テーマ:風景

びっくりポンの大塚国際美術館鑑賞録(その七)近代フィンセント・ファン・ゴッホ

とっても広い美術館の中を歩き回って、ようやくお目当ての場所へ、、(その七)近代フィンセント・ファン・ゴッホ、、ゴッホの作品の陶板画は全部で9点、、来館者の注目が最も高いのが、、ヒマワリ、、人だかりが絶えませんでした、、 最初…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

びっくりポンの大塚国際美術館鑑賞録(その六)近代 マネ、モネ、ルノワール

さて、大塚国際美術館の地下1階、近代に踏み入って来ました、、ルネサンス~バロックとつづくキリスト教を中心とする祭壇画に別れを告げることになります、、クロード・モネがその牽引車となる印象派が出現します、、その前に、印象派の先駆けとなったのが、エドゥアール・マネ、、ですね、、 代表作の「笛を吹く少…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

びっくりポンの大塚国際美術館鑑賞録(その五)ルネサンス、モナ・リザに逢える!

大塚国際美術館鑑賞録ブログがつづきますが、ご容赦ください、、(その五)のテーマは、ルネサンス、モナ・リザに逢える!、、地下2階の絵画の配置は、ルネサンスが半分、つづいてバロックが残り半分、、モナ・リザはそのルネサンス期の展示室の最後の小さなスペースで、静かに微笑んでいました、、 1503-06…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

びっくりポンの大塚国際美術館鑑賞録(その四)ルネサンス・受胎告知いろいろ

徳島県鳴門市の「大塚国際美術館」、、ようやく地下3階から2階に上がって来ました、、ちょっとお疲れで、モネの大睡蓮の近くにあるカフェに行きます、、そして、とんでもないパンケーキを食す、、 なんだこりゃ、、スゴイ、、ガラスのコップを開けると、、ナンと、、カラフルなジュレ、、 またまたすごい事になった、、 “悪(ワル)のデザ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

びっくりポンの大塚国際美術館鑑賞録(その三)スクロヴェーニ礼拝堂

徳島県鳴門市の「大塚国際美術館」、、地下3階~地上2階まで、とっても広い展示スペース、地下3階のシスティーナ礼拝堂から散策を開始したOTSUKYON、まだ同じフロアーに居ます、、今日のブログは美術館のパンフを飾るスクロヴェーニ礼拝堂からご覧いただきましょう、、 入り口のアーチからの眺めは、、真…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

びっくりポンの大塚国際美術館鑑賞録(その二)エルグレコ・フェルメール

徳島県鳴門市の「大塚国際美術館」、、大塚製薬のグループが創立75周年記念事業として設立した、日本最大級の常設展示スペースを有する「陶板名画美術館」、、西洋名画の至宝1000点余りを実物サイズで複製し、年代ごとに展示してある、、システィーナ礼拝堂で衝撃を受けたOTSUKYONは、隣りのスクロヴェーニ礼拝堂を後に回して、、エル・グレコの部屋…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

びっくりポンの大塚国際美術館鑑賞録(その一)システィーナ礼拝堂

徳島県鳴門市の「大塚国際美術館」、、大塚製薬のグループが創立75周年記念事業として設立した、日本最大級の常設展示スペースを有する「陶板名画美術館」、、入場ゲートは地下にあり、長い上りエスカレータを降りた場所が地下3階、、そこから山の中をくり抜いたような美術館は地上2階までつづく、、。 古代壁画から世界25カ国、190余の美術館が所…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

YUKOのカレンダーと2日の夕日に見惚れる!

今年は1日早く4日からコンサル業を開始し、早速の出張ですので、、もう老頭児のOTSUKYONはちょっと自重して2、3日は自宅で過ごしました、、 去年、ドラマ「銭の戦争」と映画「ロマンス」で、、年甲斐もなく、すっかりYUKOの虜になったOTSUKYONは、こんな物まで買ってしまいました、、(もう何十年…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

元旦は恒例の琵琶湖にて、今年も幸多かれと夢で祈る!

2016年元旦、皆様明けましておめでとうございます、、 昨年は気持ち玉を沢山、楽しいコメントもイッパイ、そして何よりのランキングにポチッと、、本当にありがとうございました、、 本年も2日に1回の掲載となりますが、OTSUKYONの拙ブログをご愛…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

映画 『スターウォーズ・フォースの覚醒』、、EP7までの過去の作品をちょっと勉強!

