和歌山電鐵貴志川線 たま駅長に逢いたくて♪

GWの真っ只中、5月1日、、カレンダーでは平日、、前から行きたかった和歌山電鐵貴志川線の貴志駅、、たま駅長に逢いたくて♪、、
画像

ちょっと長くなりますが、、(いつもゴメン!)、、始まりです、、いつものタイトル写真は、、貴志駅にて、おもちゃ電車とTAMA MUSEUMポスターです。

さて、話はもどりますが、京都からフィットHBを転がして、2時間半、、和歌山北ICの手前、紀ノ川SAにて休憩、、
画像

晴れ渡った空、和歌山の市街地が見えて来ました。

お昼は、紀の川・めはり寿司を食べて、、
画像

高野山麓の高菜の香りが、いいですね。

さあ、たま駅長が執務する貴志駅に向かいます、、
画像

実は駅前には駐車場はなし、、(困ったなぁ~)、、
駅前のたこ焼き屋、、10個200円、、(ヨッシャ~)、、
画像

とても安い!、、まあ普通のお味、、一時停車が許されて、、OK!!

でも、、(知らなかったが、、ゴメン、、)、、本当は鉄道を利用して欲しいとのこと、、

それでは、駅前の写真から、、
画像

画像

画像

猫の顔なんですね、、

駅舎に入ると、、(人、ひと、ヒト、、)、、近隣諸国の観光客が多いね~~
画像

画像

画像

それでは、たま駅長の執務室を、、
画像

画像

画像

ガラス張りのTAMA OFFICE、、お昼寝中、、寝ることも仕事なんですって、、
たま駅長の公休日は、土、日、月曜日と祝日、、今日は木曜日、間違いなく、たま駅長です!!
なお、公休日はニタマ駅長が代行します。

ナンと、、名札が、、社長代理?、、
そうなんです、、和歌山電鐵公式HPより、、(抜粋)、、
http://www.wakayama-dentetsu.co.jp/president/140105.html

たま駅長とニタマ駅長がダブル昇進!
(和歌山電鐵 社長 小嶋 光信)

昨年11月に念願の交通政策基本法が成立し、運輸規制緩和のミスリードでズタズタになった地域公共交通の存続だけでなく、地域活性化のツールとして機能できる素地が出来てきました。

特に地域公共交通の問題をリアルに、また身近に国民的課題と理解していただくのにこの和歌山電鐵の再建が貢献したと思います。

地域公共交通を惨めに再建するのでなく、いちご電車、おもちゃ電車、たま電車というユニークな水戸岡デザインの電車たちや年間80回以上というイベントで楽しく運営したことが、県民、両市民と国民的応援を生み出し、地域公共交通の問題点と必要性を理解していただくのに貢献したと思います。

中でも、和歌山県のみならず日本中、また香港、台湾、韓国というアジア地域と欧米での人気を勝ち得た「たま駅長」の活躍なくしてこの法律は出来なかったのではと思っています。

そこで、交通政策基本法成立記念として、その一翼を担ったたま駅長とその部下としてたま駅長を支えているニタマ駅長をダブル昇進させることにしました。

特にたまスーパー駅長は、和歌山県の観光のシンボルとして国内のみならず海外のお客様についても前年比240%アップという凄い実績で貢献し、観光招き大明神の威光を遺憾なく発揮したことにより、、
社長代理貴志駅スーパー駅長たま 貴志川線14駅の総駅長職としウルトラ駅長を命ずる」ということで社長代理ウルトラ駅長に昇進させることにしました。

ニタマ駅長は、就任2年目にして、たま駅長の公休日に貴志駅長代行を務めるだけでなく、伊太祈曽駅長を立派にこなし、和歌山市観光特別大使アゼリニャとしても活躍したことを評価して、、
「伊太祈曽駅長ニタマ 課長職とし、スーパー駅長を命ずる」と発令しました。

ちなみに、ニタマという名前は「たまに似た二番目の駅長猫」という意味。

左、たま駅長を抱く小嶋社長、、右、ニタマ駅長、、
画像

ローカル鉄道の存続、発展に、、にゃんと、、多大な貢献をしているのですね、、

5月4日の報道ステーションサンデーより、、
画像

画像

画像

画像

フランスのドキュメンタリー映画にも登場したそうです。

キャスターの説明によると、たま駅長は15歳と、、(ナンと)、、2014年現在では、人間で言うと60~70歳の高齢とのこと、そろそろ2代目たま駅長に交代する時期かな?

