彦根城と玄宮楽々園と井伊家の菩提寺散策、、大河ドラマを想い出して!

12月8日近江鉄道ミュージアムを早々と退散して、国宝彦根城へ向かいます、、街の中心に天守がそびえていて、どこからでも見える地方都市、、OTSUKYONは大好きデスね、、現存する12天守のうち国宝に指定されている城は5つ、姫路城、彦根城、犬山城、松本城、松江城、、どの天守も素晴らしいのですが、その中でスケールが一番大きい姫路城と街のどこからでも拝めると言うことで国宝ではないが松山城が好きですね、、そして彦根のゆるきゃらといえば、ひこにゃん、、それでは出発です、、(@⌒ο⌒@)b ウフッ!

天守を背景に、ひこにゃん、、
画像

残念ながらこれはパネルのひこにゃん、、後に立って記念写真を写すんですね、、
画像

ただ今11時54分、、ひこにゃんは休憩中ですね、、

今日のパンフは、、
画像

ひこねステーションホテルでもらって、ちょっとプランを立てて、、
画像

彦根駅側の佐和口から入場します、、
画像

写真は重要文化財の佐和口多門櫓、、ですね、、
画像

屋根からススキが、、輝いています、、。

入ってすぐに、共通券を買って、、
画像

表門橋を渡り、、
画像

斜面を登ってくる敵を撃退するための「登り石垣」、、
画像

この城郭遺跡は秀吉の晩年、朝鮮出兵の際に盛んに作られたとか、、紅葉が少し残っていますね、、。

重要文化財の天秤櫓、、
画像

見上げながら下をくぐり、、
画像

石段を登ると、、紅葉の絨たん、、綺麗ですね、、
画像

天秤櫓の橋を渡り、、
画像

これも重要文化財の太鼓門櫓と天守、、
画像

国宝の天守の外観、、春は桜が綺麗でしょうね、、
画像

画像

着見台から市街を眺めると、、
画像

琵琶湖に浮かぶ竹生島、、湖北は吹雪いてます、、
画像

そして、南東の方角に佐和山城跡の小高い山が見えて、、
画像

天守に登ります、、お気に入りの写真は1枚のみ、、
画像

北西の方角に琵琶湖が見えて、傾斜した屋根瓦の向こうに西の丸三重櫓が見えます、、
天守の内部の調度品はほとんど彦根城博物館で展示されていました、、残念、、。

どこの天守でもそうですが、急な階段の連続、、高所恐怖症の私は登るも降りるもとっても辛い、、
お殿様やお姫様はどうやって登ったのでしょうか、、
西の丸へ向かうと、、
画像

三重櫓を背景に、、西日で紅葉が輝いている、、
画像

これも好きな写真ですね、、

お堀の橋を渡り、、
画像

名勝・玄宮楽々園のパンフを参考に、、
画像

楽々園は歴代彦根藩主の下屋敷、井伊家27代(彦根藩4代)直興(なおおき)により建立され、その後も造営がつづき、、
幕末の36代(彦根藩13代)大老・直弼もここで生まれたそうです、、
玄宮園は中国唐王朝の玄宗皇帝の離宮になぞらえて命名され、直興の時代に造営が始まったそうです、、。

玄宮園西口を入ってすぐ、、楽々園を望む、、
画像

飛梁渓(ひりょうけい)の橋の下から玄宮園の全景、、
画像

天守を借景に臨池閣(りんちかく)、茶席の鳳翔台(ほうしょうだい)などの庭園が一望できて、、
画像

写真はほどほどに、ひこねステーションホテルまで歩く、、。

途中で、、大根おろし蕎麦と竹炭いなり寿司、、
画像

佐和口からすぐの場所にある、献上伊吹そば つる亀庵、、
腰が強くてとっても美味しい蕎麦でした、、
14時過ぎの遅いお昼をとって、、しばしの休憩、、

車に乗って井伊家の菩提寺へ向かう、、10分ほどの距離、、
画像

佐和山城跡の麓にある、、龍潭寺(りょうたんじ)、、
画像

彦根の龍潭寺は、1600年に井伊家24代(彦根藩初代)直政(なおまさ)が佐和山城主となった際に、、
井伊家の発祥地である井伊谷の龍潭寺を分寺し、龍潭寺の五世・昊天禅師を招いて建立したもの、、
浜松市の井伊谷にも同じ名称の龍潭寺があり、両方とも井伊家の菩提寺となっています、、
境内横の参道は佐和山城跡へのハイキングコース、、
画像

秀吉の家臣、佐和山城主の石田三成の像があり、、
画像

画像

画像

七福神石像の前を通り、30分ほどで山頂の佐和山城跡の石碑があるそうです、、
ここで時刻は15時20分、、
城跡への往復は1時間は必要だが、16時に龍潭寺の門が閉まるので、、
この先は断念、、(悔しい、、)、、次回余裕を持って再訪することにします、、

最後にオマケ、、

彦根藩を開いたのは家康の家臣となった井伊家24代直政、、
画像
(城彩 jyo-sai.comよりお借りしました)
2017NHK大河「おんな城主直虎」でお馴染みの、、
画像

23代直親(なおちか)が今川に暗殺され、、
男性家臣を次々に戦で失ってしまった井伊家の次の領主となったのが、、
次郎法師から直虎と名を改めたおんな城主、、
直親の忘れ形見である虎松(後の直政)の後見として井伊家の存亡を救った、、
大好きな大河ドラマを思い出しながら、、
大津への帰路に着くOTSUKYON、、
強行スケジュールでちょっと疲れましたが、楽しい一日でした、、

最後までお付き合いくださり、ありがとうございます、、









彦根城を極める [ 中井均 ]
楽天ブックス
中井均 地方・小出版流通センターヒコネジョウ オ キワメル ナカイ,ヒトシ 発行年月:2007年02


楽天市場





近江佐和山城・彦根城 [ 城郭談話会 ]
楽天ブックス
城郭談話会 地方・小出版流通センター サンライズ出版(彦根オウミ サワヤマジョウ ヒコネジョウ ジョ


楽天市場





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 59

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい

この記事へのコメント

2018年12月17日 11:42
こんにちは。
ゆるキャラのひこにゃんの出迎えを受けて、彦根城を見学された様ですね。紅葉の写真と共に、国宝の天守閣や城壁は素晴らしいです。数年前にテレビで放映された「女城主直虎」は小生も視聴しました。今年は西郷どんでしたね。
2018年12月25日 23:41
こんばんは、いつもありがとうございます。
去年の大河ドラマを想い出しながら、時間を気にせずに散策しましたが、佐和山城跡に登る予定の時間まで費やしていたようです(涙
今年の大河の西郷どんは、段々と視聴率が落ちて来ましたね、大河の歴代ワースト2位だそうです、、私にも頷けると番組内容でした。
2019年03月25日 01:58
彦根城、僕も先日行ってきました。
写真きれいに撮れていますね。
僕が行ったときはひこにゃんはいませんでした。

この記事へのトラックバック