12月19日、楽しみにしていた映画 『スターウォーズ・フォースの覚醒』、、MOVIX京都で鑑賞した、、懐かしさと新たな感動が、複雑に混じった何とも言えない興奮に満たされた、、 ところが、このポスターのまん中にいる女性がエピソード7から3部作のヒロイン、レイ、、 そ…
トラックバック:1
コメント:8

続きを読むread more

京都府立植物園 なからぎの森、、池の周囲は錦秋だった!(その二)

前回ブログのつづき、、なからぎの森の池の周辺を広角ズームで表現します、、 ここで標準~望遠ズームに変更して、、 寒桜がちらほら咲いていて、、 真っ赤なカンバスにアップで、、可愛い、、。 名残惜しそうに、モミジを写し、、 そろそ…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

京都府立植物園 なからぎの森、、池の周囲は錦秋だった!(その一)

12月5日午前、京都府立植物園 なからぎの森の中心に位置する半木(なからぎ)神社、、まずは小さなお社の正面から写真を並べます、、 上賀茂神社の末社で、ご祭神は養蚕・絹織物染織業界の守護神とされる天太玉命(あめのふとだまのみこと)、、 植物園内の北部にあるため植物園の守護神ともされています、、…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

京都府立植物園のイロハモミジ、、針葉樹林の中で木漏れ日に輝く!

今年の紅葉はナンか変、、すっきりしないまま秋は過ぎて行くのか?、、12月5日(土)午前、、地下鉄烏丸線・北山駅で下車、北山門から入園する、、針葉樹林の森の中に植えてあるイロハモミジ、、木漏れ日に照らされてキラキラと輝いていた、、それでは、なからぎの森を目指して散策して見ましょう、、
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

京都紅葉散歩2015、、曼殊院門跡、いつもの場所でちょっとガッカリ!

今年の京都の紅葉はちょっと異変?、、ナンて声が聞かれますが、毎年裏切られることのない取って置きの場所、、それが、、曼殊院門跡(まんしゅいん もんぜき)、、門跡というのは、皇室一門の方々が住職であったことを意味し、勅使門の両側の塀に残る五本の白い筋はその格式を今に伝えるものですね、、それでは、京都紅葉散歩2015、、11月28日の午後、、…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

京都紅葉散歩2015、、一乗寺・圓光寺、変化に富んだ見事な庭園でした!(その二)

11月28日のつづき、、京都紅葉散歩2015、、一乗寺・瑞巌山 圓光寺(ずいがんざん えんこうじ)、、十牛之庭(じゅうぎゅうのにわ)を散策します、、苔の庭に紅葉の落ち葉が絨毯のように、、その中に、、 とっても可愛い石仏が、、微笑んでいます、、 ここにも石仏があり、、 竹薮から漏れ射す光が、、…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

京都紅葉散歩2015、、一乗寺・圓光寺、変化に富んだ見事な庭園でした!(その一)

11月28日、京都市バス5系統で一乗寺下り松(いちじょうじ さがりまつ)で下車、、東の方角へ、、宮本武蔵の下り松の決闘で有名になり、さらに行くと名所 詩仙堂(しせんどう)があり、、その近くに最近観光客が増えてきた今日の目的の臨済宗南禅寺派の寺院、、瑞巌山 圓光寺(ずいがんざん えんこうじ)、、京都の東山連峰を借景とする美しい禅寺、、ナン…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

京都紅葉散歩2015、、栄摂院、阿弥陀如来に見つめられて!

11月21日の土曜日の京都紅葉散歩2015も残りひとつの話題のみ、、朝10時ごろに京都の家を出て、現在15:35、、ちょっとお疲れ、、(ひごろの鍛錬が出来てない証拠、、)、、でも、真剣に写真を写すことは、体力と持久力を必要とするのです、、そんな理由も空虚な感じ、、急ぎましょう、、 真如堂をお暇…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

京都紅葉散歩2015、、真如堂、モミジが逆光に輝く!

京都紅葉散歩2015、、11月21日のつづき、、安楽寺をお暇したOTSUKYON、、今度は真如堂(しんにょどう)に行きます、、この真如堂の正式名称は、真正極楽寺(しんしょうごくらくじ)、、天台宗の寺院、、本尊は阿弥陀如来、、開基は戒算、、10世紀末、比叡山常行堂から阿弥陀如来を移したのが起源とされる名刹、、ですね、、 写真は、真如…
トラックバック:1
コメント:6

続きを読むread more

京都紅葉散歩2015、、鹿ケ谷・安楽寺、、美人画 鶴田一郎展とともに、、

11月21日(土曜日)のつづき、、京都紅葉散歩2015、、鹿ケ谷・住蓮山 安楽寺、、山門下の石柱には、「浄土礼讃根元地」と刻まれています、、 1206年12月、後鳥羽上皇が紀州熊野に行幸の最中、、上皇の寵愛を受ける女官・松虫姫と鈴虫姫が念仏に帰依し、、法然上人の弟子・住蓮上人と安楽上人に乞うて、鹿ヶ谷の草庵にて剃髪出家、、 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

京都紅葉散歩2015、、哲学の道から法然院へ、門の向こうは別世界!

11月21日(土曜日)、、上高野から京都市バス5系統に乗り、銀閣寺道で下車、、これから哲学の道を散策して、法然院へ行きます、、京都紅葉散歩2015 法然院、、 LINEのメンバーに送付用のiPhone 6Sの写真、、昨年の方が紅葉が鮮やかでしたね、、(ザンネン)、、。 それでは、白川通今出川の交差点から法然院までの道のりを、…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

京都紅葉散歩2015、、上高野・三宅八幡宮、、狛犬ならぬ狛鳩、オモシロい!

