湖西線_絶滅危惧車両113系_いつまでも現役でいて欲しい!

  • 皆さま、こんばんは、、長らくご無沙汰して申し訳ありません、、医療コンサルタント業がほぼ廃業状態になり、十分時間はあるのですが、自宅マンションの管理組合の用事でバタバタしておりました(汗)、、4月の晴天の日に、JR湖西線をうろうろして、タイトルにもある “絶滅危惧車両113系” を追いかけてきました、、本当の目的は湖西線を通る北斗星を牽引していたEF510-500番台電気機関車の通過時刻を確かめるのが目的でしたが、なんせ1日に2本から3本しか通りません、、仕方なく、目的が113系になった次第、、でも、綺麗に動画が撮影できましたので、YouTubeにアップしました、、今日のブログはそんな話題を載せますので、最後までお付き合いください、、

2021貨物時刻表を買って調べると、日本海縦貫線を通って上り貨物が9:24ごろ、10:23ごろに大津京を通過します、、
急いで大津京駅に行きましたが、1番線に待避していたEF510-500番台北斗星色は出発して行くところでした、、
カメラの準備もできずに、、(残念)、、獲物を逃しました、、

次に大津京を通過するのは約1時間後、、さてどうしよう?、、
湖西線は上りと下りの間にホームがある島型配置が多いので、車輪まで入れて撮影するには、対向式ホームの駅が有利なんです、、
そこで、雄琴温泉駅まで行くことにしました、、
下りホームの先でOLYMPUS E-M5MarkⅡを構えていると、トンネルの奥に機関車らしきライトが、、よっしゃ、、
当然連写モードで写しましたが、、(トンでもない、、)、、高速で通過する車両に構図が間に合わず、ピントも合わず、、
何とか写せたのはこんな写真でした、、
P4070018.JPG
正しく北斗星色のEF510-505電気機関車、、大好きな車両なんです、、
P4070021.JPG
駅のホームから写すならビデオカメラが必要ですね、、トホホ、、
この次に通過するのは14時半ごろ、、
仕方なく、ターゲットを113系に変更した次第、、でも頑張ります、、

やって来た113系8両編成、、京都地域色の抹茶色です、、
先頭車のスカートに、L14編成、4両すべて7700番台ですね、、
P4070005.JPG
P4070010.JPG
最後尾のスカートに、C17編成、4両すべて5700番台の車両でした、、

ここで、sirasagi683keiさんの「吹田総合車両所京都支所113系編成表 - JR編成表、配置表」をお借りして、、
Inked113系C編成吹田総合車両所京都支所_LI.jpg
Inked113系L編成吹田総合車両所京都支所_LI.jpg
4両編成1単位で16編成64両が使われているようです、、
今日のブログに登場するのは、緑の下線を入れた、C17、C10、L14、L3の4編成です、、

ここで、上図のピンクのL6編成は、、ウィキペディアより引用、、
800px-113_L6_20170928.jpg
主に草津線(湖西線でも運用)のラッピングトレイン、、Shonobi-Train、、
甲賀駅が最寄りの甲賀の忍びの里にちなんだ特別仕様なんですが、、有料ではなく普通の列車として運用しています、、

さて、ゆっくりしたスピードで入線、出発を撮影できる京都駅に行くことにしました、、。

京都駅の1番線(ホームはない)、通常は貨物列車が通過する線路、、
草津線の行先表示の113系8両編成が待避しています、、先頭にはC10編成、、
4両はすべて5700番台、、
P4070037.JPG
P4070039.JPG
ジャンパ栓や連結器まわりが素晴らしい、、いい顔してます、、

後ろの4両は、L3編成、、先頭車はクハ111-7758、、7700番台ですね、、
P4070035.JPG
P4070036.JPG
先頭車2両が7700番台、中間車2両は5700番台です、、
7700番台は窓枠がアルミ、屋根の樋の形状が異なると考えていましたが、、何故か、、
5700番台と同じ窓枠、屋根の樋でも7700番台の表記がありました、、

2番線に223系新快速が入線、、
IMG_8798.JPG
この新快速が発車した後、、113系は3番線に入線します、、。

さて、ここからはOTSUKYONのYouTube動画でご覧ください、、

絶滅危惧車両113系 C10編成+L3編成 京都駅にて、、2021/5/01、、
皆さま、こんにちは。今日は湖西線を走る “絶滅危惧車両113系” 京都地域色の抹茶色の動画をお届けします。
湖西線沿線よりも京都駅で撮影する方が便利なんです。
下り方面の先頭4両はC10編成(クハ111-5706、モハ113-5756、モハ112-5756、クハ111-5756)、続いて4両はL3編成(クハ111-7708、モハ113-5707、モハ112-5707、クハ111-7758)の8両編成です。編成の連結部は通り抜けできません。
L3編成の両端は7700番台で窓枠と屋根の樋の形状が異なります。
1番線待避線から湖西線3番線への入線と出発シーンをご覧ください。

いかがでしたか?
抹茶色一色に染められる前はJR西日本オリジナル色、そして大好きな昭和を代表する湘南色、、でした、、
そんな湘南色の動画を過去のブログより掲載します、、

