テーマ:映画

大津港フロントと最近観た映画とドラマいろいろ、、

OTSUKYONが住む滋賀県大津市、、びわ湖の南端に近く、瀬田川に流れ出る湖南の細くなったあたりの西にあり、東の対岸は草津市、、この地域の映画館は、大津アレックスシネマ、大津ユナイテッドシネマ、そして草津イオンシネマの3店がある、、大津にある2店は自宅から歩いても行ける距離にあり、大好きな映画鑑賞と運動不足解消を兼ねてふらっと訪れること…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ジオラマ淡海線の製作日誌(その5)、、愛称高原のポニー C56形蒸気機関車がデビュー!、、

ジオラマ淡海線の製作日誌(その5)、、愛称高原のポニー C56形蒸気機関車がデビュー!、、SL広場に展示してあるC56が淡海線(おうみせん)をはじめて走行します、、SL特有の複雑な動輪駆動部がちゃんと回転するのだろうか?DD51ディーゼル機関車よりも小さな蒸気機関車が貨物車や客車を引っ張れるのだろうか?流石に定評のあるカトー製だが、変な…
トラックバック:1
コメント:4

続きを読むread more

映画『かぞくいろ』RAILWAYS第3弾、 わたしたちの出発・・・

RAILWAYSシリーズの第3作目、とっても楽しみにしていました、、1作目(2010年)は中井貴一主演、島根の一畑鉄道が舞台、、2作目(2011年)は三浦友和主演、富山地方鉄道が舞台、、そしてその後7年も途絶えていたシリーズの3作目は、有村架純、國村隼W主演の映画 『かぞくいろ―RAILWAYS わたしたちの出発―』、鹿児島県と熊本県を…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

伏見であい橋と青春映画キミスイ、、想い出ボロボロ、、

「キミスイ」と略しても分かる人には分かる、、2017年7月上映の青春映画『君の膵臓をたべたい』、、累計発行部数265万部を突破する大ヒットとなった住野よる原作のベストセラーを映画化し、興行収入35.2億円の大ヒットを記録した感動の話題作、、8月19日(日)9時、テレビ朝日系列にて地上波初放送、、皆さんはご覧になったかな? あら…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

今、超話題沸騰の映画『カメラを止めるな!』、、あれこれ思うこと、、

地元の#大津アレックスシネマがはじまって以来の超満員、、長いこと通っているが、こんなことは未だ経験したことがない、、 オォォーーー!! w(゚ロ゚;w(゚ロ゚)w;゚ロ゚)w オォォーーー!! この驚きをツイッターにアップした画面がこれ、、 公開から2日目の18日土曜日、、1日6回上映の2回目、13:30開演間際にチケット…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

最近の映画鑑賞_Otsukyonのツイッターより、、、

皆様、大変ご無沙汰しております、、いろいろ家庭内の事情があり、詳しくはお話できませんが、2ヶ月以上ブログをアップできませんでした、、ようやく平常心がもどってきましたので、ボチボチ再開させていただきます、、(ρ_;)・・・・ぐすん 映画好きのOtsukyon、、1ヶ月に2、3本は観ます、、 地元の大津アレックスシネマや草津イオンシ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

Destiny 鎌倉ものがたり、、山崎組のVFX映画は興奮するぞ!

新春の大津は北風が冷たいですが良い天気、、毎年のごとく、京風の白味噌のお雑煮、そして家内の手作りのおせち料理、、これOTSUKYON家の定番、、もちろん大好きな“棒鱈の煮付け”、、(材料は硬く乾燥した棒鱈を一週間ほど前から水に漬けてもどす)、、(酒、醤油、みりん、砂糖などで甘辛く味付けされている)、、もあります、、{%グットハートhde…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

映画ロダン、東本願寺のイチョウと京都舞坂のうなぎ、、15キロ歩きました!

江戸時代の旅人は箱根八里を1日で歩いたという、、三島~箱根~小田原まで前半は登り17キロ、後半は下り18キロ、、35キロのアップダウン、、さぞかし大変だっただろう、、65歳になったOTSUKYON、、(負けじと?、、)、、京都市内を16キロ歩いた、、(ただ歩くだけでは目標がないので、、)、、京阪三条~新京極三条(MOVIX京都 映画鑑賞…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

スターウォーズ『最後のジェダイ』、、レイ3部作のストーリーが見えてきた!

もう2年が過ぎたのか、、2017年12月15日、スターウォーズ・エピソード8 『最後のジェダイ』が全世界でロードショー公開された、、♪⌒ヽ(*゚O゚)ノ スゴイッ! パンフの裏には、ストーリーがあった、、(これを参考にして、OTSUKYONの感覚でこのブログを記載する)、、 主役の3人は、左からカイロ・レン、レイ、ルーク・…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

映画『関ヶ原』に登場する架空の人物・初芽、、原作と異なった設定は何故?

8月27日の私のツイッターの短い140文字を追記します、、ご興味があれば読んで見てください! @otsukyon 映画『関ヶ原』司馬遼太郎原作。岡田准一、役所広司、有村架純らが熱演。「皆が知る関ヶ原の真実を知る」がキャッチコピー。三成を命がけで守り、彼に密かに恋心を抱く忍び・初芽役で有村が本格時代劇に初挑戦。しかし、原作では三成…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

パイレーツ・オブ・カリビアン/最新作「最後の海賊」は超楽しい!

2003年、ディズニーの人気アトラクション「カリブの海賊」をモデルにした映画『パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち』が旋風を巻き起こした、、OTSUKYONも家族で東京DLに行ったとき、斬新なアトラクションに驚いた記憶が蘇る、、その1作目から数えて5作目が、7月1日ロードショーの映画『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

映画『花戦さ』、、京都のロケ地を調べて見よう!

戦国時代末期の京都が舞台、、京の真ん中にあり「六角さん」の名称で京の町衆に親しまれて来た紫雲山頂法寺、、587年に聖徳太子が建立、、、その六角堂で執行(しぎょう)として実務を担っていたのが、、池坊専好、、 花と町衆を愛する風変りな男、、この男、人の顔と名前を覚えられないうえに、口下手である、、その上、秀吉や利休など超有名人の眼前でも権…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

上映中止の映画『たたら侍』、、再編集再上映を待ち望む!

5月20日にロードショー公開がはじまった映画『たたら侍』、、ホンのちょっとだけ出演している橋爪遼が覚醒剤所持で逮捕、、公式サイトの発表では、6月9日を最終に上映中止とのこと、、(観たかった映画なのに、、残念、、)、、運よく休日になった8日に鑑賞して来た、、8時20分のみ1日1回の上演、、(すでにフェードアウト寸前、、?)、、早朝の河原町…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画『追憶』、、高倉健を育んだ名匠コンビが次代の高倉健を生み出せるか?

1980年代以降、日本映画の主演男優といえば、、ご存知、高倉健、、その高倉健を育んだ名匠コンビが、監督・降旗康男氏とカメラマン・木村大作氏、、二人がタッグを組んで制作した映画 『追憶』、、主役は岡田准一、次代の高倉健を生み出すことができるのか?、、こんな興味を持って、5月6日、ロードショーの日に鑑賞して来た、、d(*⌒▽⌒*)b …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画『古都』、すべてが“ほんまもん”の京都が舞台の映画です!

11月26日(土)京都先行公開、12月3日(土)全国公開の映画『古都』、、ご存知、文豪・川端康成の不朽の名作『古都』が原作ではあるが、、映画では主人公の姉妹のその後、母になった姿とそれぞれの娘の成長と葛藤を描く感動作、、すべてが“ほんまもん”の京都とパリが舞台、、歴史の匂いがプンプンする映画でした、、♪⌒ヽ(*゚O゚)ノ スゴイッ!!…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

映画『海賊とよばれた男』、、出光創業者の一代記、とても145分では語れない!

