舞鶴観光ドライブ、、今と昔

7月30日の夕方、赤レンガパークを見終えて車に戻り、、(エアコン全開)、、すでに太陽は西の空に傾いてはいるが、それでも暑さは堪える、、

画像

去年6月に乗り換えた、フィット・ハイブリッド、、積算距離は10000キロの少し手前、、街中も高速も全部含めて、平均燃費はリッター22Km程度かなぁ~、、(まあまあだね)、、もう少し舞鶴に留まりたいという心境に、、舞鶴観光ガイドマップ、、開いて見る。


おやおや、、ガイドマップに載っている吊り橋、、キレイですね、、こんな橋だよ、、

画像

舞鶴クレイン・ブリッジ、、行って見ましょう。


広域地図で確認、、舞鶴市役所を出発して、引揚記念公園に向かう、、

画像

詳細地図では、、手前を左折すれば、橋だよね、、

画像

ナルホド、、大浦半島の入り江をショートカットでつなぐ橋、、ナンだね。


市役所前から走ること20分あまり、、橋の方に左折する交差点が分からず、入り江の北に出てきた、、

画像

緑が綺麗な田園風景の向こうに、、小さく橋が、、仕方なく、橋の西側を目指そう、、

西から橋を望める絶景ポイントで車を停車、、

オリンパス・フォーサーズ用14mm-150mm f4のズームレンズを試して見る、、

<14mm f5.6>最大の広角側で写すと、この程度、、

画像

<18mm f5.6>こんな感じだね、、

画像

<25mm f5.6>35mm換算で50mmの標準レンズ、、こんな感じ、、

画像

<100mm f5.6>橋脚からのびるワイヤーが綺麗に見えます、、

画像

浜辺に近づいて、、

<14mm f5.6>広角側で、、

画像

なかなか便利なレンズだね。


今度は橋を渡り、、(橋の上では駐停車禁止)、、東側から、、

画像

<14mm f5.6>強烈な光を放つ太陽、、まともにレンズに入るが、ゴーストはない、、(すごい)、、

35mm換算で28mm-300mm、広角から望遠までのズームレンズ、、

こいつは、使い物になるぜぇ~、、(笑顔)。


そろそろ、舞鶴クレイン・ブリッジをおいとまして、、

次に向かうのは、、引揚桟橋、、

画像

昭和20年(1945年) 第二次世界大戦が終結し、、

旧満州や朝鮮半島をはじめ南太平洋など多くの国や地域に約600万人以上もの日本人が残された。

速やかに日本へ帰国させるために、「引揚げ」が開始された。

舞鶴もその役割を担うこととなり、主に旧満州や朝鮮半島、シベリアからの引揚者・復員兵を迎え入れる港となった。

画像

画像

画像

画像

引揚桟橋の向こうに、舞鶴クレイン・ブリッジが見える、、

岸壁の母、有名になった、、田端ハナさんの代筆による「まぶたの桟橋 舞鶴よ」の歌詞が、、

画像

戦後68年、、辛い歴史を知る人々は高齢、少なくなっていく、、(後世に引き継げるのか?)

18時を少し過ぎた、舞鶴引揚記念館には入れない、、(ザンネン)、、


美しい橋ができて便利になる舞鶴、、軍港として栄えた遺産を継承する舞鶴、、

舞鶴の、今と昔、、心に残るドライブだった。



ここからは、いつもの備忘録、、(お忙しい方はスルーしてね)、、


第2次世界対戦の終結後、海外諸地域に残された日本人の数は、軍人・軍属が330万人、一般邦人が300万人以上といわれ、これらの人々は、短期間にしかも一斉に帰国しなければならなくなった。

これを「引揚げ」といい、この人たちの速やかな帰国は全国民の切なる願いであった。



政府は、国家的緊急課題として、この大事業に取り組み、昭和20年(1945年)から、軍港だった舞鶴港をはじめ、国内の十数港を引揚港に指定して業務を開始した。


舞鶴では昭和20年10月7日に最初の引揚船「雲仙丸」の入港から、昭和33年9月7日の最終引揚船「白山丸」まで、国内で唯一13年間にわたり約66万人もの引揚者・復員兵を迎え入れた。


この膨大な、海外からの引き揚げは、まさに史上その類例をみない民族の大移動であり、国内から駆けつけた肉親との再会は明暗と哀歓を織りまぜた人生の一大ドラマであった。


日本国内はもちろん、全世界の注目を集め、数多くの新聞、報道関係の記者、カメラマンの取材によって、内外に報道された。



特に舞鶴港は昭和25年以降、国内唯一の引揚港として最後まで重要な役割を果たし、「引揚げの町・舞鶴」の名が全国に広まった。


終戦から十数年、舞鶴港で大陸からの引揚げ者の援助活動を行い、「引揚げの母」として知られた、田端ハナさん(たばた・はな=元京都府舞鶴市議)、2006年7月7日、老衰のため舞鶴市の老人ホームで死去、99歳。

京都府出身。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 62

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

2013年08月11日 16:13
おお!この橋もキレイですね。舞鶴に行ったら、ココも見てみないといけませんなぁ~。
2013年08月11日 20:43
またまたコメントありがとう!
1泊して、ゆっくりドライブしたい所はイッパイありましてね。
実は、7月30日平日だったんですが、iPhoneの楽天やじゃらんで、車の中で探したんですが、お値段に合ういい宿が見当たらず、泣く泣く京都まで帰りました。
赤レンガ倉庫群はライトアップするそうで、ぜひとも観たかったです(涙

この記事へのトラックバック