柘植行き113系普通、抹茶と湘南の混成、京都駅0番ホーム、、2012/12/22、、
やっと見つけました!京都駅0番ホーム、柘植行き普通の8両編成、先頭から4両は抹茶色、後ろ4両は湘南色です。
17時45分に京都駅を出発して行きました。113系の長編成はやっぱりかっこいいですね(涙)。
全部湘南色ならもっと感動なんですが、、、(残念)。
朝夕の通勤時間帯のみ、京都-柘植の直通電車が運行されています。早朝1本だけ大阪行きも運行しています。
京都発柘植行きは0番ホームから発車しますので、撮影のロケーションはいいですね(笑)。
冬の夕暮れ時、画像は満足できるものではありませんが、ご覧ください。

今日のブログはお仕舞です、、
絶滅危惧車両と呼ばれて、JR西日本の湖西線(草津線)でないと見れない113系、、
何度でも改修工事を実施してもいいから、長く現役を続けて欲しいですね、、
最後までお付き合いいただきありがとうございました、、


オマケ、、ウィキペディアより抜粋、、

湖西線・草津線113系
東海道本線と北陸本線を短絡する湖西線は1974年7月に開業し、普通列車に113系が投入されることとなったが、寒冷地を走ることから耐寒耐雪装備が必要となり、700番台が新製投入された。
1980年3月のダイヤ改正では草津線が電化された。
草津線電化用には2700番台が新製投入され、湖西線の700番台との共通運用が行われた。
電化が完成した草津線では、2往復の客車列車を除く全列車が113系電車での運転となった。

国鉄分割民営化後は700・2700番台は宮原電車区に104両(6両編成6本、4両編成17本)が配置され、湖西線・草津線のほか東海道本線・山陽本線で運用されていた。
700・2700番台は1992年より高速化改造が施工され、5700・7700番台となっている。
1995年には湖西線・草津線用の4両編成が宮原電車区から向日町運転所に転入している。
向日町運転所は1996年に京都総合運転所の本所となり、京都総合運転所の本所は2012年に吹田総合車両所京都支所となった。
京都総合運転所の113系は山陰本線(嵯峨野線)のC編成と湖西線・草津線用のL編成で運用が分けられたが、運用の都合でC編成がL編成の運用に入ることがあった。

忍者のゆかりの地を走る草津線の沿線活性化のため、2017年より113系の1編成(吹田総合車両所京都支所L6編成、クハ111-7704ほか4両編成)が忍者ラッピング列車「SHINOBI-TRAIN」となり、2017年2月25日より運転を開始した。
2019年11月10日には、113系の「SHINOBI-TRAIN」による団体臨時列車が大阪駅 - 貴生川駅間で運転された。
2020年10月1日現在、700番台と2700番台に高速化改造を施工した5700・7700番台による64両(4両編成でC編成20両、L編成44両)が吹田総合車両所京都支所に所属する。そのうち、C08・C10・L03・L07・L09・L15編成はモハ112形に集電装置を2基搭載している。
体質改善車で組成された編成も多いが、先頭車両のみもしくは中間車両のみを改造した編成も在籍する。





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 100

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい

この記事へのコメント

sahdom
2021年05月08日 00:54
こんばんわ^^)) お久しぶりです^^))
うわぁぁぁああ^^)) まだ113系が走ってるのは、とても嬉しい事です^^))
C10は、最後まで湘南色で活躍した編成でしたね^^)) 今は抹茶色に塗り変えられてしまいましたが、湘南色を撮影しに京都駅に行きましたよ^^))
ブログのyoutube見ました^^)) 京都駅も久しく行ってません~~))
昔と変わってないのにはビックリ^^))
関西で仕事していた時は、車で夜中京都を走ったり、休日は、京都や奈良へ車や自転車で遊びに良く行っていた頃を思い出します^^))
特に伊賀城が好きで、車で良く遊びに行ってました^^))
営業車で、志賀県や奈良県担当してましたから、長年裏道を走ってました^^))  その頃からカメラやっておけばと後悔~~));;
良い物を見させて頂きました^^))  これからはJR西日本に出向く事が多くなるかもしれません^^));; JR東日本は、旧型を一掃してしまい、面白く無くなってしまいました==));;
sahdomさんへotsukyon
2021年05月08日 22:43
sahdomさん、こんばんは、いつもありがとうございます😊
京都支所には113系が64両とのこと、窓枠が変更されたり、樋の形状が変わったりしてますが、外装の変更はあまり目立ちません。
内装は新快速とほぼ同じシート形状に変更され、座り心地は良いです😅
そうですね、C10は最後まで湘南色だったと思います。お節介にも全部抹茶色に塗り変えられました。湘南色の後はカフェオレ色だったかな、クリーム色に薄茶色とブルーの線が入り、いっ時181系はまかぜも同じ色に塗装されました。
京都駅は撮影し易いですね、ぴーかんの日は架線や柱の影がキツく出るのが難儀ですね。
関西で仕事をされていたのですか、関東に比べて国鉄時代の車両を大事にしてくれますが、単に資金がないからかもしれませんね。
JR九州のような水戸岡氏に改良された観光列車がいっぱい運行されることはありませんが、懐かしい国鉄特急色や湘南色を復活してくれたら嬉しいですね😃
JR東日本は新型車両への更新サイクルが凄く早いですが、何か同じような形が多いように感じます。