固定資産税を取り戻す!、、週刊現代の記事は役立った(笑顔

雑誌「週刊現代」2016/06/18日号の表紙をご覧アレ、、
画像

今どきの話題はあいも変わらず、、大人のSEX、格差社会、飲み続けると危険な薬剤などなど、、
こんな内容なら買って読もうとは思わないが、、(ノ_・、)シクシク

でも、、真ん中当たりの記事が気になり、、
画像

目次の58ページ、、
「実は間違いだらけ、、あなたの固定資産税、取られすぎです―自力で取り戻す方法教えます」、、ナニナニ、、ヾ(▼ヘ▼;)オイコラ!

定価430円、、お昼の弁当を買ったついでにちょっと、、気になる、、手が出せる絶妙な価格設定、、ですね、、。

そして、この記事を読んで、ハッと気づかされる内容に、、そこはスローライフなOTSUKYONです、、
早速実行に移して見ようとなった次第、、
それでは本題に入ります、、。


平成元年からOTSUKYONが住んでいる京都市左京区の自宅、、比叡山に連なる山のなだらかな裾野に開発された住宅街、、傾斜地をL字形に切り開いたために、前面に道路から石垣の斜面があり、、
画像

後面にも石垣がある、、
画像

宅地として申請されているのは296.35㎡、、前と後の石垣ののり面の面積を含んでいる、、
私の試算では20%弱はのり面だろう、、(-_-メ;)テメ・・・


固定資産税の計算は、、
200㎡までは小規模住宅地、、それを越えた分は一般住宅地とし、、
路線価をもとに総評価額を案分して、それぞれ異なる係数を掛けて課税評価額が決まる、、。

平成28年度の京都市の計算書では、、
画像

路線価は81,100円/㎡、、総面積296.35㎡を掛けると、、評価額は22,313,200円となり、固定資産税(都市計画税含む)は98,557円とあいなる、、。

ところが、週刊現代の記事によると、、
のり面の面積を補正する項目があり、評価額を低くすることができるという、、ナルホド、、。

京都市市税事務所に課税通知書や計算書、土地図面等を持参し、、
説明に相当な時間を要したが、、再計算してくれることになった、、。

その結果がこれ、、
画像

路線価にいろんな補正係数が掛け算されて最終の評価額が決まる、、
のり面の補正は0.95となり、、修正後の評価額は21,197,500円となり、固定資産税(都市計画税含む)は93,628円となった、、。

皆さん、この28年度分の差額4,929円、、ちっぽけな額?と思われますか?
ところが、過去にさかのぼって計算すると、結構な額になるのです、、
実際、市税事務所の担当官は最初、、「28年度分のみ還付します・・・」とおっしゃった、、
ナンだと、、ここから粘るわ、ネバルわ、、
「平成元年の時点で、のり面の補正を見落としていたんじゃないか~!!」、、
このままでは引き下がれないと強く抗議をすること3ヶ月、、
ようやく、平成8年度分までさかのぼって還付が決定した、、
利息分も加えて、、ナンと、、140,200円、、
いかがでしょうか?


今回の経験は大変大きな教訓を私にくれました、、

行政は間違うこともある、、取り戻すための自らの行動が重要だ!!

最後に、週刊現代の記事に感謝!感謝!感謝!

いつもの拙ブログにお付き合いくださり、ありがとうございました、、





【新品】【本】固定資産税を取り戻せ! 週刊エコノミスト/編
ドラマ楽天市場店
■ISBN:9784620324043★日時指定・銀行振込をお受けできない商品になりますタイトル【新

楽天市場 by 【新品】【本】固定資産税を取り戻せ! 週刊エコノミスト/編 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



"固定資産税を取り戻す!、、週刊現代の記事は役立った(笑顔" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント