テーマ:

亀岡ききょうの里:③美しい花園と篠葉神社の茅の輪くぐり

昨日のブログのつづき、美しい花園で桔梗の花を堪能した、、 桔梗だけでなくいろんな花を育てている農園で、、花の接写やオモシロ動物を写したり、、 それでは、亀岡ききょうの里の最終回、、写真を並べていく、、 グラジオラス、ルドベキア、ハンゲショウ、ア…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

亀岡ききょうの里:②谷性寺は明智光秀の首塚が祀られる桔梗の寺

昨日のブログのつづき、、通称、光秀寺と呼ばれている谷性寺(こくしょうじ)、、真言宗大覚寺派の寺院で、明智光秀の首塚が祀られている、、 (クリックして大きく、、読めます) 石段を登り本堂の脇に、、 その首塚はあった、、紫の桔梗が一輪花を付けていた、、。 両手を合わせてから、境内を散策、、 本堂の内部は…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

亀岡ききょうの里:①清楚な紫に混じり白やピンクも、、

7月3日(金)、京都縦貫自動車道を北へ、、亀岡ICを下りて、湯の花温泉・るり渓方面に向かう国道372号線をおよそ8km、、到着したのは、亀岡ききょうの里、、五万株のききょう園、、清楚な紫の桔梗(ききょう)からご覧いただこう、、 OTSUKYONは桔梗の花がとってもお気に入り、、去年も京都市内の天得院へ出向いたが、ここ亀岡ききょ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

水生植物公園みずの森(2)、、ハイビスカスに魅せられて!

前回のつづき、、水生植物公園みずの森(2)、、ハイビスカスに魅せられて!、、大きな花の中央に、これまた大きなシンボルが、、にょきっと、、流石に原産地は、ハワイ諸島とマスカレン諸島、、花言葉は、新しい恋、、大味ですが、外人女性を連想させる魅力的な花ですね、、また、日当たりを好む、、OTSUKYONも魅せられてしまいました、、それでは、写真…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

水生植物公園みずの森(1)、、ミズアオイ、絶滅危惧植物だそうです!

草津市の琵琶湖の畔、、烏丸半島の東にある、草津市立水生植物公園みずの森、、9月上旬、快晴の平日に行って来ました、、タイトルにも書きましたが、、ミズアオイ、絶滅危惧植物、、可憐な青紫の花が、人間様だけでなく、ミツバチたちをも引きつけていました、、 それでは、周辺の地図を、、 烏丸半島を拡大して、、 矢橋帰帆島から車で15…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

熱帯植物の葉っぱのアート、、ちょっと花も(その一)

またまた京都府立植物園ブログ、、熱帯植物の葉っぱのアート、、ちょっと花も(その一)、、観覧温室の中は、目移りするほどに珍しい花々、、(じゃぁ~なく)、、オモシロい葉っぱ、、気に入ったアングルで気に入ったフレーミングで、、お見せします、、写真の羅列になりますが、お許しください、、。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

パパイアの花と果実、、オモシロい!

観覧温室で、、パパイアの花と果実、、実物を見るのは初めて、、高いところにあるので、望遠ズームの300ミリでやっとの距離、、(でも)、、カワイイ幼花、、オモシロい葉っぱ、、生い茂る茎、、そして、まだ青い果実に1つだけ黄色く熟した果実が、、京都府立植物園ネタがつづきますが、、ご覧になってください、、、。 詳…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

タイガーオーキッド、、世界で一番大きくなるラン

京都府立植物園の観覧温室にて、、(もうビックリ、、)、、トラの斑点が花びらに散りばめられたような、、タイガーオーキッド、、 解説文より、、 ラン科の熱帯植物、、黄緑色地に褐色の斑点がある花の模様が、トラの縞模様に似ているので、タイガーオーキッドと呼ばれています。 世界で一番大きくなるランとされており、高さが3mを超えるものもあ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サンタンカ(山丹花)、、学名:イクソラ、、京都府立植物園にて

京都府立植物園・観覧温室にて、、色とりどりのサンタンカ(山丹花)、、学名:イクソラ、、見ごろを迎えています、、 赤、オレンジ、ピンク、、4センチほどの小さな花が、いっぱい、、丸~く手毬のように、、いろんな角度から写して見ました、、。 さて、リンクフリーの「趣味の花図鑑」、、 ⇒htt…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バオバブの花、、蕾から果実へ変態がオモシロい!

京都新聞デジタル、、京都府立植物園の観覧温室サボテン室で、アフリカバオバブの花が次々と咲いているとの記事が、、まずは抜粋してお見せします、、。 バオバブの「当たり年」 京都府立植物園 京都市左京区の京都府立植物園で今年、バオバブの花が次々と咲いている。 花が美しく、つぼみがほぼすべて咲く「当たり年」といい、ブログを連日更新…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

明日はいよいよ結婚式、、準備万全、残るはメンタリティ!

今日は8月23日、、土曜日なのになぜかそわそわ、、明日はいよいよ結婚式、、準備万全、残るはメンタリティ!、、そうなんです、長男が結婚式&披露宴、、 場所は超近い、、地下鉄烏丸線の終点、国際会館駅から徒歩10分あまり、、 式場、披露宴会場そして広いガーデン、、すべて貸切でパーティ風に行う、、 今日は体力温存、、家内もOTSUKYON…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

バッタの赤ちゃんとドクダミの葉っぱ、、優しいハートなんですね、、

日曜日の朝、、庭の花を見て回って、、(別に水をやる訳でもなく、、)、、ちょっと気分転換、、(講義資料つくりで、テンパってます、、)、、ハート型の緑の葉っぱの上に、、(何やら、いる、、)、、 どまん中に、、紐のような緑の、、(ほらほら、、)、、見えますか? 50ミリマクロレンズ(フォーサーズでは100ミリ)、、距離を離して全体…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

桔梗の寺・・・天得院(その二)鶴屋弦月、桔梗の和菓子

昨日のつづき、、桔梗の寺、天得院(その二)、、始まりです、、西庭で見つけた桔梗は、嬉しいですね、こちらを向いて微笑んでいました、、裸足のままで、縁先に下りて、、手を伸ばして必死で写しました、、 アップにすると、これまたグロテスク?、、花弁の脈が、青い血のような、飛び出た雌しべと5つの雄しべ、、オモシロい!! …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

桔梗の寺・・・天得院(その一)京都で名高い花の寺

杉苔に覆われた枯山水の庭に咲く、桔梗の花、、初夏の特別拝観:平成26年は6月21日(土)~7月5日(土)、、6月23日に行ってきました、、京都で名高い花の寺、、桔梗の寺、天得院(tentoku-in)、、ゆっくりご覧ください。 まずは、桔梗の写真から、、 星型の紫の花、、紫式部が愛した?と言う、、桔梗、、か細いながらも、凛と…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

長男夫婦からの嬉しいプレゼント、、気遣いに感謝!

先月のお話、、8月に結婚式を迎える長男夫婦、、(最近はこんなケースが多くなったなぁ~)、、もうすでに新居で暮らしています、、「遊びにおいでよ~」、、どんなところで、どんな暮らしをしているのか?、、興味津々、、でも、ちょっと心配、、誘われるままに、OTSUKYON夫婦は出かけました、、 JR丹波口に近いマンション、、3LDK、、それ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

京都宇治・三室戸寺、、蓮とトンボの極楽浄土!

6月16日、三室戸寺のつづき、、咲き始めた蓮を求めて、、アジサイ園を後に、石段を登り、本堂に向かいます、、 本堂前の『蓮(はす)園』には、200鉢の色とりどりの蓮が咲き、有名な大賀ハス、古代バスなど100種が6月下旬より8月上旬にかけて咲き、さながらその光景は極楽浄土のようで、『蓮(ハス)の寺』とも言われます、、 残念なことに、蓮は…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

京都宇治・三室戸寺、、紫陽花の下で危険な求愛!

6月16日、今日は月曜日、、週休3日のOTSUKYON、、コンサルタントはお休みです、、フィットHBを転がして、京都宇治・三室戸寺(みむろとじ)、、今、紫陽花が見ごろなんです、、 広~い紫陽花園をうろうろ、、(ところが、、)、、先週から雨らしい雨が降ってません、、大輪の花を咲かせた紫陽花たちは、ちょっとしおれ気味、、うつむいている花も…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

盛りを過ぎたアイスランドポピーの花園にて、、忙しく、、

京都府立植物園の北山門を入ったあたりに、北山ワイルドガーデン、、春先の3月から5月末ごろまで、アイスランドポピー(シベリアヒナゲシ)が来園者の目を引き付けています、、(でも)、、今日は6月9日(月)、、盛りを過ぎた花園にて、何やら忙しく働く動物が、、そうなんです、、蜜蜂、、ありふれた写真ですが、最後までご覧になってください。 萎れ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

花菖蒲、日本の伝統文化に根ざす凛々しさ!、、京都府立植物園にて

この季節になるといつも訪れるのは、、京都府立植物園、、花菖蒲園、日本の伝統文化に根ざす凛々しさ!、、この花菖蒲を鑑賞するときは、、なぜか、、背筋が真っ直ぐに、筋が一本通ったように感じるのは、OTSUKYONだけだろうか。 大輪の花弁を支える茎は直立し、鋭い剣先のような葉が伸びる、、上手く写真に収めることが難しい被写体、、(だと思う…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今年も紫陽花、可愛い花、、京都府立植物園にて

今年も紫陽花、可愛い花、、京都府立植物園にて、、6月9日(月)、、満開まではもう少し、、光と影を意識して、大好きな紫陽花を写して来ました。 まずは、オリンパスpen E-P3、ズームレンズ14-150ミリ(35ミリ換算28-300ミリ)、絞り優先AE、F5.6~8.0、、ですね、、 若葉に写る花の陰、、風が止むのを待って、呼…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ピンクの花・・ラバテラ、、花弁の脈が美しい!

6月上旬の月曜日、京都府立植物園、、広い広い園内に色とりどりの花々が、咲き誇っています、、ちょうど見ごろの、、ラバテラ、、ピンクの花びらの脈がとても美しく、、深く窪んだ花芯に奇妙な形の雌しべや雄しべ、、巻きまき蕾の形もオモシロい!! 撮影機材は、、オリンパスpen E-P3+ズイコー50ミリマクロレンズ(35ミリ換算100ミリ)、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

蜜蜂とアリウム・ギガンテウム、、植物園にて

6月初旬、、梅雨の晴れ間に、京都府立植物園に行って来ました、、ユリ科、ネギ属の巨大な紫のボール状、、アリウム・ギガンテウム、、この球体の花の回りを、蜜蜂やその他の蜂が忙しく飛び回って、吸蜜活動の真っ最中、、こちらは、オリンパスpen E-P3+ズイコー50ミリマクロレンズ(35ミリ換算100ミリ)、、高速シャターの連写、、AFは利かない…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

山茶花(サザンカ)の道、、冬の西日を浴びて、、

山茶花(サザンカ)という花は、、10月~2月ごろまで、見ごろの長い花、、京都の自宅からバス停に向かう途中に、、生垣が西日を浴びて、美しいピンクに染まっていました。 1時間ほど、、(大層な思案を重ねて、、)、、100枚ほど写しましたが、まず最初に、OTSUKYONが一番お気に入りの1枚はこれです、、
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

観覧温室のオモシロ植物を観察しましょう(その二)

京都府立植物園、、観覧温室でポインセチア展を見学した後、温室に咲くオモシロ植物を観察しました、、ジャングルの大きな葉っぱの隙間から、ドキドキ、、様子をうかがっているような雰囲気、、 それでは、前回のつづきです、、 花の形状がすごく立体的で、絞りを開放気味にすると、ピント…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

観覧温室のオモシロ植物を観察しましょう(その一)

京都府立植物園、、観覧温室でポインセチア展を見学した後、温室に咲くオモシロ植物を観察しました、、ジャングルの中の小屋から、恐る恐る外をうかがっているような雰囲気、、 そんな気持ちにさせるほど、、おっかなびっくりの観察、、童心に帰ったようで、新鮮な感覚になりました。 それでは、、散策順に写真を並べて行きます、、植物の名前は難し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

観覧温室でポインセチア展2013

京都府立植物園 観覧温室、、第22回 ポインセチア展2013、、行って来ました。 会期:12月6日(金曜日)から12月24日(火曜日) 概要:ポインセチア約100品種、1000鉢を展示 会場:観覧温室・ジャングルゾーン及び観覧温室・特別展示室 12月8日午後、、ポインセチアは写真になり難いので、ちょっと苦労しましたが、よろし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ひまわり

今日は土曜日、、ちょっと前に、家の玄関で、「ひまわり」、、この花を見て、色々なことが心に浮かんで来ました。 3枚の写真は、、ひまわりの花を裏から写しました。 思わず、この大味の花が、愛おしくなってしまいました、、(なぜかって)、、弱々しい、細かい産毛がイッパイ、、 裏から観察することは、滅多にないんじゃない?、、、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

紫陽花、、幻想、光と影(2)

皆様のブログで素晴しい紫陽花の花を堪能させていただいた後、、 駄作ながら、OTSUKYONも紫陽花を写してまいりました。 6月17日、京都府立植物園、、 単玉ソフトレンズ、、キヨハラVK70R、、 今回は、絞りを変化させて、フレアの出方を調整しました。 前回の続き、第2回、ゆっくりご覧になってください。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

紫陽花、、幻想、光と影(1)

6月も下旬、皆様のブログで紫陽花の花を堪能させていただきました。 駄作ながら、OTSUKYONも紫陽花を写してまいりました。 6月17日、京都府立植物園、、 単玉ソフトレンズ、、キヨハラVK70R、、 今回は、絞りを変化させて、フレアの出方を調整しました。 まずは、第1回、ゆっくりご覧になってください。 …
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more