11月21日、3連休の初日が一番天気が良さそうとの予報、、この時期になると、ちょっとソワソワ、、朝方の冷え込みも強くなって来ましたので、、いつもの京都紅葉散歩2015、、今日のブログから5回連続で掲載しますので、お時間があればご覧になってください、、 初回は、、上高野・三宅八幡宮、、 子供の守り神と…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

オメガ3系α-リノレン酸の効果、、亜麻仁油を使ってますか?

今日は11月16日、週の始まりの月曜日、、時刻は11:20、、京都の家は高台にあり、バス停まで坂道を下る、、秋の雲、、すじ雲ですね、、 大きな鳥が翼を広げたような、、雲、、 いつもの山茶花の小路を、、 場所が変わり、、角度が変わると、、さっきの雲の鳥は群れて飛んでいるようだなぁ、、、オモシロい、、
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

金曜ドラマ 『コウノドリ』 、、命の尊さを突きつける!

10月16日にはじまった、金曜ドラマ 『コウノドリ』、、皆さんはご覧になってますか?、、連続ドラマ単独初主演の綾野 剛、、ある時は冷静な判断力、患者にあたたかく寄り添う、心優しき産婦人科医、、またある時は、情熱的で謎多き天才ピアニスト「BABY」、、二つの顔を持つミステリアスな鴻鳥(こうのとり)サクラ役に綾野剛が挑む!、、その第1話を何…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

OTSUKYONの誕生日、、やっぱりスイーツ、嬉しいですね、、(゚ー゚)ニヤリ

もう何重にも年輪を重ねていても、誕生日が来るとちょっとそわそわ、、別に規則はないOTSUKYON家、、貰わなくてもいいのですが、独立した娘と息子夫婦からのささやかなプレゼントは、やっぱり嬉しいですね、、今までも高価なものは自分で買いますので、誕生日はもっぱらスイーツ、、子供たちの懐勘定も重要ですからね、、{%バースディケーキhdeco%…
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

消え行く381系「くろしお号」天王寺から最後の乗車、、見納めです!

10月28日、JR和歌山駅で新宮行きの381系を見送った後、、紀州路快速に乗り、和歌山から泉州平野までの間、少し山岳地帯を走行します、、その山里の駅が山中渓(やまなかだに)駅、、春は線路脇に桜並木があり、ハイキングコースもあり、風光明媚な撮影スポットなんですね、、まずは、元気に走り去る381系を、、 固定381系6両編成「くろしお…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

消え行く381系旧国鉄特急車・・きのくに線・和歌山駅にて、、想い出とともに、、

南海フェリーで和歌山港に到着し、これから南海電車で和歌山市駅を目指します、、2番線に待っていたのは、、 2両編成の普通、、この電車、和歌山港⇔和歌山市の間をピストン運転する、、 南海和歌山港線、、南海フェリーを利用する人の専用線みたいな路線、、間に駅はありません、、。 和歌山港には乗ってきたフェリーが接岸しています、、 …
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

徳島に出張、、往路はバス、帰路は南海フェリーに乗って、、

10月下旬の平日、京都駅前から約3時間のバス旅、徳島駅前に降り立ったOTSUKYON、、駅ビルの6階のいつもの店でランチしてます、、一番奥のいつもの席から見える徳島駅操車場の風景、、 JR四国は非電化路線、、コーポレートカラーのライトブルーを基調にした気動車が並んでいる、、 小さな転車台が見えるが、動いているのは見たことがない、…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

三日月とハナミズキと報恩講、、、その他いろいろ、、

10月下旬のこと、、日ごろ忙しく働くOTSUKYON、お蔭様で現在のところ健康は維持されている、、 土曜日の夕暮れ時、、17:55、、自宅の2階から京都盆地の西の空を望む、、 天空には三日月がきらめき、、300ミリ望遠でアップすると、、 月の影の部分が薄っすらと見える、、。 平和な日本の有難さを噛みしめながら、、西方…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

大津湖岸なぎさ公園で小さな秋を見つけた!

10月12日、今日は体育の日、、絶好の休日ですね、、マンションの郵便受けにゆうパックの不在票が入っていた、、iPhone 6Sに機種変更したときに、au WALLETクレジットカードを申し込んだが、書留扱いなんで取りに行くことにした、、大津中央郵便局の駐車場は15分以内なら無料、、(なんで、、コインパーキングになってる、、)、、仕方なく…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

半月と朝日と琵琶湖大橋、、コメダでモーニング、、

10月3日の午後、快晴の琵琶湖を眺めながら、ウィスキーをチビチビと、、雲ひとつない空に乾杯、、 今日は、サントリー スペシャルリザーブ10年、、 10年の深い熟成に達したモルト原酒とグレーン原酒をブレンド、、やわらかくまろやか、、美味しい、、 いつものケンタッキー ブラントンも、モルトとグレーン、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more