平成の大遷宮・出雲大社と縁結びのお守りゲット!

島根の旅、、第3弾、、始まりです
いのちを結ぶ縁結び、、出雲大社、、今まさに、平成の大遷宮(25年5月10日、本殿遷座祭)、多くの人々が注目しています。
そんな60年に一度の「御遷宮」、、このありがたい年に、縁結びのお守りを二組も、買いに行くのです。
画像

何で二組?、、それはね、OTSUKYONの長女と長男、二人の子供が、ともに結婚を約束しそうな恋人が出来たんです(超ウレシイ)。

さらに、60年と言えば、私が生れた年の翌年から数えて60年ぶり、、めでたいじゃありませんか、、そんな訳で、奥さんと二人で、大社詣でとなりました。

出雲大社は、「縁結びの神様」大国主大神(おおくにぬしのおおかみ)が祀られています。
「縁」とは、ただ単に男女の縁を言うのではなく、人、生きるものすべての縁を言うとされています。

それでは、ガイドブックを見ながら、ご参拝といたしましょう、、
画像

「平成の大遷宮」奉祝行事ガイドはこちら
http://izumooyashiro-daisengu.jp/

一畑電車の出雲大社前駅を出て、右手、神門通りをお社に向かって歩きます。
見えてきた大きな鳥居は、「勢溜の正面鳥居(二の鳥居)」、、
画像

画像

以前は大きな芝居小屋があり、大勢の人々が溜まったことより、「勢溜(せいだまり)」の名が付きました。

ここで、後ろを振り向くと、神門通りのずっと先に、「宇迦橋(うがばし)の大鳥居」、これが日本で一番大きな、一の鳥居、、
画像


樹齢400年を越える「松の参道」の手前に、「松の参道の鳥居(三の鳥居)」があり、、
右手に「ムスビの御神像」、、大国主大神が修行中に、日本海の荒波から現れた「幸魂奇魂」により、縁結びの神になったとされる逸話の再現、、
画像


そして、いよいよ御本殿がある荒垣が見え、最後の四の鳥居「銅の鳥居」をくぐると、、
画像

御仮殿(拝殿)が見えて来ました、、
画像

画像

この御仮殿は、その名のごとく、平成20年4月から25年5月10日(本殿遷座祭)の日まで、大国主大神の仮の本殿、なんです。

ここで、荒垣内の図面を、、
画像


今日は4月21日、大国主大神はまだ仮の住い、、御仮殿(拝殿)でお参りしましょう。
一般的な神社の参拝は、、二礼二拍手一礼、、
ここ出雲大社では、つの鳥居をくぐって参拝しますので、、
二礼拍手一礼、、
これを「・あ・わ・せ」と言うそうです、、(ナルホド)、、

でも、OTSUKYONは、二の鳥居から来ました、、(どうすりゃ、いいの?)、、まあいいか、しあわせが欲しいので、、シキタリ通りに、、(OK)

見上げると晴天の空に向かって、改修成った御本殿の大屋根に千木(ちぎ)が、、、
画像

画像

近づいて見ましょう、、「八足門(やつあしもん)」に向かいます、、
画像

画像

日光東照宮の「眠り猫」で有名な左甚五郎作と言われる、瑞獣と流水紋の美しい彫刻、、
画像

画像

気に入った部分をアップで、、自然の造形も美しい、、
画像

八足門の隙間から見える御本殿、、大屋根の飾り金具には、緑青を混ぜた「緑ちゃん」と言う塗料が塗られています、、
画像


西回廊前にある御守所に行って見ましょう、、
画像

二組の御守りの購入は、奥さんに任せて、、本殿遷座祭のポスターを、、
画像

日本一の日の丸、、高さ47m、国旗は畳75畳分の大きさだそうです、、
画像

ちょっと高価な、、(一般的な神社と比べて)、、御守りを4つ、大事に抱えて戻って来ました、、(笑顔)

さあ、これからは、御本殿の周りを時計回りに一周します、、

西十九社、、お社の長屋、、旧暦10月の神在月(出雲以外は神無月)、全国から八百万の神々が集まり7日間の神議り(かみはかり)、、お泊りになるのがここ、なんですね、、

修復された御本殿が、美しい、、
画像

北西の奥には、彰古館、、資料館ですね、、
画像

そして、真北にあるのが、、素鵞社(そがのやしろ)、、「すさのおのみこと」が祀られています、、
画像

画像

画像

何故か、神秘的な雰囲気がいっぱい、、明治の御遷宮では、ここ素鵞社が御仮殿とされました。

そして、御本殿を真北から拝むと、、
画像

美しいですね、、
画像

松の大木の地面には、青々とした苔が、、
画像

東から御本殿を、、午後の眩しい太陽に、影も美しい、、
画像


東十九社をお参りして、、たくさんの絵馬があり、、
画像


銅の鳥居を出て、お手洗いに、、そして、社家通りに向かいます、、
画像

画像

画像

大社に仕える宮司さんの居宅が、整然と続いています。

さて、大社を後にしましょう、、
松の鳥居をくぐり、、素鵞川の橋を渡り、、
画像


神門通りを南に歩きます、、出雲大社駅前を通過し、宇迦橋の大鳥居もくぐりぬけて、、目指すは、国指定重要文化財、旧国鉄大社駅、、
これは、、(うれしいことに)、、奥さんからのサプライズ、、私は一畑電車で帰るつもりでいました。

奥さんはあまり鉄道には興味がない、、でも、撮り鉄の私への気遣い、、心で手を合わせました。

島根の旅、第3弾は、この辺で終了といたします。
最後まで見ていただき、ありがとうございます。
続きもまた、ご覧下さいませ

"平成の大遷宮・出雲大社と縁結びのお守りゲット!" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント