせん)の大方は完成しましたが、ここで想い出深い車両がデビューしました、、広島電鉄1900形1901号、、実は京都市電1900型として活躍していた現役車両を1977年~78年に15両購入した移籍車両、、京都の地名にちなんで1901号は東山の愛称が付けられました、、トミーテック鉄道コレクションとして発売している完成車両…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ジオラマ淡海線の製作日誌(その6)、、白線・標識・柵・ガードレールなど細部の造形は面倒だが必須!、、

しばらくアップできませんでしたが、ジオラマ淡海線(おうみせん)の製作日誌(その6)、お届けします、、3月3日(日)雛祭り、京都の家には京雛七段飾りが大事に保存してあるが、初孫は男の子、、お内裏様とお雛様だけでもマンションに持って来ようと家内は言いながらも、置く場所もなく、、今年もまたパス、、今日のテーマは、白線・標識・柵・ガードレールな…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ジオラマ淡海線の製作日誌(その5)、、愛称高原のポニー C56形蒸気機関車がデビュー!、、

ジオラマ淡海線の製作日誌(その5)、、愛称高原のポニー C56形蒸気機関車がデビュー!、、SL広場に展示してあるC56が淡海線(おうみせん)をはじめて走行します、、SL特有の複雑な動輪駆動部がちゃんと回転するのだろうか?DD51ディーゼル機関車よりも小さな蒸気機関車が貨物車や客車を引っ張れるのだろうか?流石に定評のあるカトー製だが、変な…
トラックバック:1
コメント:4

続きを読むread more

ジオラマ淡海線の製作日誌(その4)、、大津駅で国鉄特急色が復活したEF65 2070、感動でした!、

ジオラマ淡海線(おうみせん)の製作日誌(その4)、、ベランダから琵琶湖を眺め、大津港の商業施設から湖面を観察し、、湖水の色はそのときどきの光で変幻自在、、これを描くのは難しい(涙)、、勘弁してよ~~~、、意を決して一か八かアクリルカラーの4色をチョイス、、水深の深いところから浅い浜辺に向かって、一気に筆を走らせました、、(>▽<;; ア…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ジオラマ淡海線の製作日誌(その3)、、税務処理の多忙の合間を縫って、、、、

ジオラマ淡海線(おうみせん)の製作日誌(その3)、、税務処理の多忙の合間を縫って、、OTSUKYONも一応個人事業主(汗)、、医療コンサルタント業を標榜しておりますので、確定申告期間(2019年2月18日~3月15日)は超多忙、、毎年の確定申告+青色申告に加えて、去年自宅マンションを売却してほんのわずかの譲渡益はあったので、分離課税用の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ジオラマ淡海線の製作日誌(その2)、、日常の備忘録を織り交ぜて、、

ジオラマ淡海(おうみ)線の製作日誌の2回目です、、1月14日(成人の日)、月曜日は祭日であっても家内は仕事で出かけます、、自室にこもっていそいそと製作に熱中、、今回の鉄道線のレイアウトは、外回り線が高架線を使って空中でクロスして2周する間に、「町中駅」と「しんやまのて駅」を通り、一方、内回り線は両方の駅を通り引込線に入る、引込線は4線で…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ジオラマ淡海線いよいよ製作開始します!、、日常の備忘録を織り交ぜて、、

皆様、大変ご無沙汰しております、、1月3日に「毘沙門堂初詣の前に、ぐるっと琵琶湖をひと回り鉄道旅、、」をアップして以来、50日あまり何もしなかったのではありません、、病気で臥せっていたのでもありません、、医療コンサルタント業は週4日しっかり務めましたし、去年7月の新居移転後の膨大な雑用の山を片付け、住まいの給付金の申請、仏事や確定申告・…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

毘沙門堂初詣の前に、ぐるっと琵琶湖をひと回り鉄道旅、、

二日の朝、大好きな白味噌のお雑煮を食べていると、家内が初詣に行こうと、、大津に住むOTSUKYONは歩いて行ける近江神宮かな?と応えると、、大津京駅から隣りの山科駅まで、ぐるっと琵琶湖を右回りに一周して山科に行きたいと提案してきた、、たった5分で行けるところを2時間50分(電車に乗っているだけ)もかけて行きたいと、、湖北の雪景色を車窓か…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

2019年元旦 大津便り、、快晴のご来光!

