五木寛之『他力』読み終えたが、仏教用語「他力本願」にとらわれない広い意味を知る!

今日はお彼岸の中日、、3月20日、、いつもこの時期になると満開になり春の訪れを告げてくれる、京都出町柳・長徳寺のオカメ桜、、
画像

今年も綺麗に咲いてくれました、、。

OTSUKYONは浄土真宗の門徒、真宗大谷派(東本願寺)、、
画像

2016年版 教化冊子を見ながら、お彼岸の法要に参加しています、、
画像

ひととおり法要が終わり、参列者全員で正信偈を声に出して朗唱します、、
最後に合掌して、、お念仏、、南無阿弥陀仏♪、、南無阿弥陀仏♪、、、、、すべて阿弥陀様の他力にお任せします、、。

ここで親鸞の教えのキーワードを少し、、

他力(たりき):
阿弥陀如来の絶大なる救いのはたらきのこと、、
とても仏となる資格も意思もない私たち凡夫を、如来の方から仏に導こうとするはたらき。

本願(ほんがん):
あらゆる人々を等しく真実の世界(浄土)に導き入れ、真の人間性を回復させようと願う阿弥陀如来の確かな誓い。

念仏(ねんぶつ):
南無阿弥陀仏の六字は、「ここにあなたを救う如来がいる」という阿弥陀如来の「喚びかけ」の言葉、、
それを聞き、口に南無阿弥陀仏と称える(念仏する)とき、如来の心が私に伝わり成仏が約束される。

往生(おうじょう):
この世の縁が尽きるとき、浄土に生まれて仏となること、、
親鸞は、必ず救うという如来の誓いを信じ、念仏を申すものは、命が終わらなくてもこの世ですでに往生が約束されると語った。

悪人正機(あくにんしょうき):
ふり返ってみるとき、私たちのなかにははたして真に「善人」といえる人がいるだろうか、、
阿弥陀如来のめざす救いは、大多数を占める悪人たちに向けられているのだ。

真宗門徒は、上記の「他力本願」を信じて、お念仏を唱えるのですね、、。


さて、五木寛之氏の『他力』、、
画像

2005年(平成17年)9月に初版発行、、
阪神淡路大震災(1995年1月)があり、オウム真理教のサリン事件(1995年3月)があり、酒鬼薔薇聖斗事件(1997年)があり、、
世相が荒廃していた時代、、何か閉塞感に潰されそうな時代、、
人生に希望というものは存在するのだろうか?、、
そんな時代に書かれたのが本書、、
法然・親鸞の思想から辿りついた、五木寛之氏の乱世を生きる「100のヒント」、、ナンですね、、。

その後も、2011年(平成23年)3月の東日本大震災は記憶に新しく、、
原発のメルトダウンという、まるで末世の阿鼻叫喚も経験した、、
この本は今でも輝きを放っていると考えている、、。

それでは、現在では比喩的に、「他人にたよって物事をしようとすること」と、間違った使用が絶えない「他力本願」、、
五木寛之氏の考える「他力本願」の中身は、、

ちょっと長くなるが、、悪しからず、、

ヒント④本願他力こそ生命力の真の核心

 「他力」と言えば、すぐに「他力本願」という言葉が浮かびます。この他力本願という表現は、最近でもじつによく使われる言葉で、新聞やテレビなどでもちょくちょく目にしたり耳にしたりします。

 一般に他力本願と言えば、「あなたまかせ」「他人まかせ」の意味で用いられることが多い。つまり「自助努力」の反対の意味として世間に通用しているようです。最近流行の「自己責任」を強調する際にも、他力本願ではいけない、と言われたりします。さらに言えば、俗にいわれる「他力本願」と区別するために、「本願他力」と、本願を先に立てる表現が適当な気もします。

 しかし、時代とともに言葉の本来の意味が少しずつ変わってくるのは仕方のないことではありますが、「他力本願」の本当の意味は、決して単なる「あなたまかせ」「無責任」ではありません。それはひときわくっきりとした強い世界観にもとづく大きな思想であり、危機に直面した人間にとっての最も頼もしい力であると言っていいでしょう。

 この他力のことを、思想とか、世界観といった表現をすることに違和感をもたれるかたも少なくないと思います。日本浄土教の始祖、法然、そして真宗の確立者である親鸞、蓮如らの信仰の最も重要な核心がそこにあるとすれば、その疑念は当然です。

 しかし、私が「本願他力」を、あえて信仰とか、信心とかいった言葉で表現しなかったのは、他力という言葉に、宗派を超えて現代人すべての心に働きかける激しく大きな力を感ずるからにほかなりません。