原作は文庫本上下巻で本文4章50節、ページ数866、出光興産の創業者・出光佐三氏の95年の波乱万丈な生涯をモデルにして、その史実に基づいて認められている、、 そして、終章の解説と引用文献リスト、、最後は当時通産省の官僚だった堺屋太一氏の筆による解説『壮大な人間ドラマと「正義」の葛藤』、、 モデルの佐三氏に二、三度逢ったことがあるとい…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「アニメ映画『君の名は。』、、メガヒットの理由を確かめたくて、、」について

「アニメ映画『君の名は。』、、メガヒットの理由を確かめたくて、、」について アニメ映画『君の名は。』が12月6日遂に国内興行収入が200億円を突破した! 流石に2001年の宮崎駿監督作品『千と千尋の神隠し』、308億円を超えることは無理だろうが、、 海外92カ国と地域での配給も決まっているという、、 オリジナル脚本も手が…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

アニメ映画『君の名は。』、、メガヒットの理由を確かめたくて、、

アニメ映画『君の名は。』、、これほどまでのメガヒットになろうとは、配給元の東宝ですら考えていなかったようだ、、。 その証拠には、大作や話題作ならば自社系列の全国の大型シネマで大々的にロードショーするのが通例であるが、、本来なら上映されるはずのない映画館にも配給したという、、。 例えば、都内で言えば、渋谷のHUMAXシネマと池…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

第39回日本アカデミー賞、、観た映画の受賞に納得!

第39回日本アカデミー賞のノミネート作品が発表され、4日最優秀賞その他の各賞が決定した、、2015年に公開された映画が対象、、一応映画大好き人間のOTSUKYONも、、「この作品はノミネートされるだろうな、、おそらく最優秀はこれだろうな、、」と考える作品はシアターで鑑賞した、、そして、予想通りにこの作品が最優秀作品賞を受賞した、、{%拍…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

シーズンズ・2万年の地球旅行、、地球は人間だけのものではない!

移ろいゆく季節のように、時は流れ、生命は巡る、、、ただ、生き物たちは、その瞬間、瞬間を懸命に生きているに過ぎない、、、、、絶対に見逃してはならない映画 『シーズンズ・2万年の地球旅行』 、、 生命の歩みを描いた地球スケールのネイチャードキュメンタリーに感動し、、 地球は人間だけのものではない!、、と強い生き物たちの叫びを目の当た…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

映画『母と暮せば』、、感動の泪の後は、〆の博多ラーメン・一蘭だ!

洋画部門ではおそらく断トツの興行収入になるだろうスターウォーズを観て、年甲斐もなく興奮冷めやらないOTSUKYON、、今度は邦画部門では今年最大のヒットになると予想される、、映画 『母と暮せば』、、名匠・山田洋次監督自身が、生涯で一番大事な作品を創ろうとの思いでメガホンを取った映画、、前評判どおりの感動作品に場内では鼻をすする音がそこか…
トラックバック:1
コメント:4

続きを読むread more

映画 『スターウォーズ・フォースの覚醒』、、EP7までの過去の作品をちょっと勉強!

12月19日、楽しみにしていた映画 『スターウォーズ・フォースの覚醒』、、MOVIX京都で鑑賞した、、懐かしさと新たな感動が、複雑に混じった何とも言えない興奮に満たされた、、 ところが、このポスターのまん中にいる女性がエピソード7から3部作のヒロイン、レイ、、 そ…
トラックバック:1
コメント:8

続きを読むread more

映画『天空の蜂』、、138分では語れない原作者の真意を読み解く!

9月12日に公開された秋の超話題作、、映画『天空の蜂』、、600ページに及ぶ原作を読んだ上で鑑賞したが、流石に138分に押し込めることは困難であり、原作者・東野圭吾の真意は語り尽くせなかったと感じた、、しかし、正義の主役に江口洋介、、犯人の主役に本木雅弘・仲間由紀恵・綾野剛、、豪華キャストの熱演には驚かされ、、不可能とされた映画化を可能…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

映画『ロマンス』、、この歳で、大島優子に惚れた!

公開されて一週間、ようやく自由に過ごせる9月7日(月)に楽しみにしていた大島優子主演・映画『ロマンス』、、恥ずかしながら、この歳で、大島優子に惚れました! 小田急の特急ロマンスカーのアテンダントがとっても似合う、、庶民的な笑顔にオジサンはもうメロメロなんです、、。 8月29日ロードショー、、 監督・タナダユキ、、アテン…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

映画 『日本のいちばん長い日』 を観て終戦の日に想う!

終戦70年の節目の年、、もっとも注目される映画が8日に公開された、、映画 『日本のいちばん長い日』 、、平日の12日、MOVIX京都、、1日に8回も上映されるがチケット購入の列は長く、14:50開演のシアター⑥、最後のシートA-2をゲットしたOTSUKYON、、首がだるくて観ずらかったが、その映画は俗にいう戦争映画では決してない、、無条…
トラックバック:2
コメント:8

続きを読むread more

滋賀うまいもん選抜総選挙とターミネーター・ジェニシス

8月1日、滋賀うまいもん選抜総選挙 in 浜大津サマーフェスタ2015、、前回ブログのつづき、、大津アレックスシネマの冷蔵庫のようなシアター2から抜け出したOTSUKYON、、一瞬で全身汗まみれ、、(ショック)、、でも、滋賀県のご当地グルメが食べたくて来たのだから、、頑張ろう! まずは、8月3日に発表された選抜上位3位は、、 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

「一路」はたまた「永遠のゼロ」、今夜は忙しい!

今日は7月最後の31日、、スローライフのOTSUKYONにとっては、「一路」はたまた「永遠のゼロ」、、今夜は忙しい!、、浅田次郎の時代小説「一路」、こちらは文庫本上下巻を読んでいるので、あの悲喜こもごもなストーリーをどのように料理して観せてくれるのか?NHKの制作手腕に興味津々、、 毎週金曜日…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

映画『愛を積むひと』、、アラ還の男性は必見の価値ありですぞ!

映画『愛を積むひと』、、定年間近で人生の第二章を意識し始めた男性諸君へ、、表面上は亭主関白を装いながらも、妻に依存し感情の表現が不器用な昭和の男性諸君へ、、妻に先立たれることを考えたことがおありかな? そんな人生の終わりを意識し、定年後の生活をリアルに考え始める年代の男性に、生きている間に妻に愛情を伝えることの大切さ、難しさを…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画『海街diary』、、四姉妹の奔放な生き様にくぎづけ!

6月13日公開、観たいと思っていた映画『海街diary』、、四姉妹の奔放な生き様、心の葛藤、亡き父の記憶、、それぞれが異なった想いを抱いて育ったが、、母を憎む気持ちと亡き父を慕う気持ちは共通している、、長女、次女、三女の母と四女の母は異なる異母姉妹、、最後に亡き父と暮らした四女を鎌倉の一軒家に呼び寄せ、、家族を捨てた父が残してくれた家族…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

赤猫異聞、、時代小説はやっぱり浅田文学が一番だ!

時代・歴史小説の重鎮、浅田次郎、、この作家の小説は、徹底した調査に基づく史実の世界に、創られた登場人物を配して、歴史という縦糸にフィクションの横糸を絶妙に絡み合わせ、独特な世界観を表現する、、まさに浅田ワールド、、OTSUKYONの大好きな作家、、2012年8月、新潮社より出版されたが、この度、2015年1月に新潮文庫から発売されたので…
トラックバック:1
コメント:4

続きを読むread more