今日のジオラマ淡海線、長編成用の引込線追加、主役は新快速(225系8連+223系4連)、脇役は681系サンダーバー…

7月1日に記事を掲載して以来、ウェブリブログの大規模メンテナンスがあり、ご無沙汰していましたが久々に更新しました、、鉄道ジオラマ淡海(おうみ)線の追加工事を実施して、13両までの長編成車両を簡単に入線できる長~い引込線を製作しました(苦笑)、、手始めにJR西日本の新快速姫路行、225系8連+223系4連の非貫通連結と、、681系サンダー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本国紀・副読本・今こそ、韓国に謝ろう・新聞という病、、戦後70年の歴史の本質が見えた!

今やツイッターはあらゆる分野において手短(140文字)でタイムリーな情報発信のツールと化している、、政治の世界では米国のドナルド・トランプ大統領、、そのフォロワー数は5000万人を越えると言われている、、日夜その書き込み記事に一喜一憂している国家や政治家、政府関係者やマスコミなどなど、、どの書き込みがファクトでどの記述がフェイクなのか?…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

大津港フロントと最近観た映画とドラマいろいろ、、

OTSUKYONが住む滋賀県大津市、、びわ湖の南端に近く、瀬田川に流れ出る湖南の細くなったあたりの西にあり、東の対岸は草津市、、この地域の映画館は、大津アレックスシネマ、大津ユナイテッドシネマ、そして草津イオンシネマの3店がある、、大津にある2店は自宅から歩いても行ける距離にあり、大好きな映画鑑賞と運動不足解消を兼ねてふらっと訪れること…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

春季研修会に参加、、知恩院、青蓮院、無鄰菴の初夏の庭園を散策!

皆さま、ご無沙汰しています、、1ヶ月ほど前の記事をようやくアップすることができました、、OTSUKYONは京都人となって3代目、初代から檀家をしているお寺は浄土真宗大谷派(東本願寺)、、祖父母と父母の供養をお願いしている、、本年1月からそのお寺の評議員の末席に加わりました、、春と秋の彼岸法要や親鸞聖人の命日の報恩講などの行事のお手伝いを…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日の鉄道ジオラマ淡海線、、EF65-1000後期形JR仕様が入線!、、父の日はうなぎ!

新しいジオラマが完成すると欲しくなるんです、、Nゲージ鉄道模型の予約販売をチェックしていて、KATOから6月発売の再生産モデル、、EF65-1000後期形JR仕様の電気機関車、、ブルトレが全盛期に富士・はやぶさ・さくら・あさかぜ・瀬戸など、他にもい~っぱいありますが、、東京から東海道を西に下る寝台特急を牽引していたのはEF65 500番…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

ウェブリブログの大改修でなくなるものに、プロフィールも含まれます!

皆さま、こんにちは、、いつもご訪問くださり、ありがとうございます、、6月末のまだ予定は公表されてませんが、ウェブリブログ大改修でなくなるものに、プロフィールも含まれます!、、この項目を記載されてない方が多いのですが、OTSUKYONは丁寧に記載しております、、(⌒-⌒)ニコニコ、、、。 プロフィール画像はもちろん、、 寝台特…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ウェブリブログをはじめて7年を振り返る!・・・継続は力なり!

皆さま、こんにちは、、いつもご訪問ありがとうございます(笑顔)、、6月下旬からウェブリブログの大規模メンテナンスがあるとのアナウンスがありましたが、何やら“気持ち玉”がなくなるらしい、投稿記事ごとのPV数の表示もなくなるらしい、、(困ったなぁ、、)、、どなたがご訪問してくださったのか?確認する手段がなくなると言うこと、投稿記事ごとに何人…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

SEIKO 5、逆輸入の安価な機械式腕時計だがベルト交換で蘇る!?、、高級時計と比べてみよう、、

皆様こんにちは、いつもOTSUKYONのブログをご覧いただき、ありがとうございます、、鉄道模型ジオラマの製作が一段落、、眺めているだけでも楽しいですが、沢山のコレクションの中で好きな車両を走らせるとまた、童心に帰ったような高揚感が得られます、、でも、毎日毎日走らせることもできないので、今はツイッターをにぎわせている百田尚樹さんの「日本国…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鉄ちゃんのちい散歩・義仲寺とカトリック大津教会、、絶品ランチもあります!

10連休が明けた5月8日(水)のこと、、地元に居ながら一度も行ったことがなかった、、大津市の朝日山 義仲寺(ぎちゅうじ)、、ご存知、木曽義仲、、平安時代末期の信濃源氏の武将、、「平家物語」では朝日将軍(旭将軍)と呼ばれていた、、源頼朝・義経兄弟とは従兄弟にあたる、、以仁王の令旨によって挙兵、、倶利伽羅峠の戦いで平氏の大軍を破って入京する…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

江若鉄道廃線50年、、線路のあった沿線を歩く!(その二)

(その一)のつづき、JR湖西線・比叡山坂本駅(江若鉄道の日吉駅があった場所)を出発して、すでに1時間半は経過しています、、Google mapの所要時間は1時間36分でしたが、終着の浜大津までは後30分はかかるでしょうか?、、江若線の三井寺下駅あたりからは、大津市が「大津絵の道」と名づけて遊歩道を整備しています、、その分岐は小さな公園に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

江若鉄道廃線50年、、線路のあった沿線を歩く!(その一)

あの至上最長のGW10連休の中の5月2日、、初夏というよりまるで真夏のような紫外線が降り注ぐ快晴の日、、新天皇即位の翌日、政府が作った「国民の休日」、、何か健康に良いことがしたいと考え、、江若鉄道廃線50年、線路のあった沿線を歩く!、、今回は、起点の「浜大津駅」と「日吉駅」(現在のJR湖西線・比叡山坂本駅)の間を、Google Mapに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日の鉄道ジオラマ淡海線、、国鉄113系湘南電車4両固定編成 2編成で非貫通の8両編成を再現!

皆様こんにちは、今日も完成した鉄道ジオラマ淡海(おうみ)線を大好きな車両が走ります、、ちょっと細工して見ましたのでご覧ください、、国鉄113系は、昭和38年(1963)から製造が開始され、大都市近郊区間から全国の各線区に拡大し、昭和57年まで総数約2900両の標準車両になりました、、湘南電車とは東海道本線東京~熱海・沼津間の列車の愛称で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日の鉄道ジオラマ淡海線、、高原のポニーC56形蒸気機関車と小海線仕様貨物、24系客車、、

完成した鉄道ジオラマ淡海(おうみ)線、、今日の主役車両は、愛称高原のポニー C56形蒸気機関車、、SL広場に展示してあるC56が淡海線を走行します、、SL特有の複雑な動輪駆動部がちゃんと回転するのだろうか?DD51ディーゼル機関車よりも小さな蒸気機関車が貨物車や客車を引っ張れるのだろうか?、、流石に定評のあるカトー製だが、変な触り方をす…
トラックバック:1
コメント:6

続きを読むread more

今日の鉄道ジオラマ淡海線、、681系特急サンダーバードと115系国鉄近郊電車、、

完成した鉄道ジオラマ淡海(おうみ)線に登場する車両は、、681系特急サンダーバード、、大阪から湖西線経由で北陸本線を金沢や富山に、そして和倉温泉方面にもお客を運んでいました、、金沢へ北陸新幹線が開通するまでの姿で登場します、、そして、国鉄時代に全国で活躍した115系1000番台、湘南色の大好きだった近郊電車、、急行や快速としても活躍しま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鉄ちゃんのちい散歩・奉祝 御代替り、、早尾神社、弘文天皇陵、新羅善神堂、、大津の歴史スポットを巡る!

歴史的にはじめての10連休、、このGWの期間に御代替りをはめ込んだ政府の意図は何だったのか?、、崩御による皇位継承ではない生前退位(譲位)は異例の出来事ではない、、皇室の歴史は天照大神をルーツとするとされ、神や大王と呼ばれていたが天皇となったのは初代神武天皇とされており、125代に渡る男系の天皇が即位したが、その中で57代の天皇が譲位に…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ジオラマ淡海線の製作日誌(その十)完成後編、、さあ、どんな列車を走らそうかなぁ?、、

前編のつづき、、ジオラマ淡海(おうみ)線の製作日誌(その十)完成後編、、さあ、どんな列車を走らそうかなぁ?、、トワイライトエクスプレスや日本海、あさかぜ、、寝台特急は、牽引する機関車を代えてHMを付け替えて、想い出の列車を再現することができる、、例えば、ブルートレインの日本海の牽引をトワイライト専用色のEF81電気機関車に牽引させる、、…
トラックバック:3
コメント:8

続きを読むread more

ジオラマ淡海線の製作日誌(その九)完成前編、、苦労しました背景画!?、、

去年の7月、マンションの引越しとともに廃線となった「ジオラマびわ海線」、、そして、今年1月から製作を開始して、4ヶ月を費やしましたが、ようやく「ジオラマ淡海(おうみ)線」の完成と相成りました、、一番苦労したのは背景画、、びわ海線では写真を並べて背景にしましたが、今回はベランダから見える琵琶湖の風景をモチーフに、ちょっと現実の色合いから外…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

鉄ちゃんのちい散歩・皇子が丘公園、、京阪石坂線・大津京から大津市役所前駅、、

皆さま、大変のご無沙汰です、、忙しいと言えば忙しいような気持ちになりますが、もともとスローライフの自由人のOTSUKYON、自分でできる範囲の努力は惜しまない、、そんなスタイルで新年度4月からの一年間コンサルタント契約を結んで頂いた製薬メーカーさまには心より感謝、、還暦をとっくに通り越した老兵の希望をかなえていただき、自宅兼コンサル事務…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

江若鉄道を偲んで、昭和・平成・令和、人生を想う旅はつづく、、

江若鉄道(こうじゃくてつどう)をご存知だろうか?、、近江と若狭を結ぶ鉄道として、大正10年(1921年)の三井寺~叡山駅間を皮切りに、昭和6年(1931年)には浜大津~近江今津駅間が開通、、しかし、若狭までの延伸は実現せず、、湖西をむすぶ鉄路として、48年にわたって愛されたが、、国鉄湖西線の建設にともない、昭和44 年(1969年)に廃…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

三井寺ライトアップ2019、、琵琶湖疏水べりだけですが、、

OTSUKYONが住む大津市、桜の名所として有名な三井寺、、好きな撮影ポイントは一箇所だけ、、それは琵琶湖疏水の出水口の土手に植えられたソメイヨシノ、、ライトアップにより幻想的な雰囲気を醸しだしています、、iPhone6Sと OLYMPUS OM-D E-M5 MarkⅡの撮り比べ、、写真だけですがご覧ください、、U\(●~▽~●)Уイ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

平成31年1Q、、大津・伏見・池田の絶品ラーメンはこれだ!

今日は4月1日、新年度の始まり、エイプリルフールなんだが朝から首相官邸には大勢の新聞記者が集合、、11時半の官房長官の発表を待つLIVE中継、、5月1日からの新元号は、、令和(れいわ)、、おそらくどの新聞もどの番組も予想していなかった漢字2文字、、出典は中国の古典ではなく日本の万葉集だと、、政府官邸はしてやったり、、(ニンマリ)、、ただ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ジオラマ淡海線の製作日誌(その8)、、JR梅小路京都西駅開業のニュースなどを織り込んで、、

鉄道ジオラマ淡海(おうみ)線の製作日誌もそろそろ完結が近づいて来ました、、JR梅小路京都西駅開業のニュースやお彼岸の法要、叡山電車青もみじきらら号デビューなど、日常の出来事を織り込んで(その8)お届けします、、。o@(^-^)@o。ニコッ♪ 今日の淡海線の主役は、、大好きな2編成、、 EF81電気機関車が牽引する今はなきトワイラ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ジオラマ淡海線の製作日誌(その7)、、広島電鉄1900形(元京都市電1900型)がデビュー!、、

ジオラマ淡海線(おうみせん)の大方は完成しましたが、ここで想い出深い車両がデビューしました、、広島電鉄1900形1901号、、実は京都市電1900型として活躍していた現役車両を1977年~78年に15両購入した移籍車両、、京都の地名にちなんで1901号は東山の愛称が付けられました、、トミーテック鉄道コレクションとして発売している完成車両…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ジオラマ淡海線の製作日誌(その6)、、白線・標識・柵・ガードレールなど細部の造形は面倒だが必須!、、

しばらくアップできませんでしたが、ジオラマ淡海線(おうみせん)の製作日誌(その6)、お届けします、、3月3日(日)雛祭り、京都の家には京雛七段飾りが大事に保存してあるが、初孫は男の子、、お内裏様とお雛様だけでもマンションに持って来ようと家内は言いながらも、置く場所もなく、、今年もまたパス、、今日のテーマは、白線・標識・柵・ガードレールな…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ジオラマ淡海線の製作日誌(その5)、、愛称高原のポニー C56形蒸気機関車がデビュー!、、

ジオラマ淡海線の製作日誌(その5)、、愛称高原のポニー C56形蒸気機関車がデビュー!、、SL広場に展示してあるC56が淡海線(おうみせん)をはじめて走行します、、SL特有の複雑な動輪駆動部がちゃんと回転するのだろうか?DD51ディーゼル機関車よりも小さな蒸気機関車が貨物車や客車を引っ張れるのだろうか?流石に定評のあるカトー製だが、変な…
トラックバック:1
コメント:4

続きを読むread more

ジオラマ淡海線の製作日誌(その4)、、大津駅で国鉄特急色が復活したEF65 2070、感動でした!、

ジオラマ淡海線(おうみせん)の製作日誌(その4)、、ベランダから琵琶湖を眺め、大津港の商業施設から湖面を観察し、、湖水の色はそのときどきの光で変幻自在、、これを描くのは難しい(涙)、、勘弁してよ~~~、、意を決して一か八かアクリルカラーの4色をチョイス、、水深の深いところから浅い浜辺に向かって、一気に筆を走らせました、、(>▽<;; ア…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ジオラマ淡海線の製作日誌(その3)、、税務処理の多忙の合間を縫って、、、、

ジオラマ淡海線(おうみせん)の製作日誌(その3)、、税務処理の多忙の合間を縫って、、OTSUKYONも一応個人事業主(汗)、、医療コンサルタント業を標榜しておりますので、確定申告期間(2019年2月18日~3月15日)は超多忙、、毎年の確定申告+青色申告に加えて、去年自宅マンションを売却してほんのわずかの譲渡益はあったので、分離課税用の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ジオラマ淡海線の製作日誌(その2)、、日常の備忘録を織り交ぜて、、

ジオラマ淡海(おうみ)線の製作日誌の2回目です、、1月14日(成人の日)、月曜日は祭日であっても家内は仕事で出かけます、、自室にこもっていそいそと製作に熱中、、今回の鉄道線のレイアウトは、外回り線が高架線を使って空中でクロスして2周する間に、「町中駅」と「しんやまのて駅」を通り、一方、内回り線は両方の駅を通り引込線に入る、引込線は4線で…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ジオラマ淡海線いよいよ製作開始します!、、日常の備忘録を織り交ぜて、、

皆様、大変ご無沙汰しております、、1月3日に「毘沙門堂初詣の前に、ぐるっと琵琶湖をひと回り鉄道旅、、」をアップして以来、50日あまり何もしなかったのではありません、、病気で臥せっていたのでもありません、、医療コンサルタント業は週4日しっかり務めましたし、去年7月の新居移転後の膨大な雑用の山を片付け、住まいの給付金の申請、仏事や確定申告・…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

毘沙門堂初詣の前に、ぐるっと琵琶湖をひと回り鉄道旅、、

二日の朝、大好きな白味噌のお雑煮を食べていると、家内が初詣に行こうと、、大津に住むOTSUKYONは歩いて行ける近江神宮かな?と応えると、、大津京駅から隣りの山科駅まで、ぐるっと琵琶湖を右回りに一周して山科に行きたいと提案してきた、、たった5分で行けるところを2時間50分(電車に乗っているだけ)もかけて行きたいと、、湖北の雪景色を車窓か…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more