山茶花(サザンカ)の道、、冬の西日を浴びて、、

山茶花(サザンカ)という花は、、10月~2月ごろまで、見ごろの長い花、、京都の自宅からバス停に向かう途中に、、生垣が西日を浴びて、美しいピンクに染まっていました。
画像

1時間ほど、、(大層な思案を重ねて、、)、、100枚ほど写しましたが、まず最初に、OTSUKYONが一番お気に入りの1枚はこれです、、

ここから、少し枚数が多いですが、、順光あり、、逆光あり、、ちょっと工夫を凝らして見ましたので、よろしかったらご覧下さい
画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

ここからは逆光で写しました、、
画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

掲載する写真を絞り込むのが下手で、、枚数が多くなりましたが、ご容赦ください。

毎日通勤でこの山茶花の道を通りますが、やっと撮影することができました

最後までお付き合いくださいまして、ありがとうございます
正月休みも終わりです、、心を引き締めて、新たな目標に向かって頑張りましょう!


それでは、私の備忘録、、皆様は常識ですので、、(スルーしてください)、、

昔から侍は、椿(ツバキ)を好みませんでした、、その理由も含めて、、
椿と山茶花の違いは?

お花の写真集より、、
http://www.flower-photo.info/products/camellia_japonica/sasanqua.html

椿(ツバキ)と山茶花(サザンカ)はどちらもツバキ科ツバキ属の植物で、花の形などがよく似ています。
さらに、品種によっては同時期にも咲くため区別が難しい場合があります。
下記にツバキとサザンカの基本的な違いを記述しています。
上記の表に沿って判断すると、椿と山茶花の判断はさほど難しくないと思います。
ただし、山茶花と椿の交配種で、春咲きの「春山茶花」や冬先の「寒椿」などがあり、上記の例だけでは完全な判断はできません。
画像

花弁が合着している椿は、花がそのままぽとりと落ちる、、まるで首が落ちるように、、(ナルホド)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 57

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい

この記事へのコメント

2014年01月06日 15:53
OTSUKYONが一番に薦められて居た山茶花がやはり良いですね。後は その垣根を写された九番目の写真も好きですよ。住宅地の路地、趣のある京都らしい道ですね。
2014年01月06日 16:55
こんにちは、コメントありがとうございます。
私の娘にも選んでもらいましたが、同じく1番目の写真が良いとのこと、花の中心の雄しべや雌しべ、黄色いのが写ってない横から写した写真なんですが、バックの光のボケ具合が、良かったのかな?
shinsukeさんのお写真の足元にも及びませんが、私なりに難しい題材に果敢に挑戦した結果、まあ良しとしましょうか。

この記事へのトラックバック