そろそろ和歌山駅からの電車が到着します、、ホームへ、、
画像

画像

来ました、、おもちゃ電車ですね、、
画像

画像

画像

画像

さすがに、鉄道デザイナー水戸岡鋭治氏のデザイン、、乗ってきた子供がきょとんとしてます。

画像

画像

画像

2両編成のワンマンカーは折り返し、和歌山駅に向けて発車して行きました。

それではこの辺で、今日のブログはお仕舞いです、、
長々とお付き合いくださいまして、ありがとう!、、

紀伊半島の旅、もう少しつづきます、、


いつもの備忘録、、(スルーしてね、、)、、ウィキペディアより抜粋、、

和歌山電鐵、、

和歌山市に本社を置き、鉄道路線貴志川線を経営する会社である。
岡山電気軌道(岡電)の完全子会社で、両備グループに属する。

2006年4月1日より、南海電気鉄道(南海)から貴志川線を引き継いで経営している。
和歌山電鐵が旧字体の「鐵」となっているのは、「鉄」の文字を分解すると「金」を「失」うになり縁起が悪いこと、鉄(鉄道)の基本に立ち返るという意味であえて使用したものである。

経営のモットーは「日本一心豊かなローカル線になりたい」。
地元自治体、沿線住民、沿線学校関係者、商工会で構成する「貴志川線運営委員会」を社内に設置し、沿線住民の要望を取り汲んで活かす仕組みをつくっており、現場に対するアイディアや情報提供は同委員会が行っている。

「いちご電車」「おもちゃ電車」「たま電車」の運行や、貴志駅の猫の駅長「たま」(駅長であると同時に2013年1月5日より社長代理でもある)など特異な取り組みも行っている。

営業開始時には南海から貴志川線専用車両の2270系電車12両全車が無償譲渡された。
以後、順次車体色を南海カラーから和歌山電鐵の車体色に塗り替えられ、、
2006年(平成18年)8月6日より「いちご電車」、、
2007年(平成19年)7月29日より「おもちゃ電車」、、
2009年(平成21年)3月21日には「たま電車」が運行を開始した。
これらのデザインは岡電の9200形電車 (MOMO) などをデザインした水戸岡鋭治氏が担当している。

水戸岡鋭治氏と言えば、JR九州の観光特急の多くをデザインし、特に昨年運行を開始した「ななつ星」で有名、近畿ではここ和歌山電鐵の他にも、KTR北近畿タンゴ鉄道の、あかまつ号、あおまつ号、くろまつ号もデザインした。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 89

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい

この記事へのコメント

2014年05月09日 12:28
こんにちは(*^_^*)
熊野に行った時 確か 食べました めはり寿司(道の駅で購入)
地元の 女性が あまりの大きさに 目をみはる から 付いたって
教えてくれました。そこのめはり寿司は 文字通り な大きさ、めはりに使われている 高菜の葉を お土産に購入したのを思い出しました。
お天気も良く、たま駅長に会えて よかったですね(*^_^*)
la-sirenetta さんへOTSUKYON
2014年05月09日 18:05
こんにちは、長いお休み、ハワイはいかがでしたか。
私が食べたのは、阪和道のSA、2個入っていますが、そんなに大きくはなかったですね(涙
でも、高菜は好きですので、まあ美味しかったですね。
高齢のたま駅長、いつの間にか昇進して、社長代理、すべての駅長を統括するお役目だとか、でも報酬はキャットフード、、結構高級な天然素材のフードなんでしょうね(笑
集客力は半端じゃない、、小嶋社長の閃きはすごいですね。
2014年05月09日 23:03
こんばんは。和歌山電鐵、にやんこ大好きなまぼちゃんは実は宇治平等院に行った帰りに奈良駅→桜井線→和歌山線を利用して乗りに行こうと思ったのですが、あまりにも遠いのであきらめてしまいました。今度は行きたいですが、首都圏からは、ここは遠いですね~。猫の顔の駅がかわいい。
2014年05月09日 23:28
いつもご訪問ありがとうございます。
そうなんですか、ビックリしました。
直線距離はそんなに離れていないのですが、JRで乗り継いで和歌山駅まで移動するのは、相当な時間がかかりますね。
さらに、和歌山駅から貴志川線を13駅、終点が貴志駅ですから、それは残念でしたね。
それと、たま駅長は土、日、月、祭日がお休み、代役のニタマ駅長ですね。
次回はこちらをメインにお越しください。

この記事へのトラックバック

  • 紀勢本線・・『特急くろしお』を追いかけて! part1

    Excerpt: 5月1日、GWの谷間の木曜日、、フィットHBを駆って、和歌山へ到着、、それでは、紀勢本線・・『特急くろしお』を追いかけて! part1、、始まりです、、 Weblog: OTSUKYONのスローライフ♪と鉄道ジオラマ  racked: 2014-05-11 12:49