 神や仏の存在を信じる者も、信じない者も、目に見えない世界を認める者も、認めない者も、世界中の民族や国籍を超えて、「非常時」に生きる私たちを、強く揺さぶるエネルギーがそこにはある。そして、この他力の世界こそ、いま私たちが無意識に求めている「何か」ではないか、と思うのです。

 ここでは、仏教学的な他力論議をあえてしません。その機縁があれば、いくらでも親切な解説書に出会えるはずです。宗門のかたに話を聞くという方法もあるでしょう。

 私は仏教についても、また「本願他力」の背景に関しても、きちんと体系的に勉強したことはありません。いろいろ知ったようなことを書いてはいますが、私の知識や理解のほとんどの部分はテキストから学んだものではなく、俗に耳学問と言われるお話として対面して聞いたものばかりです。

 しかし、本当の知識や理解は、声に出して、口から人の耳へと伝えられてゆくものではないでしょうか。真宗では特に聞法ということを大事にしてきました。有名な蓮如の『御文章(ごぶんしょう)』(お文)と言われる手紙形式の説法も、大勢の人に読んで聞かせ、また皆がいっしょに声に出して朗唱することを前提に書かれました。

 そんなふうにして耳から声で伝えられた私流の他力の受けとり方について、少し突っ込んで考えてみようと思うのです。


さてさて、過去のブログではありますが、、

OTSUKYONの人生観、人が生きる意味を記した内容より、、

人は「なぜ生きる」、、、人生とは何だろう?、、掲載日 : 2013/03/11、、
ここをクリック⇒http://otsukyon.at.webry.info/201303/article_13.html
検索数も多く、今でも私はこの考えを貫いています、、よろしかったらご覧ください!

最後にオマケ、、3月20日は日曜日、、行きたい場所があります、、
画像

懐かしい京都市電、、
画像

改造された車内には、、
画像

パンフレット類がいっぱいあり、、
画像

細見美術館の春画展、、でも、道路まで行列の50分待ち、、呆れました、、

それならばと、、
画像

京都市美術館、、
画像

ルノワール展、、これまた長蛇の列、、あきらめて、、
画像

平安神宮をうろうろ、、
画像

画像

だだっ広くて、あまり見るものはなし、、早々に撤収、、

今日のランチ、、

東大路通二条の手打ちうどん・そば処 相生(あいおい)、、
画像

画像

カツカレーうどん、、カレールーの餡かけが、熱々で美味しかった、、

そして、お土産は、、
画像

聖護院生八ツ橋、、定番ですが、こちらは苺の聖、、美味しいですよ、、

長々と失礼しましたが、今日のブログはお仕舞いです、、

いつもご訪問いただき、人気ブログランキングに投票、ありがとうございます、、

お気に召してくだされば、是非こちらを、、

1日1回、ランキング「ポチっと一つ」ご協力お願いいたします!
↓↓ここをポチっとクリック、よろしく m(_ _)m

カメラ ブログランキングへ

撮影機材: iPhone 6S

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 134

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

2016年04月06日 14:27
今年も4月3日~5日に京都の隠れた桜の名所をジャンボハイヤーで巡る旅に行きました。
天気が今一でしたが、京都の桜を満喫しました。
また、今回は京都ホテルオークラに宿を取り快適に過ごすことが出来ました。
2016年04月06日 22:59
カズジイさん、京都と旅、お疲れ様でした。
そうですね、今年は週末からちょっと天気が悪くなる日が多いですね、、雨は何とか持ちこたえていますが、くもりでは桜の花が冴えませんね(涙
ブログの桜を期待しています(笑顔
いつもポチッと投票いただき、ありがとうございます。
2016年04月07日 11:43
こんにちは。
五木寛之さんはベストセラー作家として沢山の書籍を出版されていますね。『 他力 』の本はまだ読んでいませんが、この混迷する時代に生き方の提言をされていると思います。人はなぜ生きる、、のブログ記事も拝読しました。どちらも興味深い内容です。

余談です。この宇宙を動かしている意識体を阿摩羅識( アマラシキ )、その身体を阿弥陀( アミタ )と言う教義もあります。この宇宙は一つの生き物と言う見解です。
2016年04月08日 13:06
華の熟年さん、こんにちは、、いつもありがとうございます。
私も五木さんの書籍は沢山読みました、、歳を取ってから法然、親鸞、蓮如の念仏に興味を示され、大学で仏教学も学ばれたそうですね、、私も門徒として大変興味があります、、。
当時は従来からの天台の教えに対峙する異教とされましたが、自力で往生できない凡夫だからこそ、大きな他力におすがりするしかないのですね、、。
人生は他力の力によって生かされている、心から感謝ですね、、アミタの教義も少しは知っていますが、人間は宇宙の中の小さな生命体なんですね、、。
最後まで読んで頂き、ありがとうございました(感謝

この記事へのトラックバック