皆さま、新年明けましておめでとうございます、、 2019年の元旦は、太平洋側の多くの街では晴天に恵まれたようですね、、OTSUKYONの住む大津でも快晴、、オレンジ色のご来光が拝めました、、。.:♪*:・'(*⌒―⌒*))) スペシャルスマイル、、。 7時17分、湖南アル…
トラックバック:0
コメント:16

続きを読むread more

年末恒例の年賀状、有馬記念、琵琶湖文化館の巨大トンボ、、いろいろ、、

世間では師走は忙しい、現役世代はぼーっとしている時間はない、、今年中に片付ける仕事があり、会社や自宅の大掃除があり、、忘年会の連ちゃん、子どもにクリスマスのプレゼントや年賀状の準備などなど、、でも、スローライフのOTSUKYONは比較的余裕をもって過ごしている、、新築マンションは大掃除もなし、、年末恒例の年賀状と有馬記念の馬券を考えるく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画『かぞくいろ』RAILWAYS第3弾、 わたしたちの出発・・・

RAILWAYSシリーズの第3作目、とっても楽しみにしていました、、1作目(2010年)は中井貴一主演、島根の一畑鉄道が舞台、、2作目(2011年)は三浦友和主演、富山地方鉄道が舞台、、そしてその後7年も途絶えていたシリーズの3作目は、有村架純、國村隼W主演の映画 『かぞくいろ―RAILWAYS わたしたちの出発―』、鹿児島県と熊本県を…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

彦根城と玄宮楽々園と井伊家の菩提寺散策、、大河ドラマを想い出して!

12月8日近江鉄道ミュージアムを早々と退散して、国宝彦根城へ向かいます、、街の中心に天守がそびえていて、どこからでも見える地方都市、、OTSUKYONは大好きデスね、、現存する12天守のうち国宝に指定されている城は5つ、姫路城、彦根城、犬山城、松本城、松江城、、どの天守も素晴らしいのですが、その中でスケールが一番大きい姫路城と街のどこか…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

最古参の電気機関車が集う近江鉄道ミュージアム、、年内にフィナーレです!

近江鉄道は琵琶湖の南東の地域、米原~彦根~八日市~近江八幡、多賀大社やJR草津線の貴生川を結ぶローカル鉄道、地域の足として現在も活躍している、、また、昭和時代には近江の経済発展を支えた貨物輸送が盛んで、石炭・石油・石灰岩・ビールなどの貨物列車を牽引する電気機関車を11両所有している、、大正末期から昭和30年代に国鉄で活躍した車両を譲り受…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

義父の三回忌法要とビストロ・スポンタネのお任せフレンチランチコース、、

義父が亡くなってもう2年が経った、、義弟の長男が建てた注文建築で三回忌法要を営んだ、、こちらも新調した浄土真宗・本願寺派(西本願寺)の仏壇には、中央に御本尊・阿弥陀如来の掛け軸、、おやおや、、左右の脇侍(わきじ)には、蓮如聖人と親鸞聖人の掛け軸があり、、OTSUKYON家の浄土真宗・大谷派(東本願寺)とは趣きが違うようだ、、、、今日のブ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

睡眠負債大国・日本、不眠は認知症の発症を促進する!

皆さま、こんにちは、、いつもご訪問くださいまして、ありがとうございます、、今日の話題は睡眠、、長~い人間の一生の約1/3~1/4は寝ているのですから、その睡眠が快適なのか?苦痛なのか?どのように私たちの健康に関わっているのか?とっても興味がありました、、ブログのタイトルは『睡眠負債大国・日本、不眠は認知…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

TVドラマ『大恋愛~僕を忘れる君と』医学的にもしっかり監修された内容に関心!

TVドラマ『大恋愛~僕を忘れる君と』、、皆さまはご覧になっていますか?、、2018年10月12日からTBS系金曜ドラマで放送されている、、主演は戸田恵梨香、恋人役にムロツヨシが共演する、、物語は脚本を手掛ける大石静の完全オリジナル、、撮影には引越業最大手のアートコーポレーション(アート引越センター)が全面協力しており、ドラマ中の衣装や段…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

黒部峡谷鉄道トロッコ列車の旅

立山黒部アルペンルートの旅の仕上げはオプションで、黒部峡谷鉄道トロッコ列車の旅、、5年ほど前の冬に、富山地方鉄道の沿線を旅しましたが、トロッコ列車はシーズンオフ、、降雪のため4月20日~11月30日の間のみ営業運転しています、、10月10日、宇奈月8:17発に乗車して、終点の欅平9:33着、、1時間16分の黒部峡谷に沿って進む山岳列車、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

長野側から行く秋の立山黒部アルペンルートの旅(その二)

結婚40年(ルビー婚)の記念にと、登山が好きな家内を誘って、立山黒部アルペンルートの旅、、数年前までは山ガールを満喫していた彼女でしたが、膝の軟骨が磨り減って、もう本格的な登山はできません(涙)、、そこで以前彼女が室堂~立山(雄山)~大汝山~富士の折立~真砂岳~別山~室堂の登山コースを縦走したことのある懐かしい場所に行こうと思い立ったの…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

長野側から行く秋の立山黒部アルペンルートの旅(その一)

前回のブログのつづき、、10月9日快晴の秋空のもと、長野県側の大町温泉郷を8時ごろに出発して、待望の「立山黒部アルペンルート」に向かう、、まずは黒部観光ホテルの部屋から望む立山連峰、、心が躍りますね、、うふ♪(* ̄ー ̄)v それでは、皆さまよ~くご存知だとは思いますが、パンフより拝借して簡単におさらい、、 3000メートル級…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more